世界長者番付、今年もベゾスが首位!コロナ禍で富豪が急増|Forbes JAPAN

今年は「セルフメイド」のビリオネア、女性富豪の増加が目立った!
この記事は2021年4月6日にForbes JAPAN Webサイトに掲載された記事を一部編集したものです。Marisol ONLINEとForbes JAPANはメディアパートナーとして相互提携を行っています。

経済大国を含め各国に多大な影響を及ぼすなか、ビリオネア(保有資産10億ドル以上)の数は過去最多を更新。2755人となった。うち493人が初のリスト入りとなっている。

 

今年の番付に入った富豪たちが保有する資産は、合計およそ13兆1000億ドル(約1445兆円)。昨年の約8兆ドルから大幅に増加した。フォーブスのアシスタント・マネージング・エディター(富裕層担当)、ケリー・A・ドーランはこれらビリオネアたちが保有する富について、「資産の合計額が初めて10兆ドルに達した」ことを指摘。「巨額の富が生み出されてきたペースの速さに驚かされる」と述べている。

 

世界長者番付、今年もベゾスが首位!コロナ禍で富豪が急増|Forbes JAPAN_1_1
1位 ジェフ・ベゾス

トップ5の顔ぶれ

 

今年もランキングのトップは、アマゾン・ドット・コムの創業者であり、近く最高経営責任者(CEO)を退任するジェフ・ベゾス。4年連続で首位を維持した。2位は米電気自動車(EV)メーカー、テスラのCEO、イーロン・マスク。昨年の31位から大幅にランクアップしている。

 

世界長者番付、今年もベゾスが首位!コロナ禍で富豪が急増|Forbes JAPAN_1_2
2位 イーロン・マスク

3位は昨年と同じ、LVMHの取締役会長兼CEO、ベルナール・アルノーだった。その後には、ビル・ゲイツ、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグが続いている。ウォーレン・バフェットは20年以上ぶりに、トップ5から姿を消した。

 

世界長者番付、今年もベゾスが首位!コロナ禍で富豪が急増|Forbes JAPAN_1_3
3位 ベルナール・アルノー

最新番付の注目点は──

 

今回のランキングには、過去最多となる1975人の「セルフメイド」のビリオネアが名を連ねた。起業などにより、自らの力で財を成した人たちだ。また、女性富豪の増加も目立っており、昨年の241人から328人に増えた。

 

今回初めてランクインした富豪の中で特に注目すべき1人といえるのは、マッチングアプリ「バンブル(Bumble)」を運営するバンブルの創業者、ホイットニー・ウルフ・ハード。同社は今年2月に上場を果たしている。

 

世界長者番付、今年もベゾスが首位!コロナ禍で富豪が急増|Forbes JAPAN_1_4
Bumble創業者 ホイットニー・ウルフ・ハード(Jerod Harris/Getty Images for Fortune)

最年少のセルフメイドのビリオネアとなったのは、26歳のオースティン・ラッセル。2012年に米スタンフォード大学を中退した後、著名投資家ピーター・ティールが創設したプログラムを通じて入手した10万ドルで、リモートセンシング(遠隔計測)技術の開発を手掛けるルミナ―・テクノロジーズ(Luminar Technologies)を創業した。

  

女性の最年少のビリオネアは、今年に入って上場した中国の電子タバコメーカー、RLXテクノロジー(霧芯科技)のCEO、39歳のケイト・ワンとなっている。

  

一方、地域別に見ると、世界で最もビリオネアが集中しているのは、1149人が番付に入ったアジア太平洋地域だった。次いで多くのビリネがいるのは、米国(724人)、欧州(628人)となっている。

 

 

日本のビリオネア トップ10

 
1位 孫 正義/454億ドル(ソフトバンク)
2位 柳井 正/441億ドル(ファーストリテイリング)

3位 滝崎武光/258億ドル(キーエンス)

4位 永守重信/87億ドル(日本電産)

5位 高原豪久/79億ドル(ユニ・チャーム)

6位 三木谷浩史/67億ドル(楽天)

7位 似鳥昭雄/52億ドル(ニトリ)

8位 重田康光/49億ドル(光通信)

9位 安田隆夫/43億ドル(ドン・キホーテ)

10位 伊藤雅俊/40億ドル(セブン&アイ・ホールディングス)

10位 森 章/40億ドル(森トラスト)

10位 野田順弘/40億ドル(オービック)

 

最新の世界長者番付は、2021年3月5日の株価と為替レートに基づいて算出した富豪の資産の額に基づき、作成されている。

 

編集=木内涼子 写真=Getty Images
Forbes JAPAN 編集部

Forbes JAPAN 編集部

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

What's New

Read More

Feature

Ranking