シャツ+タックパンツの定番コーデに女っぷりを

2017年9月4日
気を抜くとかっちり感が出てしまうシャツとタックパンツの合わせ。おしゃれプロはこの定番コーデに何を足す?
毎日、コーディネートを考えるのが億劫に……。でも気づけば、いつも同じ組み合わせで着ていない? この時期、おしゃれのプロはどうやってマンネリ打破しているのか。信頼の3スタイリストの名案でお悩み解決!

☆答えてくれたのは・・・

  • 【徳原文子さん/スタイリスト】 大人的「流行との距離感」を把握し、センスあふれるコーデを提案。
  • 【松村純子さん/スタイリスト】 ただのベーシックで終わらない、女らしさのひと手間かげんが上手!
  • 【福田亜矢子さん/スタイリスト 】女らしさの中にほどよくモードが光るコーディネートに定評あり

■徳原さん

チノパンカジュアルには、旬ブラウンのバッグ&バングルで、トラッドなテイストを強調しました

ベーシックな配色もチノパンツで一新! 小物&カーディガンをブラウン系で統一して全体的な印象も引き締めて。

1/2

2/2

シャツ¥24,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) カーディガン¥24,000(ルトロワ)/八木通商 パンツ¥11,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) イヤリング¥9,000(ドミニク ドゥヌーヴ)・靴¥75,000(ニナ リッチ)/フィガロ パリ 東京ミッドタウン店 サングラス¥29,000(エトニア バルセロナ)/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク
【これを足す!】
バッグ¥64,000(ダニエル&ボブ)/八木通商 バングル¥13,000(メゾン ボワネ)/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク

■松村さん

シャツをウエストインした着こなしには、女っぷりを増量したかったので細めベルト&華奢パンプスを選択

風合いのあるコットンシャツにハイウエストパンツのモノトーンコーデ。そこに松村さんが足したのは、トラッドっぽさはそのままに、女らしさを増量する小物たち。細めのベルトにパープルのスエードパンプス―それぞれのもつ華奢さがクールフェミニンな雰囲気にまとめてくれる。

1/2

2/2

シャツ¥33,000/マディソンブルー パンツ¥26,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) ピアス¥57,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥16,000/フラッパーズ(アンカーズ)
【これを足す!】
靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック) ベルト¥11,000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(メゾン ボワネ)


■福田さん

きちんとした印象の着こなしに変化をつけるには顔まわりがポイント。大判スカーフで正装感を加味

ブルーのシャツに黒のタックパンツでお仕事にも行けそうな清潔感ある着こなし。福田さんの「印象変化には顔まわりがカギ」というとおり、シャツと同系色が入った大判スカーフをたっぷりと巻くだけで秋仕様のきちんと感にシフト。

1/2

2/2

シャツ¥36,000/マスターピースショールーム(サイ) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) バングル¥15,000/ウィム ガゼット青山店(フィリップ オーディベール) バッグ¥39,000/ショールーム セッション(ポティオール) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)
【これを足す!】
スカーフ¥18,000/フラッパーズ(マニプリ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 福田亜矢子 松村純子

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords