美女組No.141 カキノキのブログ
美女組:No.141 カキノキ

No.141 カキノキ

弁護士、パーソナルスタイリスト、ファッションコンサルタント

弁護士15年目の3児の母です。

趣味は読書とラジオを聴くこと。
アラフォーになり、これまでのファッションが似合わなくなるおしゃれ迷子を経験し、人生にもいろいろ迷いを感じることも…。
試行錯誤の結果、女性は見た目を整えその人らしさを演出することで、キャリアアップや幸福度アップにつながることに気づきました。
悩む女性をサポートしたくて、パーソナルスタイリスト、ファッションコンサルタントとしての仕事も開始しました。

Instagram:kakinoki141

「花のある暮らし」を続けていくために必要な3つのこと。

おうち時間を充実させるには、まず環境づくりから。お花のある生活を維持してストレスフリーに暮らしませんか?

おうち時間をどうやって充実させる?

 不要不急の外出は控えたい今・・・、お菓子を作ったり、おかずの作り置きをしたり、子供たちとカードゲームをしたり、いろいろ工夫をして過ごしていますが、家でできることもそろそろ限界。
 幼い子供が3人いる我が家は、子供たちもストレスがたまってケンカになり、それを見ている大人もイライラしてしまうこともしばしば。
 そんなとき、家にお花があるだけで、なんとなく心安らぐから不思議です。
 でも、家にお花を絶やさないようにしよう、と思っても、現実に続けるのはなかなか難しかったりしますよね。
 お花のある暮らしを継続するために私が気をつけていることを3つご紹介します。
「花のある暮らし」を続けていくために必要な3つのこと。_1_1

①お花の定期便を利用する

 不在時にも、ポストや宅配ボックスにお花が届く定期便はとても便利です。SNS上で目にされたことがある方も多いと思います。
 花屋さんに定期的に行くのは意外と手間だし、今あるお花が枯れてきてしまうと、なんとなく新たな花を買うのが面倒くさくなるもの。枯れる前に次の花が届くシステムはやっぱり便利で、常にお花がある暮らしの実現には、一番良い方法だと思います。

 ただし・・・、全てのサービスをおすすめできるわけではないと思っています。次の②も併せてご覧ください。

②信頼できる地元の花屋さんに頼む

 実は、はじめはネットで見かけたリーズナブルなお花の定期便に飛びつき、口コミなども調べずにすぐ申し込んでしまいました。しかし、実際に届いたお花は広告で見たものとはだいぶ違い、遠方から配達されるので鮮度も落ちていて・・・、期待とかけ離れていたので、しばらくして解約しました。
 もちろん、素敵なお花が届く定期便もあると思いますが、ネットで申し込むのはちょっと怖いなと痛感しました。

 そこで、どんなテイストのお花を扱っているかが見てわかる、まちの花屋さんで直接お願いすることにしました。その花屋さんでは、ポスト等に届ける定期便は取り扱っていなかったのですが、定期便の流行を知ってちょうどサービス開始を検討していたとのこと。価格帯や花のイメージなども、しっかり打ち合わせて希望を聞いてもらい、定期便をお願いできることになりました。
「花のある暮らし」を続けていくために必要な3つのこと。_1_2
備前焼のとっくりを一輪挿しにしてみました。
 その後は、毎週期待通りのお花が届いて、大満足です。
 よく考えると、わざわざネットで遠方の花屋さんに頼むよりも、顔の見える近所の花屋さんのほうが花の鮮度も保たれて、いいことずくめですよね。
 定期便を検討されている方は、ぜひお近くの花屋さんで聞いてみるか、ネットで申し込む場合は、口コミ等をよく調べてからの方がいいと思います。

③一輪挿しに入る程度のお花から始める

 いざ花屋さんでお花を頼むとしても、豪華な花束だと金銭的にも続かないし、生けるのもセンスが問われて、ちょっと一仕事です。
 私はお花を習ったこともないので、生けるテクニックが必要な大きな花束は避けて、一輪挿しに入る程度に束ねたものを複数届けてもらうようにしています。そのまま挿すだけでサマになります。
 一輪挿しも様々なタイプを取りそろえて、お花に合うものを選び、楽しんでいます。
「花のある暮らし」を続けていくために必要な3つのこと。_1_3
 こちらは、ふるさと納税でいただいたもの。
 お花を生けなくても、オブジェとしてもかわいい。
「花のある暮らし」を続けていくために必要な3つのこと。_1_4
 動物園の売店で売っていて一目惚れしたフクロウくん。
 コーラやお酒の空き瓶をリサイクルして作ってあるそうです。

お花のある暮らしを楽しもう!

お花のある暮らしを続けるための3つのルールをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
 私自身、生活について、どこか仕事の下位に位置するものと軽んじてきた部分がありましたが、今回の新型コロナウイルスの影響を受けて、日々の暮らしの大切さを痛感しています。
 皆さんが、少しでも日々の暮らしを楽しく彩るための参考にしていただけたら、とても嬉しいです!

What's New

Read More

Feature

Ranking