アラフォーのデイリースタイルの強い味方!春デニムは「明るい色落ち」が優勢

明るい色落ちのヴィンテージウォッシュは着こなしもレトロシックが気分。シルエットはフレアとテーパードの二極化傾向。

■ヴィンテージムードに乗って美脚フレアもIN

マザーの2019年春デニム

BRAND:MOTHER
TYPE::The Tripper Weekender Fray
SIZE:23、24、25、26、27、28

アラフォーのためのフレア美脚デニムコーデ

大人向きの清潔感のある色落ちと、膝が絶妙に入ったメリハリのあるフレアシルエットが私たち世代にちょうどいい。さらにマザーの最大の特徴でもあるストレッチのきいた素材は体を美しく包み込み、体型も選ばずフィット。脚長&腰高をかなえてくれる名品番を着流すジャケットとともに。

デニムパンツ¥31,000/サザビーリーグ(マザー) ジャケット¥29,000(デミルクス ビームス)・ニット¥34,000(オーラリー)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)


■懐かしくて今新しい。花柄×ブーツカット

70年代を意識して、青みが強く、スラブ感の少ないデニムを使用。シルエットはゆとりのあるブーツカット。ノスタルジックな花柄のブラウスを潔くウエストインして、旬も全身バランスもぬかりなく。センタープレスがきいているから、切りっぱなしのすそもラフな印象になりすぎないのが魅力。

ジェーンスミスのデニムコーデ

BRAND:JANE SMITH
TYPE:5 Pocket Boots Cut Comfort Vintage Wash
SIZE:24、25、26
PRICE:¥24,000
→アイテムの詳細はこちらのページへ


■春めくまろやかなペールトーンをデニムで

ゴールドサインからは淡く、優しげなカラーが登場。贅沢な素材を使用し、座った時も苦しくないようはき心地をとことん追求したコンフォートテーパードが評判。冬の終わりのコートインにも春先にも、柔らかなトーンに寄り添って出番多し。鮮度が高く、はきやすい一本はこれからますます活躍しそう。

ゴールドサインのペールトーンデニムコーデ

BRAND:GOLDSIGN
TYPE:The Benefit
SIZE:25、26、27
PRICE:¥41,000
→アイテムの詳細はこちらのページへ


■ライトブルーはどんなトレンドも受け止める

2019年春夏シーズンよりリニューアルしたデニムはストレッチ入りの素材になって、よりはきやすく進化。緩やかなテーパードラインを描く、ユーズドウォッシュで、この春注目の艶感のあるナイロンブルゾンの合わせにも。今年のライトブルーデニムは加工が控えめだから、振り幅が大きく、服を選ばないのも特徴。

ハイクのストレッチ素材デニムコーデ

BRAND:HYKE
TYPE:Tapered
SIZE::26、27、28、29、30
PRICE:¥29,000 

→アイテムの詳細はこちらのページへ

【Marisol 3月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 取材・文/陶山真知子

What's New

Read More

Feature

Ranking