カジュアルOK!な日にも。働く女の黒パンツコーデ

2017年9月3日
きちんと感があって汗や汚れに強く、視覚的な着やせ効果もある黒パンツは、働くアラフォーの強い味方!
TPOに合わせていろいろな着こなしが求められる編集Xの日常にのせて、おすすめの黒パンツの形とジャストなコーディネートを提案!

☆編集X

女性誌編集者として14年目。カジュアル派ながらアラフォーを期に年相応の"きちんと感"を意識するように。忙しい時も上品さをキープできる黒パンツを日々ヘビロテ中。

1/3

2/3

3/3

早朝ロケの日はワンツーコーデでもしゃれて見えるハイウエストで
ギリギリまで寝ていたい早朝撮影の日は、シンプルトップスと合わせるだけで今年っぽく見えてしまうハイウエスト黒パンツの出番! センタープレス入りならルーズに見えず、大人のきちんと感もしっかりキープ。着るだけで元気が出る赤トップスで眠気を吹き飛ばしたら、足もとはファーサンダルで秋のトレンドを先取り。さりげなく感度の高さをアピールして。

ワイドパンツ¥15,000/ヒューマンウーマン ニット¥13,000/ANAYI ピアス¥200,000/ショールーム セッション(マリハ) メガネ¥42,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥47,000/FUN(ベルメール) サンダル¥29,000/アルアバイル(マウロ・デ・バーリ)
アパレルメーカーとの打ち合わせ。×シャツで清潔感たっぷりに
相手先にうかがう前に、近場のカフェでメールをチェック。ある程度のきちんと感は欲しいけど、ジャケットだとなんだか大げさ。そんな時は「シャツ+黒パンツ」がやっぱり頼れる。襟を抜きぎみに着たストライプシャツとすそに向かって少し細くなった黒パンツで、定番の組み合わせを今っぽくアップデートして。

パンツ¥37,000/デザインワークス コンセプトストア青山店(デザインワークス) シャツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥9,000/アストラット 青山店(フィリップ オーディベール) 腕時計¥420,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥27,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) パンプス¥49,000/アマン(ペリーコ)
仲よしのライターさんとの打ち合わせはつい旬度高めに
おしゃれ上手でほめ上手な彼女。ベルトつき黒パンツ+ライダースの辛口コーデも、「かごバッグでハズすあたり、さすが!」とおほめの言葉が(照)。

パンツ¥18,000/アルアバイル Tシャツ¥2,000/ジャーナル スタンダード レリューム表参道店 ジャケット¥88,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ピアス¥13,000(ミリット ウェインストック)・ブレスレット¥8,000(ジャスティーヌ クランケ)/ジャーナル スタンダード 表参道店 バッグ¥13,300/ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館(ヴィトラス ジェトヴィラス) スカーフ¥7,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥125,000/ビームス ハウス 丸の内(フラテッリ ジャコメッティ)
撮影/山本雄生 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) スタイリスト/松村純子 モデル/渡辺佳子

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords