働く40代を応援!新時代のEC連動メディア

ジャケットはやっぱり頼れるお仕事服 |マリソル編集長ブログ#79

4月1日に発売になる、「Marisol vol.3 2023 春夏号」の撮影が、だいたい終了しました。今、レイアウトや原稿書きにいそしんでいますが、楽しみにしていてくださいね! 前回に引き続きまたまたスリーショット写真となってしまいましたが、撮影のときにたまたま「ジャケットかぶり」していましたのでご報告です(笑)。
ジャケットはやっぱり頼れるお仕事服 |マリソル編集長ブログ#79_1_1

先日、恒例となっているMarisol本誌のヘアカタログの撮影に行って来ました。この写真に写っているのは中央が私ですが、向かって左がスタイリストの高橋美帆さん、そして右側がサロン「ビュートリアム」の前田さん。高橋さんは、いつもヘアテーマのときに、どんな読者モデルさんのどんなテイストにも合わせられるようにと、素敵な服をトップス中心にどっさりと用意してくれる方です。リアルアラフォーです。そして、「ビュートリアム」の前田さんは、いつも私自身がヘアカット&カラーでお世話になっている方! お付き合いはもう20年以上になるかと・・・。いつも個性的なおしゃれが魅力で、このときもふわふわの帽子にくぎ付け! そしてこのおどけたポーズ(笑)。


このスリーショットを撮影したのは、偶然ですがみなテーラードジャケットだったこと。やはり、お仕事の時って、「これさえあれば」と頼りになるアイテムです。さらには私と前田さんに関しては、中のボーダーまでも被っていたという・・。「カジュアルだけどちょっときちんと」というマインドまで似ていたということですね(笑)。


ちなみに、私のジャケットはモデルの亜希さんのブランド、ビームスで取り扱いのある「AK+1」のものです。テーラードジャケットだけど、ちょっとモコモコっとした表面感のあるあったかウール。寒すぎない日は、これを防寒として外にも出られるもの。先日、亜希さんのイベントがビームスさんであったときに、司会スタッフの方が着ているのにひとめぼれをして、購入しました。


実は・・春夏号では、そんな亜希さんの「AK+1」のアイテムもお取り扱い予定ですよ! 伝説のアイテムがいろいろと復刻している・・かもしれない・・!?ので、楽しみにしていてくださいね。

さて、それにしても洋服がずらりと並ぶ風景はいつでも胸ときめくもの・・。この日の撮影現場、とある自然光スタジオに並んだ、スタイリスト高橋さんの用意してくださった服が並んだサマには爽快感と夢を感じました。ざっと眺めただけでも、「あ、この春は白でも柔らかめの色、ちょっとクリームっぽい色が流行るのかも。」など、ちょいトレンド読みが出来ます。

ジャケットはやっぱり頼れるお仕事服 |マリソル編集長ブログ#79_1_2

皆さんの春夏のワードローブが「盛り上がる」お手伝いができるようにと、引き続き頑張ります!

 

Marisol編集長ウド

Marisol編集長ウド

集英社に新卒として入社してウン10年。non・no、LEE、SPUR、eclatで一貫しておもにファッション担当。福岡県出身、家族は小学生の娘2人とチワワ2匹。ヨーロッパ滞在歴5年、学生時代は歌のアルバイトをしていたという変わった経歴も。BE:FIRSTの大ファン。

Shopping News トレンドがわかる、買える!

AND MORE

What's New 新着記事

AND MORE

Recently Checked チェックしたアイテム

    AND MORE

    What's New 新着記事

    AND MORE

    ×

    この記事をクリップしました!