「フラットシューズでバランスアップできる、「黒」のシンプルを追求」bemiさん【美女組のおしゃれのMyセオリー】

マリソル読者を代表する美女組は、どうファッションと向き合うようになったか。今年買ったアイテムとその着こなしとともに、新たな基準を語ってもらった!

※紹介しているものはすべて私物で、現在販売されていないものもあります


マリソル 美女組 No.52 bemiさん

フラットシューズでバランスアップできる、「黒」のシンプルを追求

<外出自粛でヒールのコーディネートがリアルに感じられなくなり、トングのようなカジュアルアイテムが気になり始めました。フラットサンダルの場合、Sサイズの私がバランスよく見せるためにはすっきりシンプルにまとめることが大前提ではあるけれど、薄着となる夏は、一歩間違えるとルーズや寂しい印象にもなりがち。黒や白などキレのいい色でかっこいい雰囲気をつくるよう意識します。>



RULE 1

ワンツーコーデは白×黒で潔く、形はリラクシーに着る

美女組おしゃれセオリー2_1

「マディソンブルーのタンクトップがコンパクトなので、ボトムはややゆとりのあるフルレングスパンツに。Theory luxeとコラボしたストレートパンツです。今までならカーディガンやストールを加えていたのですが、今季はワンツーが気分。エルメスのバッグとジュゼッペ ザノッティのビジューサンダルで格上げすればエフォートレスながら通勤OKな品のよさが実現」



RULE 2
シンプルなブラックアイテムこそ仕立てのよいものを

美女組おしゃれセオリー2_2

「一見ワンピースのように見えるノースリニットとフレアスカートはともにマディソンブルー。シンプルな服こそ仕立てのよいものを選ぶようにしているのですが、マディソンは大人の女性が気になる厚みは拾わず、体をきれいに見せてくれるので今季夢中です。足もとはエルメスのオラン、バッグはボッテガ・ヴェネタのオフホワイトにして抜け感をプラスします」



RULE 3
カーキのリネンシャツはきれいめ黒ボトムで品よく着こなす

美女組おしゃれセオリー2_3

「この夏は色ならカーキが気になり、マディソンブルーでリネンシャツを購入。夏のシャツコーデはワントーンだとパジャマっぽくなりがちなので、ボトムは黒でコントラストをつけます。cobitto×bemiのクロップドパンツとティキーズのサンダルで重さを感じないバランスを目ざしました。今お気に入りのタイダイバッグを辛口なアクセントに」



☆去年までと比べて…

美女組おしゃれセオリー2_4
「ニュアンスカラーも大好きですが、レイヤードやヒールでバランスを計算する必要が。"お出かけ感"が強く今の気分に合いません」
【Marisol8月号2020年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/甲斐美穂(ROI) 取材・文/江良洋子(arex)

▼合わせて読みたい

What's New

Read More

Feature

Ranking