浅草の新名所!「ペリカンカフェ」が8/28(月)オープン!

2017年8月26日
東京・浅草の人気パン屋「ペリカン」が手がける「ペリカンカフェ」が、同店から徒歩2分の場所にオープンします
東京の浅草・田原町にある老舗パン屋「ペリカン」。

取り扱う商品は、昔ながらのシンプルな素材で作るサイズ違いの食パンとロールパンのみながら、お店が開店する朝8時になると、焼きあがったパンを求めるファンが続々とお店の前に現れはじめる、言わずと知れた人気店です。

浅草に行ったらお土産にはぜったいペリカンのパン!という人も多いのでは?

そんな人気店のパンの美味しさを堪能できる場所「ペリカンカフェ」が8/28(月)にオープンします。”ペリカンのパン”大ファン!の私にとっては夢のような場所に、一足お先にお邪魔させていただきました!
外観。めちゃ映り込んじゃってます、すみません(汗)

1/9

2/9

3/9

4/9

5/9

6/9

7/9

8/9

9/9

おなじみ、ペリカンとコーヒー豆がモチーフのロゴが目印です!
トーストはすべて炭火で焼かれます。網は特注だそう。
トーストはシェフが一枚一枚焼いてくれます。パンの厚さも焼き加減もそれぞれの具材に合わせてちゃんと考えられているそう。
看板メニュー「炭火焼トースト」です。この厚み、お分かりいただけるでしょうか。4cmもあるのです。炭火焼きですので、外はカリッと、中はもっちもち。ペリカンパンの甘みとうまみを味わうにはこれが一番! パンとセットにドリンクがついて540円です。
ペリカンのパンの耳を使った「パンの耳揚げ(320円)」。砂糖とカレー味なのですが、甘塩っぱさがたまりません。いつまでも食べていられる。。。
「ミックスサンド(650円)」ふわふわのパンに、自家製マヨネーズがふんわり香ります。この佇まいからお分かりいただけるように、余計なことは何もしていない、正しい、真面目な、サンドイッチです。そしてもちろん美味しい♡
下町らしい「ハムカツサンド(650円)」は、パン粉ももちろんペリカン製。こちらも自家製のドレッシングの酸味で、こんなに分厚いハムカツもさっぱり食べることができます。
「オムレツサンド」(美味しさのあまり値段を失念いたしました。すみません・汗)ケチャップと卵の鉄板の組み合わせ。
モッツァレラなどを使った「白いチーズトースト(680円)」とチェダーの濃いうまみがたまらない「チーズ黄色いチーズトースト(540円)」。チーズはとろとろ、パンはカリッと!

その他にも、小倉トーストやフルーツサンドなどのデザート系(?)パンもメニューには
ラインナップ。

また、トーストやサンドイッチの他にも、「本日のスープ」「ポテトサラダ」「牛ほほ肉の赤ワインシチュー」などのアラカルトも用意されています。すべて、パンに合うように考え抜かれたメニューと聞いたら、全部食べてみたくなりますよね〜。

コーヒーや紅茶などもペリカンのパンに合うように選ばれたそうですよ。

毎日でも食べたくなる「ペリカンのパン」の美味しさと、ちょっぴりレトロでクリーンで可愛らしい店内でほっとする時間(仕事なのに)。
「こんなカフェがおうちの近くに欲しい」と真剣に思いました!毎日通ってしまいそう。。。。
10月にはペリカンのパンに迫るドキュメンタリー映画『74歳のペリカンはパンを売る』が公開になります。こちらも楽しみ!
パン好きならずとも通いたくなる「ペリカンカフェ」。人気になること間違いなしです! 
もちろん「パンのペリカン」でパンも買って帰りました!朝がたのしみ〜♪
ペリカンカフェ
住)台東区寿3-9-11
営)月〜土 8:00〜18:00
休)日・祝
客席)20席
アクセス:東京メトロ田原町駅より徒歩5分/都営大江戸線蔵前駅より徒歩3分/都営浅草線浅草駅より徒歩7分
(「パンのペリカン」から蔵前方面にむかって、国際通り沿いを2分ほど直進)

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords