お通じ改善、常備菜にも!さつまいもと小豆のサラダレシピ

2016年11月6日
さつまいもとあずきはどちらも美容効果が高い食材。冷めても美味しいので、常備菜やおやつとしても◎。
さつまいもとあずきの甘さが、サワークリームで引き立つサラダです。どちらも美容成分たっぷりなのに、やさしい甘さがダイエット中にも◎さつまいもは抗酸化作用のあるカロテン、若々しい肌に欠かせないビタミンC、食物繊維が豊富。小豆は疲労回復効果のあるビタミンB1、血液をサラサラにしてくれるサポニン、そして食物繊維も豊富です。どちらも日々摂りいれたい美容食材。

【材料 ひとり分】
☆さつまいも 250g
☆あずき 80g
★サワークリーム 大さじ2
★塩 少々

1.さつまいもはゆっくりと加熱することで甘みが増すので、蒸し器で30分か、魚焼きグリルを弱火にして30分加熱します。電子レンジはNG!!あずきは、たっぷりのお水で中火で30分くらい煮ます。

2.さつまいもと茹であがった小豆、サワークリーム、塩を混ぜるだけ。

加熱時間をのぞけば、あっというまに出来上がりです♪冷めても美味しいので、常備菜やおやつとしても◎
Atsushi
ファッション&ライフスタイルプロデューサー。DIESEL、D&G、VERSACEのPRを経て独立。漢方養生指導士初級、野菜ソムリエ中級の資格を持つ。著書に『人生の9割は自信があればうまくいく』(角川学芸出版)。instagram:@atsushi_416

What's New

  • 秋の味覚!さつまいものほくほくサラダ♪

    9月に入り、すっかり秋めいてきましたね。秋は旬の美味しい食材がたくさん!今回はさつまいもを使ったサラダ。さつまいもは熱に強いビタミンCが豊富で、食物繊維、利尿効果もあるカリウムが豊富な美肌食材。漢方では、気が足りず体力が落ちている「気虚」にとっても効く食材です。

    Atsushiの薬膳レシピ

    2018年9月11日

  • 残暑のむくみもこれで解消!コーンポテト豆乳チャウダー

    本日で8月も終わり、、、毎年夏が終わると、あっという間だったなぁと感じます。暑いとのどが渇いて水分をたくさん飲んだり、、、、でもその後エアコンが効いた涼しい部屋にいたりすると、体内温度がくるいがち、そしてむくみがちに。利尿効果のあるとうもろこし、じゃがいも、豆乳で作るヘルシーなチャウダーです。

    Atsushiの薬膳レシピ

    2018年8月31日

  • 夏の疲れ肌に、リコピンたっぷりのトマト&レンズ豆のスープ

    そろそろ夏も終わり、、、、。たくさん太陽の日差しを浴びた後は、体内に活性酸素が大量に発生します。活性酸素はすべての老化、生活習慣病の元凶です。抗酸化成分をたっぷりと含む食材で徹底的に活性酸素を除去!トマトのリコピン、ピーマン&バジルのβカロテンと抗酸化成分がたくさんの具沢山スープです。

    Atsushiの薬膳レシピ

    2018年8月20日

  • 鶏ささみとカラフルピーマン&金時草のタイ風炒め

    暑い、それにしても暑い(笑)暑い時こそ、体力をつけなくちゃ、、、ということで、こんな時こそタイ料理です。熱にも強いピーマンのビタミンC、そして抗酸化作用のあるポリフェノールたっぷりの金時草と鶏ささみの炒め物です。

    Atsushiの薬膳レシピ

    2018年7月15日

  • 夏野菜たっぷり!カラフルな塩麹ラタトゥユ

    日に日に暑さが増しますが、夏は太陽の恵みをたっぷりと浴びて育った夏野菜が美味しい季節です。夏になると毎年何度も作るラタトゥユを塩麹でアレンジしてみました。夏野菜の旨みと甘みをたくさん感じられて、冷えても美味しいですよー。

    Atsushiの薬膳レシピ

    2018年7月12日

  • むくみも腸もスッキリ!最強美腸スープ

    本格的に夏になってきましたね!温めても、冷やしても、どちらでも美味しいスープのご紹介デス。食物繊維とカリウムがとっても豊富なとうもろこしとサツマイモの豆乳スープ。腸をきれいにスッキリと、そして利尿作用でむくみもスッキリとさせてくれる最強美腸スープです。豆乳にも利尿効果があります。塩麹をプラスすることで、味が引きしまり、ついついお代わりしちゃうおいしさデス♪

    Atsushiの薬膳レシピ

    2018年6月27日

  • 10分でできる!旬の食材をつかったキレイになれる薬膳レシピ12選

    旬の夏野菜や食材をつかった食卓が華やかになるおしゃれで簡単なレシピをご紹介。

    Atsushiの薬膳レシピ

    2018年6月21日

  • バジルの香りがたまらない!じゃがいものサラダ

    毎年初夏になると、自宅の日当たりのいい窓辺でバジルを育て始めます。こまめに水をあげるだけで、どんどん葉をつけてくれるので、夏が来るとバジル料理の登場回数がグンと増えます(笑)バジルの苗はとっても安いので、コスパ最高!室内でも簡単に育てられますよ。バジルは抗酸化作用の高いβカロテン、ビタミンEなどを豊富に含む栄養価の高い野菜。たっぷりと食べてアンチエイジングに!

    Atsushiの薬膳レシピ

    2018年5月31日

Feature

Ranking