季節の変わり目にきく、この一枚。シャツワンピースを3ヶ月着回し

2017年8月24日
夏の終わり。次の季節まで着られるものしか欲しくないこの時季、さらっと一枚で着られるシーズンレスなワンピースが頼りになる。
知性と女性らしさを備えたシャツワンピースを、今季はあれこれアレンジして楽しむのが旬。前をあけてはおったりインにニットやデニムを重ねたり、シーンを問わずフル稼働。

1/3

2/3

3/3

【8月】
ロングシャツみたいにはおって夏のTシャツ+デニムを格上げ

シャツワンピースの前ボタンをすべてあけて涼し気に。ワンツーコーデになりがちな夏、一枚で鮮度が急上昇。
ワンピース(ベルトつき)¥13,800・デニムパンツ¥13,000/ステュディオス 新宿店(ステュディオス) Tシャツ¥12,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥33,000/プロポデザイン(プロポ) ピアス¥28,000/ロードス(ザ ボーイスカウツ) 時計¥57,000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア) バッグ¥43,000/FUN(ベルメール) 靴¥29,000/アマン(ペリーコ サニー)

【9月】
美シルエットを生かして一枚で。サッシュベルトが旬の顔

共布のベルトをすれば、くびれを強調したぐっと女らしいスタイルに。きちんと感のあるシャツワンピースに、足もとのフラットシューズが適度なハズし役として有効。
ワンピース/8月と同じ サングラス¥25,000/ブリンク外苑前(ブラン) チョーカー¥38,000/バーニーズ ニューヨーク(サスキア ディアス) 時計¥55,000/セイコーウオッチ(セイコー エクセリーヌ) バッグ¥210,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥10,800/ダニエラ&ジェマ(ジェマ リン)

【10月】
インに薄手のタートルを仕込んだクラシカルなスタイルが新鮮

少し肌寒くなったら、下に薄手のカットソーやニットを重ねて。スカーフやバックルつきのパンプスなど、70年代風小物で鮮度高くアレンジ。
ワンピース/8月と同じ カットソー¥6,944(参考価格)/コス 青山店(コス) ピアス¥22,000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ラウラ ロンヴァルディ) スカーフ¥18,000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥38,000/ジュエルチェンジズ 新宿店(タミーアンドベンジャミン) 靴¥18,000/ダニエラ&ジェマ(ダニエラ タム)

撮影/金谷章平(人物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/RINA 取材・文/東原妙子

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords