スキンケアで大事なのは「めぐり」。マッサージでめぐりのいい肌を作って顔色の悪さを解消!

美容家小林ひろ美さんに教わったのは、朝のスキンケアのついでや、オフィスのデスクでこっそり実践できるマッサージ。顔色悪化の根本原因である血行不良を、手軽に改善。

一気に寒さが増すこの季節、顔色悪化が深刻に。自分では気づかないうちに、顔色がドンと沈んで、周囲から心配されているかも!? 年末年始、顔色アップはアラフォーの緊急課題!

美容家 小林ひろ美さん

美容家 小林ひろ美さん

美・ファイン研究所主宰。美肌ケアの達人として多くのメディアで活躍。いつも冴え肌をキープし、顔色が悪いのを見たことがない



朝マッサージでめぐりのスイッチONに

朝、乳液、クリームなどを塗るついでに行うマッサージ。血流を促し、老廃物をすっきり流すことで、よどみのない冴え肌に。メイクののりもよくなり、乾燥くずれしにくい肌になるのもうれしい。



毛細血管の隅々まで血流を促しリンパのよどみを「小掃除」

マッサージでめぐりのいい肌に_1

くるくるマッサージで毛細血管をめぐらせる
乳液やクリームを顔全体に置き、指の腹でくるくるとマッサージ。あごから耳の前、口角から耳の上、小鼻からこめかみ、額の中心からこめかみへと、優しいタッチで。

マッサージでめぐりのいい肌に_2

くすみやすい小鼻のわき、口角のわきもマッサージ
代謝が滞り、色がくすみやすい小鼻、口角。中指の腹を当て、小さなカーブを描きながら、上下に往復マッサージ。こすらないよう、優しくすべらせて。



静脈マッサージで「大掃除」。むくみが解消し、血流の渋滞を解消

マッサージでめぐりのいい肌に_3

額に縦に走る静脈を開通
右のマッサージを行った後に、すべりが悪ければ乳液やクリームを足してから行う。両手のひらのつけ根を額の中央の生えぎわに当て、眉頭までさすり下ろす。3 回行う。

マッサージでめぐりのいい肌に_4

目のまわりの静脈をマッサージ
片手をこめかみに当て、眉の上、目頭、頰骨の下を通り耳たぶの下へ。3 回繰り返し、反対側も同様に。目まわりのくすみが晴れ、むくみによるまぶたのはれぼったさもすっきり。

マッサージでめぐりのいい肌に_4

あごに走る静脈を流しシュッとした輪郭に

親指と4 本の指でフェイスラインを交互につまむようにはさみ、あごからエラまでをマッサージ。血流が促され、老廃物が静脈に流れて、輪郭をもたつかせるむくみも解消。



日中マッサージ
でよどみをリセット

日中PC作業の合間や、長い会議で煮詰まった時にマッサージ。くすんでいた肌に血色がよみがえる。顔にほとんど触れないので、メイクをくずすことなくよどみを解消。


血流交通の要所にテコ入れ

マッサージでめぐりのいい肌に_5

額の生えぎわの静脈を流す

額の生えぎわをマッサージ。両手のこぶしを額の中心に当て、さすり下ろしてこめかみをプッシュ。そのまま耳の前を通り、鎖骨の「ゴミポケット」(くぼみ)までさすり下ろす。

マッサージでめぐりのいい肌に_6

血流のストッパー頰のコリをほぐす
頰づえをつくように両手のこぶしを頰骨の下に。押し上げるようにして、頰の筋肉をほぐす。小鼻の脇から、耳の前へと、こぶしの位置を少しずつずらしながらプッシュ。



耳を攻めれば、顔の血流アップ。目の疲れも同時に癒す

マッサージでめぐりのいい肌に_7

「耳ワンタン」でコチコチ耳を柔らかく
ワンタンのように、耳を根元から上下2つ折りに。耳がコッていると痛みを感じるが、繰り返すうちにほぐれる。スムースに2つ折りできるようになったら、血流アップ。

マッサージでめぐりのいい肌に_8

「耳引っぱり」で目の奥のうっ血もケア
親指の第一関節を耳の上部に引っかけ、人さし指と中指で斜め上にグイーッと引っぱり上げる。目のほうまでジワッと響くのを感じながら。目への血流が促され、眼精疲労もケア。

マッサージでめぐりのいい肌に_9

「耳はさみ」で老廃物を排除
人さし指と中指で耳のつけ根をしっかりはさみ、真上に向かって持ち上げる。耳たぶの前、後ろ、下にあるリンパ節を同時に刺激し、くすみの原因となる老廃物を効果的に流す。

【Marisol 1月号2020年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 河野 望(物)ヘア&メイク/レイナ スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) イラストレーション/mio.matsumoto  取材・文/小田ユイコ

What's New

Read More

Feature

Ranking