我慢して働く時代は終わった! 『転職2.0』のススメ【後編】 |Forbes JAPAN

リンクトイン・ジャパン株式会社代表の村上臣氏と、エール株式会社取締役の田真貴子氏が「新たなキャリアの常識」について語った。キャリアアップや転職を考えている人へのアドバイスとは。
この記事は2021年4月3日にForbes JAPAN Webサイトに掲載された記事を一部編集したものです。Marisol ONLINEとForbes JAPANはメディアパートナーとして相互提携を行っています。

▼前編はこちら

  • 我慢して働く時代は終わった! 『転職2.0』のススメ【前編】 |Forbes JAPAN

    「日本型雇用の終焉」により、我慢をしながら働く時代は終わった──。ヤフーの元執行役員で、世界最大級のビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス「リンクトイン」の日本代表を務める村上臣が、新たなキャリアの常識を定義しようとしている。エール株式会社取締役の篠田真貴子氏との対談で語った。

──うまくいく転職はなんとなくわかってきましたが、逆に失敗する転職についても伺いたいです。

 

村上:そもそも、転職まで踏み切れないというところがあります。現状に不満があって上司が嫌だと思っていても、会社にロックインされてしまい、会社を辞めたら他の場所では通用しないんじゃないかと思っている。故に我慢してその場で働かざるを得ないという状況です。

 

これは失敗する転職以前にキャリアとして、かなり難しい状況にあると思います。この本を書いたのも、そういう人に対してそうではない、外の世界を見てみれば、フェアな関係になっているんだという示唆を与えたかったんです。

 

転職本を見ていると、キラキラした成功談が多いんですよ。でも今回は、困っていないけど現状もイマイチみたいな人をあえてロールモデルにして、彼がどうしたら羽ばたけるのかという方法論としてまとめるスタイルにしたんです。

 

失敗する転職の敗因は、自己認識なんです。ここが間違っていると、他がどんどん青く見えちゃって焦ってしまい、とにかく外に出ようとします。ここではないどこかに出れば幸せになれるんだという思い込み、幻想に動かされてしまいます。

 

これは失敗する転職のパターンであって正しい自己認識と市場価値を知った上で、そこをしっかりとマッチングさせることが必要です。これはキャリアカウンセラーとかリンクトインとかいろんな方法がありますが、まずは自分がなぜ悶々としているのかを

直視することです。これを見るのは怖いですが、そこの勇気をちょっと出すというのが一番失敗しない転職のために必要なマインドセットだと思います。

 

篠田:もう一つは、女性は刹那的にやめるというのがちょっと多い傾向にある気がします。女性が生物学的にそうだからということではなく、特に保守的な職場だと先が見えないので、なかなか女性がキャリアアップしてる姿が見えません。情報量も少なく結果として、この状態を打破するにはやめる以外しか思いつけないということだと解釈しています。

 

これは男女問わずですが、先が見えないなと思った時にいきなり転職というhowに飛びつく前に、自分が何故モヤモヤしているのか、職場が嫌であれば何がどう嫌なのかをクリアに言語化するくらい味わっちゃった方が良いですね。

 

そうすると、同じ会社でも別の部署なら良いという選択肢が見えるかもしれない。わかったことがしっかりしていれば、転職エージェント経由でも自分の願うオプションに近いものを選び取ることができるんじゃないかと思っています。

 

わがままなことでも全然いいんです。何が嫌かでもいいんですよ。

 

──村上さんの著書にもある「タグづけ」のコンセプトがすごく面白いと思いました。コロナの影響も相まってさらに個人というコンセプトが強まっているという風には感じているんですが。

 

村上:政府も含めてDXが押し出される中で、オンライン上の自分のプレゼンスというのをどういう風にするのか。もちろん投稿が必要になりますが、ただ無闇な投稿は意味がありません。

 

自分の「タグ」は自分が決めるのではなく、周りに認知されることなんです。どういう認識をされて、どう声をかけてもらえるのかというところの逆算が大切になります。

 

自分のホームページを作ってSEOするのと同様のことが起きているんです。どういうワードで探すと自分に行き着くのか、というような導線作りです。ネットワーキングの仕方とは、人それぞれ心地よい温度感が見つかると良いですよね。

 

我慢して働く時代は終わった! 『転職2.0』のススメ【後編】 |Forbes JAPAN_1_1
村上臣氏

──タグは振り返って整理されるんですか?

 

村上:これはわりと揺らぎがあって、このタグときめたら一生それではなくて、二軍か一軍かを見極める必要がありますね。

 

僕は、昔からモバイルというタグを持っていました。当時はアプリが作れるだけで、引きが凄かったわけです。でも今では全く言われないですからね。それが僕がヤフーにおいて、賞味期限が切れたと思った瞬間でもあるんですよね。これで向こう10年は無理だという肌感がきちゃったんですね。新しい何かを立てないといけないと。

 

──ご自身で気づかれたんですね。

  

村上:本にもありますが、基本的には他己紹介が一番分かりやすいんです。仲良い人が僕のことをどうやって紹介してくれるのかを、今クラブハウス等で毎回体感しています。「村上は今リンクトインだけど、モバイルのやつでさ、でもフットワークが軽いやつなんだよ」とか言われます。「雑!」とか思いながら、でもそういうところからヒントって得られるんです。自分はこういう風に認知されているんだなと。

 

ネットワークは、「人に頼ること」から

 

──先ほどから、繋がり、ネットワークという言葉が印象に残ります。第一印象というのは大切と言いますが、お二人ともゆるいネットワーク作りにおいて、どのようなことを気をつけていらっしゃいますか?

 

村上:私は人に頼っています。人が繋がるときって、仲立ちになる人がいるはずです。そうするとその人が、勝手に僕の営業担当として代わりに話してくれます。人づてで広がっていくと、結構良いゆるいつながりができます。カジュアルな交友関係まで広がる。ビジネスで仲の良い人には、興味や好みがわかってもらえていますから。

 

これが仕事にも役に立ちますね。紹介して欲しい人がいれば、そのネットワークに知り合いがいるか見てみるんです。興味があるからこういう文脈で相談したいですというと、結構アポが取れるんですね。

 

篠田:1番に思い浮かんだのは、とにかく自分を盛らず、嘘をつかないということです。人脈作りというと、自分を大きく見せたり、できることばかり並べるようなイメージがある方もいるかもしれませんが、それはネットワークを作る上では要りません。むしろ、できないこと言った方がいいくらいです。助けてもらいたいから、人脈が必要なんです。

 

人は機械ではないので、これができるといった性能だけで繋がるのではありません。自分を魅せるというよりは、よりソフトな好きなこと嫌なこととか、気になることを話して、自分を知ってもらえるようにする。比重はそちらに乗せておくくらいでちょうどいいですよね。

 

村上:自己開示とも言えますね。

  

──この話に関連して、先ほど村上さんがおっしゃっていた、米国リンクトイン代表と対面されたときは、どのような空気感だったのでしょうか?

 

村上:それこそ最初の30分くらいは雑談でした。好きなものベースで話をしていましたね。

 

でもJeffには面白いところが1つあって。誰に対しても、ドリームジョブ(夢の仕事)は何かということを聞く癖があるんです。僕はそんなことを一度も聞かれたことないので面食らいました。この質問の意図から、彼が自分の経験をシェアしてくれるオチが付いているんですが(笑)。

 

あとは時計の話もしました。当時すごく憧れていた時計があって、彼はそれを腕にはめていたんです。少しマニアックなものなんですが、それが最初からずっと気になって仕方なくて。ちょっとその時計の話をしていい? と聞いてしまったほどです。

 

──そういう小さな会話から信頼が生まれてそこから広がっていくんですね。

 

村上:この本では、人脈という言葉はあえて使わずにネットワーキングとか、ネットワークという言葉を使っています。

 

人脈というと、どうしても異業種交流会とか、名刺交換のようなイメージになるからです。本来は自分のことをわかってくれるアライ(支援者)を増やしながら、お互い助け合うのがネットワークだと思うんですよね。

 

コミュニティの中で信頼貯金を貯めていく感覚です。私も本を出す上で、信頼貯金を少しずつ引き出していると思っています。ただこれは僕が世の中に伝えたいから、少し手伝ってもらいたいなと思っているんですね。こういったフェアな関係性がネットワークの中には必要なじゃないかと思います。

 

我慢して働く時代は終わった! 『転職2.0』のススメ【後編】 |Forbes JAPAN_1_2

誰もができる、ネットワークを広げるコツ

 

篠田:その観点で1つ是非お話ししておきたいのが、組織というものに所属したときの内にこもる引力について。これって本当にすごいんですよ。そういった閉塞的な職場しか経験したことがないと、ここで言うネットワークというのはイメージしづらい可能性があるなと思います。

 

例えばコロナ前ですが、大企業のオープンイノベーションについてのカンファレンスでお話しさせていただく機会がありました。オープンと言うだけあって、外と繋がるのが鍵ですよね。

 

しかし皆さんに、お昼ご飯って会社の人と食べてますか? と質問するとはっとするんです。大会社だと毎日部署の同じ人と、同じ時間に同じ店に食べにいくというルーティーンがバシッと出来上がりますそれに疑問も持てないんですよ。

 

私が提案したい、すぐできるアクションとして、週一は絶対社外の人とランチを食べることです。リモートワークであれば、外部の人と1時間ズームを入れるって決めるんです。その際にお互い1人ずつ社内の知り合いを連れてくれば、4人でお昼食べて、そこに必ず初対面の人と1時間話せます。毎週やると、1年ほどで50〜100人新しい知り合いができるんです。

 

ここで自己紹介をし続けるだけでも、どういう風に自分を伝えるとわかってもらえるのか、会社とか仕事とか、経験について話すので、臣さんがおっしゃっていたタグも見えてきます。

 

自分がなぜこの会社にいて、何が嬉しくて何が嫌なのかということも人に話すことで初めてクリアになっていくんですね。このように意識して話す機会を作るというのは、結構方法論としてできることかなと思っております。

 

 

自分の人生の責任は、自分しか取れない

 

──確かに人脈からネットワーキング、アライというリフレーズは効果的ですね。最後に転職を考えている方へのアドバイスがあれば伺いたいです。

 

村上:色々な相談を特に若い方から受けていて思うのは、親の呪縛が大きいということですね。ロールモデルとして親を見ていたりします。親ブロックという言葉もあるように、ベンチャーは将来がわからないと学生時代に仕込まれるケースも未だに多いです。

 

でも、結局自分の人生に責任を取れるのって自分しかいません。自分のキャリアを、人生100年と言われる中で、80歳頃まで働き続けるとすると、確実にその責任は親ではなく自分しか取れません。

 

自分のうちなる声とか、楽しい、ワクワクするとか、定性的に聞こえるんですけれども、素直な思いとずれてくると人って辛くなるんです。自分の声に素直に選択をするというのがいい転職ではないのかなと思います。

 

篠田:大きく分けると30代後半から40代と、それ以前で転職の意味合いも変わってくると思います。若い方の場合は、転職は経験の幅を広げるという意味があると思うんですよね。

 

よくお話しするんですけれども、皆さん、初恋の人と必ず結婚して一生添い遂げなくてはならないとなったら、結構大変ですよね。どんなに愛していてもです。初恋の人と結ばれるという、美しい物語はありますが、それを強制されたら違う話になってきます。きっと多くの人は、色んな方とお付き合いしながら、自分とフィットする人が経験的にわかって長く人生を共にするパートナーが決まっていくわけですよね。

 

就職、仕事も一緒です。あまり仕事をしたことない人が、初めの職場でぴったりフィットということもあります。それはそれで素晴らしいんです。そういう意味で転職が正しくて、転職しないのがダメということではありません。ただ、初恋は初恋として麗しかったけれど、より自分にフィットしていく人を見つけていくように、転職というのはあっていい思います。

 

そのステージが終わるのは、概ね30代後半から40歳くらいでしょうか。そろそろ自分の持ち味で勝負していく時期だと思います。ですから、自分の方向性が見えてきている方に対しては、本当に自分の大事にしている軸ですかというところを問う必要がある。

 

世の中的に正しいとされる有名企業、イケてるジョブであるとか、給料が多いとか、もちろんそれが大事ではないとは言わないですが、それだけで決めていないか、自分に聞いてみてほしいです。

 

この頃までに自分のオリジナリティがわからないと、むしろ市場価値が劣等者の中で戦っていくことになります。臣さんもタグの組み合わせとおっしゃっていたように、数々ある軸の中で、自分のオリジナルの組み合わせってなんだろうというところを、軸に転職、あるいは社内でキャリアを築いていくのが鍵ですね。

 

文=伊藤みさき 構成=竹崎孝二
Forbes JAPAN 編集部

Forbes JAPAN 編集部

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

What's New

Read More

Feature

Ranking