働く女っぷりメンバーはどんな風に仕事に資格をいかしているの?

2017年8月24日
教員免許に、簿記、一級建築士、ケアマネージャーなど…約半数がなにかしらの資格を持っている!
「あなたは仕事に役立つ資格を持っていますか?」との質問に45.9%のメンバーが「YES」と回答。中でも多かったのが、転職に有利だという簿記や秘書、教員免許などの資格だった。

その他には、「漢語水平考試6級 (中国政府認定中国語試験の最上級)。法務の仕事上、中華圏への出張者のビザ取得をサポートすることがあります。その際に中国語能力が役立ちます」(Ondinaさん)
「色彩検定は、色の効果はとても大きく、仕事がらデザインするときにも役立つ」(yuuさん)と専門的な仕事に必要なものだったり、
「アロマは、お客さんや取引先の方(特に女性)との会話が広がります。また、最近始めた物販でアロマプレゼントをするなど、徐々に仕事と融合され始めています」(りくママさん)
「ヨガインストラクター。会社で自社製品を使ったヨガイベントを実施しました」(uniさん)など、趣味が仕事にいかされている場合も。
また、「幼稚園教諭免許がイベントでキッズルームを開催したときに、安心材料になった」(ハイビスカスさん)
「保育士、中学校英語科教員免許は、新規事業提案をする際に誰も思いつかないクリエイティブな提案ができます」(ヤッキーさん)と、資格とは直接関係がなくても役に立つこともあるようだ。

いずれにしても、資格があると、信用される、安心してもらえるとの声も多く、それが自分の自信にも繋がっているよう。あっても困ることはないのだから、時間をみつけて資格にチャレンジしてみてはいかが?
文/Momoko Matsuzaki

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords