うまく取り入れて一歩先行くおしゃれを実現!大人の「甘め」の取り入れ方

トゥーマッチな甘さはイタく見えがちだけど、上手に取り入れることができれば女らしさが増し、かつ無難にはまらない


Style 1
いくつになっても、ときめきをくれる色。「最愛ピンク」をハンサムに着る

蛯原友里大人の甘辛コーデ ピンクのパンツ

色はスイート、形はハンサム。このMIX感が新鮮、可愛い!
ピンクのフレアスカートほど甘すぎず、ベーシック色のパンツにはない華やかさが手に入る。この春注目のカラーパンツが、アラフォーのピンクコーデを刷新! やや黄みをおびた今年らしい発色のベルテッドワイドを、引き続き流行のブラウントーンでなじませるように着こなして。

パンツ¥69,000/アマン(アンスクリア) コート¥175,000/マディソンブルー リブカットソー¥15,000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) ピアス¥8,000(ソコ)・サングラス¥25,000(ブラン)/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 バッグ¥56,000/ドゥロワー 丸の内店(ドラゴン) 靴¥46,000/フラッパーズ(ネブローニ)


Style 2
アラフォーからが、 「レース適齢期」 ! 上質な一枚を 気負わず、ラフに

蛯原友里大人の甘辛コーデ 黒レースのシャツ

10年前の自分じゃきっと着こなせない、極上レースを主役に
繊細な国産コットンレースをたっぷりと使用した、とびきり贅沢なブラウス。このリッチ感はパンと張った若い肌には必要ないし、むしろ素材の強さに負けてしまう。年齢を重ねてきたからこそ似合う、ごほうびのようなおしゃれ。ゴージャスに着るのは50歳からのお楽しみ、40歳の今はあえてラフに、いつものデニムと合わせるのがちょうどいい。

ブラウス¥115,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) デニムパンツ¥38,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥56,000(ナターシャ)・膝にのせたストール¥27,500(アソース メレ)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 バッグ¥44,000/フラッパーズ(ウェルデン)


Style 3
シンプル好き、きれいめ好きこそ、「花柄」の着映え力を味方につけて

蛯原友里大人の甘辛コーデ 花柄のワンピース

小花柄が生み出す奥行きが、シンプルコーデの完成度を上げる
冬の終わり、あちこちのショップに咲き始める花柄アイテムたち。春気分に浮き立ちつつ、年々「可愛いけどリゾート用かな」なんて遠ざかってきた人も多いのでは? でも実は、柄と色みを上手に選べば、デイリーにだって大活躍。甘すぎないモノトーンの小花柄ワンピースなら、端正なジャケットスタイルも柔らかくフェミニンな印象に。シンプル好き、きれいめ好きの人こそ、その女っぷり効果は絶大なのだ。

ワンピース¥40,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(アイロン) ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) レギンス¥6,200/リエス(ラ ピエス) ピアス¥13,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルーカス ジャック) バッグ¥59,000/ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店(マージ シェアウッド) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)


Style 4
メンズライクな服に、「 甘口小物」。これぞ、大人のための最強MIXコーデ

蛯原友里大人の甘辛コーデ ハンサムな着こなし甘め小物

レディなバニティと高価すぎないビジュー。ハンサムな装いにほのかな甘さを足し算
女性的な要素の少ないマニッシュな服もまた、私たちアラフォーのおしゃれにとって欠かせないアイテム。例えば流行のセットアップ。小物までマニッシュにまとめると少々迫力が出すぎてしまうところに、レディライクな小ぶりのバニティバッグと、どこかキュートなカジュアルジュエリーをオン。2 種類の甘さを足すことで、女らしい抜け感が生まれる。

バッグ(縦25×横20.5×マチ12㎝)¥345,000/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス) イヤリング¥59,000(グーセンス パリ)・シャツ¥28,000・パンツ¥24,000(ともにユナイテッドアローズ)/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 リング¥14,000/ティアラ(ルーカス ジャック) 靴¥74,000/ジミー チュウ
【Marisol3月号2019年掲載】撮影/生田昌士(hannah) ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里

What's New

Read More

Feature

Ranking