エンタメとリアルに見る、韓国「財閥」の醜美な世界|Forbes JAPAN

韓国の財閥と聞いて、思い浮かぶことはなんだろうか。賄賂、後継者争い、一族のスキャンダル、金による完全支配。近年流行している韓国ドラマでは、財閥が美しく描かれているシーンは全く無いと言っても過言ではない。
この記事は2021年3月7日にForbes JAPAN Webサイトに掲載された記事を一部編集したものです。Marisol ONLINEとForbes JAPANはメディアパートナーとして相互提携を行っています。
韓国の人気ドラマで財閥がネガティブに描かれるのが定番だ。果たして実際はどうなのだろうか?(Shutterstock)
韓国の人気ドラマで財閥がネガティブに描かれるのが定番だ。果たして実際はどうなのだろうか?(Shutterstock)

世界を熱狂させた「愛の不時着」では、財閥の娘である主人公ユン・セリ(演ソン・イェジン)が、同じ血筋である強欲な兄弟たちに蹴落とされるシーンが何度もあった。また、女性だけでなく男性の注目をも集めた「梨泰院クラス」のあらすじは財閥への復讐劇であったため、財閥一家による残酷で憎い描写が非常に多かった。
 
このように、家族経営の財閥は韓国の経済を大きく支える一方で、現実社会でもフィクションドラマでも、ネガティブな存在として扱われてきた。
 
韓国のMBC NEWSは、財閥を分析した動画で視聴者の注目を集めている。同社は2018年7月16日からフェイスブックやユーチューブなど、SNSで「14F(イルサエプ)」というチャンネルを設け、20〜30代をターゲットに経済ニュースを中心に発信している。
 
「14F」のニュース動画から、韓国メディアの目線で財閥を考察する。

 

Youtubeチャンネル「14F(イルサエプ)」
Youtubeチャンネル「14F(イルサエプ)」

応援される「異常な」財閥

 

悪者扱いされ、世間から遠ざけられがちな財閥だが、14Fのチャンネルに並ぶタイトルを眺めていると、一つ、目に留まった動画があった。「財閥なのに愛される異常な財閥」。
 
この「異常な」肩書きを獲得した財閥は、韓国の最大手の化学薬品メーカーであり、電化製品も多く開発しているLGグループのことだった。LGグループは韓国で、「財閥らしくない財閥」として有名なのだ。
 
独立運動の遺跡復旧運動に巨額の支援金を投じたり、PM2.5が流行した際には教育施設に1万台もの空気清浄機を寄付したり、社会貢献にも積極的なのである。このような慈善活動を社会にひけらかすことなく、むしろ隠す。その性格を見て、一部では「人の心を動かす優しい馬鹿」と言われているほどだ。彼らの事業がうまくいくよう、応援する人も少なくない。
 
韓国では、富豪が寄付を申し出るのが珍しい。財閥ではないが、先月メッセージアプリ「カカオトーク」の創業者キム・ボムスが約1兆円相当の自らの資産の半分以上を寄付すると発表して、世間を驚かせた。それが財閥であれば、なおさらだ。
 
また、財閥がエンタメで描かれる際のお約束とも言える「家系内争い」。創業者が子供を産み、孫ができると、財産と権利を巡って必ずといっていいほど対立が起こる。しかし、動画ではLGグループの場合は違うと紹介されている。LGの創業者であるク・イネ(1907~1969)は、弟が5人だった。男兄弟皆が事業に協力し成長させてきた。代表や会長、理事長、社長など、一族には50人以上の一定の権力者がいるにもかかわらず、家族間の対立がないと言われている。

 

韓国ドラマでも目立つ財閥の不正や反則。LGもほどほどに手を抜いたり根回しをしていれば、さらに力をつけることができたのではないかとも世間からは言われている。しかしこれについて、3代目会長ク・ボンムは「不正をしてまで1位になろうと全く思わない。それなら2位の方がマシだ」と答えている。
 

「ドロドロのドラマ」が詰まった財閥ファミリー

 
サムスン、LG、ヒュンダイ、ロッテ、数々の財閥が韓国社会に存在する。では、韓国で最も「有名な」財閥とは。それは、世代を超えて争いとスキャンダルが絶えない、韓進(ハンジン)グループだ。
 
韓進グループは、大韓航空を経営し、今では事実上国内唯一の航空会社となった。創業者が生んだ功績とは裏腹に、一族の歪みから、世間では「マッチャンドラマ(ドロドロのドラマ)」と後ろ指をさされているほどだ。
 
韓進グループが韓国中で反感を買った大きな出来事はやはり、2014年12月に起きたナッツリターン事件だろう。創業者の孫であり大韓航空の元副社長のチョ・ヒョナが不当な理由で客室乗務員を機内から追い出すことを強制し「ナッツ姫」と騒がれ、その4年後に妹であるチョ・ヒョンミンが広告代理店の社員に水をかけたパワハラ事件で「水かけ姫」と世間を騒がせた。

 

ナッツリターン事件で謝罪する大韓航空の元副社長のチョ・ヒョナ。報道は加熱した(Getty Images)
ナッツリターン事件で謝罪する大韓航空の元副社長のチョ・ヒョナ。報道は加熱した(Getty Images)

一方で、韓進グループの創業者であるチョ・ジュンフンは、韓国の運送事業を大きく発展させた、ビジョンを持った先駆者であった。彼は17歳の頃、日本の造船所で働き、中国など東南アジアに航海しながら働いていた。

そこで彼は「世界はなんて広いんだ。いつか自分が作った船で、もっと広い海を渡りたい」と世界の広大さに鼓舞され、数十年かけて韓進グループを陸海空の運送事業を手掛ける韓国最大級の財閥に成長させた。

結局、争いの絶えない息子たちと孫たちに経営権が渡り、海運会社である「韓進海運」は経営破綻し、一時は財閥の存続の危機にまで陥った。創業者チョの「平等に資産を分け与えたい」という想いが思わぬ方向へと作用し、欲と分裂の絶えない一族となってしまった。

大きな権力を巡った「おかしな」兄弟喧嘩


韓国と日本が生み出した奇妙な財閥とも呼ばれるロッテグループ。ガムを製造する会社だった日から大きく成長し、今では日本を代表する製菓会社となり、韓国では経済と生活を大きく支える巨大な財閥グループだ。創業者シン・ギョクホ(日本名・重光武雄)は、1921年に韓国で生まれ、41年に日本へ渡った。早稲田実業学校を卒業している。

 ロッテグループといえば、長期にわたる息子たちの兄弟喧嘩が有名だ。80年代から90年代にかけて、シン・ギョクホは長男であるシン・ドンジュ(重光宏之)に日本のロッテグループを、そして次男シン・ドンビン(重光昭夫)には韓国のロッテグループを任せた。二人とも日本で生まれ、青山学院大学を卒業している。特に兄のドンジュは「韓国語の発音がまるで日本語だ」と韓国人たちの間で話題となった。

 
右往左往する息子たちのせめぎ合い、一時は毎日のようにロッテグループのニュースが飛び交っていた。加えて、父であり会長だったシン・ギョクホは80歳でも非常に健康であったがため、なかなかトップの座を降りず、兄弟の仲をこじらせた。
 
人々は、ロッテグループの不穏な空気に加え、親子の会話が日本語という点にさらに疑問を抱いた。「果たしてこれは韓国企業なのか」。いくらグループの会長と息子たちが韓国籍を持っていても、韓国で得た収益を韓国市場に再投資しても、国民たちにとっては不思議な財閥であった。
 
シン・ギョクホは子離れ、会社離れできずに98歳まで生きた。車椅子に乗り、とても話せるような姿をしていなかった当時90代半ばの彼を、多くのメディアが囲んでいた光景は非常に「おかしな」財閥と韓国社会を映し出していた。
 

財閥が映し出すものとは

 
韓国ドラマで財閥が悲惨な描かれ方をするのも無理はない。権力、平等な資産、世間からの支持、財閥が持つものはあまりにも大きすぎて、一歩間違えると一族の仲を壊してしまい人々の神経をすり減らしてしまう。
 
ドラマ「愛の不時着」では、主人公ユン・セリが幸せそうに家族たちと食卓を囲んだり、連絡をとったりするシーンはなく、その真逆の状況が描かれていた。「幸せはお金でも成功でもない」というメッセージが主人公の姿を通して映し出されていたのではないだろうか。
 
決して善良には映らない財閥が、韓国社会と経済を支えている。そんな皮肉さを持ちながら、韓国社会は回っていく。韓国ドラマなどで、財閥のイメージを覆すような描かれ方がする日がくるのだろうか。

 

文=裵麗善/Ryoseon Bae
Ryoseon Bae|Official Columnist

Ryoseon Bae|Official Columnist

ジュネーブビジネススクール バルセロナ校にて修士課程を取得中
裵麗善。1996年兵庫生まれ。 2019年に武庫川女子大学を卒業。在籍中に経験した4回の留学を通し、世界のトレンドやアイデンティティ、教育、グローバライゼーションなどに興味を持つ。2019年、Forbes JAPANにてWeb編集部のインターン生として、メディアの基礎を学ぶ。同年9月に、ジュネーブビジネススクールにてMBAを取得するためにスペインに渡航。現在は大学院に通いながら、ブログ「女子大生が4回留学して得た生きる力」を執筆中

What's New

Read More

Feature

Ranking