米女性起業家が教える「Clubhouse」活用のコツ|Forbes JAPAN

「Clubhouse」の招待状を受け取ったら?始めるメリットや楽しむコツをご紹介
この記事は2021年2月2日にForbes JAPAN Webサイトに掲載された記事を一部編集したものです。Marisol ONLINEとForbes JAPANはメディアパートナーとして相互提携を行っています。

27歳にして水着ブランドのエテ・スイムウエア(Ete Swimwear)を経営しているジェシカ・ウィリアムソンは、事業運営と同時に、自分と同じ電子商取引分野で起業に取り組む女性らに対して事業の拡張方法をコーチングしている。

そんな彼女は最近、新興交流サイト(SNS)「クラブハウス(Clubhouse)」への招待状を受け取った。
 
クラブハウスを使えば世界の著名なビジネス界のリーダーと音声を使いリアルタイムで交流できることを知ったウィリアムソンは、このアプリを試してみたところ、すぐに多くの大物実業家と直接話ができた。その後、本格使用を始めると、わずか2日で、クラブハウスのみならず他のSNSでも数百人の新規フォロワーを獲得した。
  

ウィリアムソンは、自分がこれまでにクラブハウスについて学んだことを次のように共有してくれた。

 

画像
Yalcin Sonat / Shutterstock.com

 1. 有名人と自然な交流ができる

  

クラブハウスのユーザーは皆、自分から何らかの貢献をしようとしている。私はクラブハウスを使い始めたとき、事業の成長をテーマとした「ルーム」に入った。その時、「ステージ」には、グラント・カードン、ティファニー・ハディッシュ、ジム・クイック、そして米国版「マネーの虎」であるテレビ番組「シャークタンク」に出演している投資家数人といった、数百万人のフォロワーを抱える人たちがいた。そこで私は、自分も「ステージ」に上がりたいとリクエストしたところ、それが許可された。

  

クラブハウスはツイッターやインスタグラムのアカウントと直接連結されているため、ダイレクトメッセージ(DM)やチャット、コメント、「いいね」の機能はない。唯一の交流方法は、音声だ。声を使って質問をしたり、アドバイスを求めたり、自分ができることを具体的に説明したりできる。

  

私はアプリを使い始めてからものの数分で、有名人と直接話すことができた。これらは全てライブで行われていることで、普通の通話のようだった。世界トップレベルのビジネスリーダーと話せて、本当に感激した。生の声を聞くことで、関係が築きやすくなる。

2. 潜在的フォロワーに、自分が提供できる価値を理解してもらえる

  
クラブハウスを最大限活用するには、できる自分を前面に出すこと。私はポッドキャストやインスタグラムのライブ配信をしていた経験から、手を挙げて「ステージ」への招待を求めることにためらいはなく、それにより実際に招待されてきた。これは私のビジネスに関する見識を共有する素晴らしい機会になった。一度ステージに上がるだけで、フォロワーが60人増えた。

クラブハウスはインスタグラムと直接連携しているため、フォロワーの数を短時間で増やせる。私の場合は、使い始めてからわずか2日間でインスタグラムのフォロワーが200人増えたし、DMも50通ほど受け取った。それまでは、フォローしていない人からのDMはせいぜい月に1、2通だった。DMでは真剣な質問をしたり、純粋にアドバイスを求めたりするものが多いので、より有意義なフォロワーとの関係構築方法になる。
  

3. 早めに参加すれば多くのチャンスが

 
入会にはメンバーから招待してもらう必要があるため、クラブハウスには今、非常に多くのチャンスがある。1人が招待できるのはわずか数人なので非常にエクスクルーシブだが、利用者は今、急拡大している。

そのうちルームが混雑して、講演者と今ほど簡単にやりとりができなくなることは間違いない。つまり、ステージに上がって著名人と話す機会が減るということ。なので私は、クラブハウスに多くの時間を割いて、最大限活用しようとしている。

4. 使い方はさまざまな「ルーム」に参加することで学べる

 

正直、私は最初、クラブハウスの使い方が全く分からなかったが、いくつかのグループに参加してみたところ、すぐにやり方が分かってきた。グループの中には、アプリのさまざまな機能やクラブハウスの仕組みについて話すものがいくつかあったので、多いに役立った。 

 

5. クラブハウスを使う上でのコツ


・ディスカッションは、発言者の上下関係がある形態ではなく、円卓会議形式がベストだ。人は自分が参加して意見を言えるような場にとどまるものだ。

・大きなルームを作るには、できるだけ多くのモデレーター(司会)をつける必要がある。

・手を上げることで、モデレーターに発言許可を求められる。またピースサインのボタンを押せば、いつでも静かにルームを退出できる。

・バイオ(自己紹介)は検索結果に影響するため、自分がどのような価値を提供できるかを最初の3行で伝えるのが重要だ。

 

・積極的な参加が非常に重要だ。私は1回質問をしただけで5〜10人のフォロワーが得られた。
 
・グループの共同ホストを務めることも重要。特定のトピックに関するルームをほかの人と共同で開設しよう。

・新たに参加した人のために、ルームを数回リセットする必要がある。
 
・プログラムの長さは60〜90分がよい。
 
・DMでメッセージを送ってもらうようにすること。「無料サンプルがほしい方はDMを」などと伝え、自分のリソースへのリンクを送れるようにする。

 

MeiMei Fox

MeiMei Fox

I’m a New York Times bestselling author, coauthor and ghostwriter of over a dozen non-fiction books and hundreds of articles and blogs for publications including the Huffington Post, Self magazine, and MindBodyGreen. I graduated Phi Beta Kappa with honors and distinction from Stanford University with an MA and BA in psychology, and then earned an MA in counseling psychology from Pacifica Graduate Institute. I have worked as a life coach since 2009, assisting my clients in developing careers that have meaning and impact. On my personal blog, Adventures with Twins, I offer tips, product reviews, and deep thoughts about parenting twin toddlers. I live in Honolulu, Hawaii with my kids and the love of my life, my husband Kiran Ramchandran.
編集=遠藤宗生

What's New

Read More

Feature

Ranking