美女組No.169 雪千代のブログ
美女組:No.169 雪千代

No.169 雪千代

メーカー企画部デザインチーム勤務。

お酒や食べることが大好きで、渋い居酒屋からお洒落なカフェまで美味しいもの求めて出掛けます。

食べること以外はお洒落をしたり、体を動かしたり、音楽を聴くことが日々のストレス発散法です。

アパレル経験やイメージコンサルタントの学習をファッション記事にも活かしていけたらと思っています。

身長170cm、大柄タイプ。
主にアラフォー向けカジュアルコーデ中心にUPしております。

どうぞ、宜しくお願いします^-^

Instagram:yukichiyo12xx

写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。

1月2日より開催中のオードリー・ヘプバーンの写真展。ファッション・映画・プライベートと様々なオードリーの姿を貴重なフォトコレクションより観ることができました。永遠の憧れオードリー・ヘプバーンのフォトコレクションより1部だけご紹介。
こんにちは!雪千代です。

お正月の長期休暇も本日で終わり><
あっという間の一週間でした。

そんな食べて飲んでの日々に喝を入れるべく
昨日は世界中の女性が憧れるこの方の写真展へ足を運んで参りました。
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_1
1月2日より新宿高島屋にて開催中の写真展『オードリーヘプバーン』

アメリカ・カリフォルニアのmptv社が所蔵するオードリーのフォトコレクションから
約150点を、ファッション・映画・プライベートの3部構成で展観されており

オードリーの愛くるしい表情から真剣な眼差し、
同世代のファッションアイコンとしての洋服の着こなしなどを
様々なオードリーの姿を観ることできました。
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_2
館内は撮影禁止のため、展示されてい写真をこちらでお観せができないのですが

個人的に復習かねて家でじっくり観直したいと思い
展示されていたフォトコレクションが詰まった写真集を購入しましたので
そちらの中の一部を載せたいと思います。
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_3
紳士用の真っ白なボタンダウンシャツを着るだけでこの上なくエレガントに見えるのは、彼女の天性の気品からだろう。
フリルやリボン、豪華なジュエリーは彼女の魅力を引き立てるために必要はなかった。

そのことをに誰よりも早くから気がついていたのはオードリー自身だった。
ファッションアイコンとして不動の地位を確立したのは、自分に似合うスタイルを誰よりも熟知していたからだ。

-写真集「オードリー・ヘプバーン」より-
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_4
足を出してもいやらしさを感じさせない理由は
オードリーの持つコケティッシュな愛くるしい雰囲気からなのでしょうね^^
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_5
『麗しのサブリナ』での1シーン。

サブリナパンツも好きですが
オードリーのホットパンツルックもこれまた素敵ですよね〜
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_6
プライベートでもよく自転車に乗っていたというオードリー。
パンツルックで自転車に乗っている姿も気品溢れてます。
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_7
楽屋で目を閉じて神経をリラックスして出番を待つオードリー。
リラックス状態の姿もまたスタイリッシュですね。
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_8
「この世でいちばん素敵なのは笑うことだと本気で思うわ。
笑いは病気を吹き飛ばしてくれる。
笑いより大事なものなんてないんじゃないかしら」-オードリー-

こんな笑顔を間近で見せられたら
相手だってどんな病気も吹き飛ばしてくれますよ^^;
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_9
メイク直し中の顔もチャーミング。
写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_10
オードリー自身がジバンシィのコレクションから選んだ美しいドレス。
美しいドレスを身に纏うオードリー。

白地に黒い刺繍というシンプルでありながらも
オードリーの美しさを際立たせていて
見ているだけでため息が出てしまう1枚。


写真展『オードリー・ヘプバーン』に行ってきました。_1_11
そういうわけで新年早々とても目の保養になる
素敵なものを観ることできました。


現在に継承される永遠のファッションアイコン

オードリー・ヘプバーン

お手本にしたことだらけですが
ファッションのみならず
彼女の生き方だったり考え方というものを素晴らしさを
改めて感じることができました。

開催が1月7日までということであまり期間はありませんが
興味ある方お時間あったらぜひ足を運んでみられることお勧めです^^



それではまたお会いしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました☆

What's New

Read More

Feature

Ranking