40代は、おしゃれが働くモチベーション!

定番こそアップデート 春のベーシックアイテム編【ひと目惚れ買い!名品図鑑】

上質素材や細部にまでこだわった物選びで差がつくベーシックアイテム。おしゃれプロたちが日々の着こなしに欠かせないと激推しする名品とは?

ebureのツイードジャケット

私がひと目惚れ!
編集長ウド

ebureのツイードジャケット

「同じ形の黒ジャケットを1年前に購入したのですが、シルエットの美しさと素材感のよさからいろいろな場所で褒められまくりました(笑)。もはや私にとってパワーを与えてくれる"編集長ジャケット"。ダブルなので前を開けて肩がけしてもきれいに決まります。この春はこの柔らかなアイボリーを新たに投入して、春らしい着こなしを楽しみたいと思います」(編集長ウド)


ブランドを代表するダブルブレストジャケットの新作。ツイードの柔らかさとドライな手触りが両立した上質感は、女らしさとかっこよさを同時に満喫できる。ウエストを少しシェイプさせることで、ボリュームのあるフレアスカートと合わせてもバランスよく着用できる。36・38の2サイズ展開、アイボリー以外にダークネイビーもラインナップ。

ジャケット¥75,900/エブール ギンザ シックス店(エブール)

BLAMINKのレザーベルト

私がひと目惚れ!
編集Y

BLAMINKのレザーベルト

「実はスタイリスト松村純子さんがつけていてひと目惚れ! とても素敵だったのですぐに真似っこさせていただきました。人気商品らしく入荷連絡をお願いしてからようやく購入。丈が長く余った部分を下に垂らせるものを探していたので、これはまさに理想通り。レザーが薄くしなやかなのも使いやすくて。普段アクセサリーがシルバー派なので、留め具がシルバーなのもお気に入りポイントです」(編集Y)


シーズンごとに色違いがリリースされるブラミンクの隠れ名品小物。なめらかでやわらかな牛革を使用し、長めのレングスでアレンジしやすいと、おしゃれプロの間で評判に。パンツはもちろん、スカートやワンピース、コートの上からなど使い方は自由自在。

ベルト¥23,100/ブラミンク

UMEDAのニット

私がひと目惚れ!
スタイリスト福田麻琴さん

PLAIN PEOPLEのチェックスカート

「メイドインジャパンのニット専業ブランド、シンプルなデザインに上質素材と、すべてに心惹かれました! 上品で端正な雰囲気はどんなボトムにも合わせやく、クローゼットの定番になってくれそうです。真面目なもの作りの精神は着る人にも必ず響くもの。こうしたアイテムをメンテナンスをしながら大事に着続けたいと思っています」(福田さん)


“10年ニット”をコンセプトに掲げる新潟の「ウメダニット」が手がけるニットブランド「UMEDA」がデビュー。クルーネックとカーディガンは16ゲージ、12ゲージ、7ゲージの3タイプ、ニットはXS〜XL、カーディガンはS〜XLと着たいイメージに合わせてサイズを選ぶことができる。カラーは写真のチャコールグレーとブラックの2色のみという潔さ。パートナーと共有できるユニセックス感もいい。

ニット¥31,900・カーディガン¥35,200/ウメダニット(ウメダ)

Curensology × Archive&Style のライダーコート

私がひと目惚れ!
エディターT

Curensology × Archive&Style のライダーコート

「端境期に着るコートを探していた時に出会ったヴィンテージをベースにしたライダーコート。トレンチのようなかっちり感ではなく、こなれたムードのメンズライクなかっこよさにひと目惚れしました。“ライダー”はバイクのことではなく、乗馬のためにデザインされたコートの総称。そのためのディテールがとても素敵で。パンツだけでなくワンピースやスカートと合わせて、今から着用するのが楽しみです」(エディターT)


カレンソロジー5周年を記念したプロジェクトのひとつとして、ヴィンテージを知り尽くし、メンズならではのトラディショナルなアイテムを得意とする坂田真彦氏と組んで生まれたライダーコート。ヴィンテージならではのディテールを取り入れながら、大人の女性に似合う上質なムードも細部にあしらって。ベルトを締めればAラインシルエットになり、ドラマチックな雰囲気も楽しめる。

コート¥88,000/カレンソロジー 青山(カレンソロジー×アーカイブアンドスタイル)

撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/坪田あさみ

AND MORE

What's New 新着記事

AND MORE

2023年01月26日発売

Feature 編集部のおすすめ記事

×

この記事をクリップしました!