美女組No.151 らんのブログ
美女組:No.151 らん

No.151 らん

アラフォーとして、有益で有意義な情報を発信していきたいなと考えています。
どうぞみなさま、よろしくお願いします^ - ^

Instagram:verdaderoamor1109

目的なく「惰性」で洋服を買っていませんか?【100日洋服買わないチャレンジ#8】

56日経過、やっと気がついた、洋服選びのエラー‼︎
こんにちは、らんです。

100日洋服買わないチャレンジ56日経過。有事の最近は、仕事もほぼ自宅で行い、不要不急な外出は控えているため、基本的にドレスアップする機会が、とても減りました。毎日自宅で過ごす時間が長くなって、「頻繁に活用する服」と、「ほとんど着ない服」に大別できることに気がつきました。

第2子を授かった数年前まで、モーレツサラリーマンだったので、基本的に外着と家着という区別をしていました。ビジネスで使うことを前提に洋服を買っていたため、服のラインナップに偏りがあったのです。仕事から帰ったら家着のみ。でも、買った洋服を満遍なく着ていました。

そしてフリーランスになって、洋服を選ぶ基準が変わり、最近頻繁に着ているのは、当然この数年で購入したものです。家の中でスーツは必要ありません。
ここ数年で買ったものの中でも、頻繁に着る服とは
①着ていて楽
②自宅で洗濯できる
③素材がセンシティブ過ぎない
④デザインや色味が激しくない
⑤下着を選ばない

逆にほとんど着ない服は
①汚れが気になる色味
②センシティブな素材
③価格が高い
④足が出る
⑤ピッタリしている
この、ほとんど着ない服でも処分できない理由は、平時の時には、仕事で打ち合わせや、友人とのランチなどには着るからです。

自宅業務と家事労働だけなら、汚れてもすぐ洗えて着ていて楽もの。

外出するなら、アラフォーとしてのクオリティを担保してくれるもの。

目的が違いますよね。
その結果、この両方の目的に叶わない洋服は処分となりました。自身の立場をちゃんと顧みずに「かわいいー、着るかもー」と、目的なく予算も立てず、深く思慮せず買った洋服たちです。

仕事が変われば生活が変わり、生活が変われば着る服が変わる。変わった時に、「今の自分に本当に必要な服はなんなのか」、wantではなく、needを考える。惰性で服を買っていないか、ちゃんと考える。

56日でわかったこと
買わない、ということを続ける事で、今までいかに惰性的に服を買っていたかに気がついた。惰性で買う服に出番無し。

What's New

Read More

Feature

Ranking