PR

新生・ソフールでそろえる「女っぷり通勤」アイテム

マリソル世代にとって、通勤スタイルに欠かせない本当に使えるベーシックアイテムってなんだろう。ソフールとマリソルがタッグを組んで、企画・開発。“ほどよくトレンド感はありつつ、女らしさもある”細部までこだわった珠玉の通勤ワードローブがそろう「新生・ソフール」が、この秋冬からついに始動!

さっとはおるだけで決まる「女っぷりジャケット」が一枚あれば

単品でもセット使いでも視線集中。「華やぎセットアップ」

「ハンサム楽ちんパンツ」と「万能とろみブラウス」で作る、シンプル女っぷりスタイル

上品な「大人スウェット」でピンクスカートを大人っぽく

今っぽさとベーシックが共存「旬感チェックジャケット」

ゼロからスタートのコラボ服。やっとお披露目できて感無量

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

ポケット位置などもこだわってすっきり見える美シルエットを探究
ワードローブに欠かせないジャケットも、ただ端正なだけでなく、しなやかさと女性らしさのあるカッティングに。ノーラペルなのも今年らしい。合わせたシルク100%のブラウスは、着るだけで大人の優美さを表現し、ジャケパンコーデの女っぷりが加速。 ジャケット¥25,000・ブラウス¥19,000 パンツ¥17,000・バッグ¥3,900/ソフール バングル・ブレスレット/スタイリスト私物

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/塚田有紀子

着こなし方で表情が変わる多彩な着映え力と単品力が共存
デコルテが美しく見えるVネックブラウスや、歩くたびに揺れるたっぷりとしたフレアスカートは、それぞれ単品での使い勝手はもちろん、セットアップとしても優秀。トップスのイン&アウトやリボンベルトの着脱でも違った雰囲気を楽しめるから、1 セットあると便利。今年らしいトレンド感のあるこっくりとしたブラウンのピンストライプは、フェミニンな印象にもクールな印象にも。 トップス¥17,000・スカート¥19,000・バッグ¥3,900/ソフール ピアス/スタイリスト私物

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/塚田有紀子

前立てや立ち襟の幅も吟味して常に女らしい洗練フォルムを追求
プルオーバーのブラウスも、細部のディテールにも注力して、繊細でエレガントなイメージに。旬カラーのグリーンを採用しつつ、あくまでシックで大人っぽいトーンに。アウトしてもインしてもサマになる前後差のあるすそラインもキレイ。美脚シルエットを徹底追求し、オンもオフも使えるマリソルいち押しの「ハンサム楽ちんパンツ」と合わせたら、こなれた通勤スタイルに。ブラウス¥13,000・パンツ¥17,000・バッグ¥6,900/ソフール 靴・サングラス・ブレスレット/スタイリスト私物

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/塚田有紀子

脱・カジュアルな素材やフォルムで大人のためのスウェットが完成
“大人がオフィスで着られるきれいめスウェット”を目ざし、試行錯誤の末にたどりついた一枚。ルーズに見えないサイズ感や首もとと袖口のディテールで端正さはありつつ、ボンディング風素材でちょっとモードさもはらんだデザインに。華やかさのあるピンクスカートとのコーディネートに、ほんのり抜け感をプラスするのにもピッタリ。 スウェット¥13,000・スカート¥19,000/ソフール ピアス・バッグ/スタイリスト私物

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/塚田有紀子

サイズ感を重視したジャケットはパンツにもスカートにも合う
即、今っぽいスタイルが完成するチェック柄のオーバージャケット。サイズ感はもちろん、ボタンの数や位置も吟味して、スカートにもパンツにも合うスッキリバランスを実現。今季はあえてセットアップで着るのも気分。一枚で着ても体をキレイに見せる、大人のためのロンTを合わせて、カジュアルに着るスタイリングにも注目。 ジャケット¥33,000・スカート¥17,000・カットソー¥9,900/ソフール バングル・メガネ/スタイリスト私物

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/塚田有紀子

編集S(以下:S) いよいよ完成しましたね。キックオフは去年の年末。なんだか感慨深い。
ライター塚田(以下:塚) どんなものを作るか? というところから始めて、絵型を起こして、生地を選んで……。どのアイテムにも思い入れがある。
 過去のマリソル誌面をひっくり返し、巻末のアンケート結果なども見返して、マリソル世代にとって本当に必要なものがなんなのか、徹底的に調べて。そして、たどりついたのは、やっぱり“女っぷり”と“コンフォートさ”。
 女っぷりって実はほんの些細なポイントなんだということが、実際に服作りをしてわかりました。タックの入れ方ひとつでも全然違う。自分でもサンプルを着てバランスをチェックして。
 ブラウス類は前立ての幅を細くするだけでグッと女らしくなったよね。カフスの長さでもだいぶ印象が違うから、それぞれミリ単位で調節したり。
 チェックのジャケットもボタンやポケットの位置しだいで、まるで別物。すっきり細く見えたり、ウエスト位置が上がって、スタイルがよく見えたり、うまく着地した時は感動しました。
 コンフォートさで言えば、ウエストを後ろだけゴムにしてみたり、着心地のよさにはかなりこだわったよね。
 着ている時の安心感もそう。白のロンTはカジュアルになりすぎないカッティングも吟味したけど、一番は透けない素材感と“白の色み”。これなら大人が着ても素敵に見えると太鼓判。
 どのアイテムもひと言では言いつくせないけど、どれも自信作ばかり。
 これからも続く、マリソルコラボも早く紹介したいです!

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/塚田有紀子

さっとはおるだけで決まる「女っぷりジャ…

単品でもセット使いでも視線集中。「華や…

「ハンサム楽ちんパンツ」と「万能とろみ…

上品な「大人スウェット」でピンクスカー…

今っぽさとベーシックが共存「旬感チェッ…

ゼロからスタートのコラボ服。やっとお披…

◆INFORMATION
Marisol Collaboration Fair 9/15(土)~ 9/28(金)
ソフールでは、9 月の通勤に活躍するアイテムが豊富にラインアップ。フェア期間中、ソフールの通常商品を税込20,000円以上お買いあげのかたにオリジナルノベルティをプレゼント。
※Webにてお買いあげのお客さまは、プレゼント対象外となります。
※数に限りがございます。なくなりしだい終了いたします。

◆SHOP LIST
<大丸>
心斎橋店北館5階、梅田店6階、東京店5階、京都店3階、神戸店4階、札幌店3階、福岡天神店本館3階、高知大丸本館2階
<松坂屋>
名古屋店本館3 階、上野店本館3 階
問い合わせ先/ワールドプレスインフォメーション ■03-6851-4604 ■フェイスブック:https://www.facebook.com/SOFUOL/