美女組No.151 らんのブログ
美女組:No.151 らん

No.151 らん

自由業

こんにちは!らんです^ - ^不動産関連や投資関連の業務、また会社顧問などもしています。パーソナルカラーはオータム、骨格はストレートとナチュラルのミックス、160センチSサイズです。アラフォーとして、有益で有意義な情報を発信していきたいなと考えています。どうぞみなさま、よろしくお願いします^ - ^

Instagram:verdaderoamor1109

都会のど真ん中にある『最強の縁結び』パワースポット

2019年1月7日
縁結びの神が祀られているパワースポットが六本木にあります。『縁』の大切さ知っていますか?
 こんにちは、らんです。

 昨日、私が14年間お詣りさせていただいている、六本木の「出雲大社東京分祀」へ行ってきました。


 出雲大社は言わずも知れた、島根県にある「縁結び」で有名な神社です。その分祀が六本木の雑踏の中にひっそりとたたずんでいることをご存知でしょうか。高いビルの合間にあり、存在を知らなければ素通りしてしまうような謙虚さですが、東京にある神社の中では『最強の縁結び』神社であると個人的に思います。


 誤解の無いように最初にお話ししますが、私は無宗教です。都内の実家には仏壇も神棚もあり、学生時代は敷地内にある教会での礼拝が必須科目(年間4単位‼)で毎週礼拝していました。社会人になってからはイスラム教の教えを持つ国の会社で働いたこともあります。

 しかし、小さいころから毎日仏壇に手を合わせ、神棚を見上げ、毎年7月の新盆には盆迎え、盆送りを行う。そんな風に育つ中で、自然と「神様とご先祖様を敬うこと」が当たり前となっていました。そして、14年前、結婚式では自然と神前結婚式を選びました。当時は深い考えも特になく、「打掛が着たいな」という20代らしい単純な発想であったと思いますが、今思えばそれも「縁」だったのかなと感じます。
 場所はウェスティンホテル東京の神殿。その神殿に祀られている神様が、出雲大社の流れを持つ神様だとお伺いした14年前から私の「出雲大社東京分祀詣で」が始まりました。

 
六本木ヒルズから六本木通りを隔てたところにあります。
 

 昨日は、まず朝一で氏神様にお詣りに行き、そのあとに出雲大社東京分祀へ足を運びました。毎日を平和に過ごせているのは氏神様のお陰です。一日に複数の神社をお詣りすることに問題はありませんが、効果的な参拝方法として、氏神様⇒離れた神様 の順番が良いそうです。実は年末にも1年のお礼詣りとして氏神様にお詣りし、その後出雲大社東京分祀に行きました。頻度は特に決めていません。「お詣りしたい」と感じた時にはスッと伺うようにしています。お陰様で素敵な様々なご縁をいただいております。
 出雲大社は「2礼4拍手1礼」が基本です。2拍手ではない理由は様々な説がありますので割愛します。また、お詣り際には私はお願い事はしません。心の中で「いつもお守り下さり、そして今日もお招きいただきありがとうございます。」とお礼を申し上げています。




 昨年末に参拝した後に、それまで使っていたものが切れて外れたので、そちらはお返しし、新しいものをお迎えしました。
幸運のこづち
幸運のこづちのお守りです。
 


 毎年おみくじは出雲大社東京分祀で年の始めに1度しか引きません。
 あまり良くない訓のときは自己を省みて気を引き締めます。また、良い訓のときは更に気を引きしめ、自己に甘んじることなく1年を過ごすように心がけています。
年に一度しか引かないおみくじ
大吉、吉、などの表示はありません。
「神の恩恵を知り、感謝篤き報恩を思う人は決して悪心を持たず、必ず幸福に結ばれる」
というありがたい訓でした。



 
 
 「縁結び」とは、恋愛や結婚だけではありません。「仕事との縁」「家族との縁」「友人との縁」「健康との縁」「物との縁」「お金との縁」「住居との縁」など、すべての『縁』に関係しています。生きていくうえで「良縁」とつながることはとても大切なことだと思います。
 「苦しいときの神頼み」とならないよう、私は心が平和な時にこそ、時間がある限りお詣りに行くように心がけています。



 14年前からお詣りするようになって、それからしばらく経ち、数年前、ご縁をいただき念願の島根県の出雲大社へ家族で行くことができました。
 厳格ながらも、清らかな空気が心地よい素晴らしい場所でした。
 
  • 出雲大社 平成28年まで「平成の大遷宮」を行っていました。出雲大社拝殿です。
  • 神牛 神の使いとされている「牛」のブロンズ像。学問の神としてあがめられています。
  • しめ縄 重さが1tもある拝殿のしめ縄。本当に巨大でした!!
   
 


 これからも日々、神様とご先祖様と周りの方々への感謝の気持ちを持ちながら、仕事もプライベートも一所懸命に邁進したいと思います。

 もし六本木近辺を通ることがあれば、出雲大社東京分祀にお詣りに行かれてはいかがでしょうか。皆さまにも素敵な「ご縁」がありますように…。

What's New

Read More

Feature

Ranking