働く40代を応援!新時代のEC連動メディア

小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】

シンプル服の「地味見え」をサクッと解決するのは、スパイスの効いた元気な色!
Akane

Akane

マリソル美女組出身、元国内線C/A。プチプラで高見えするアイテムを見つけ出すことを何より得意とするファッションブロガー。高校のフランス語教員免許をもち、いつかは通訳者になりたいと現在ゆる~く勉強中。夫、中学生女子、小学生男子の4人家族。身長163cm、体重48キロ。
太陽がまぶしい季節が近づくと、ベーシックカラーで整えたいつものコーデに少し物足りなさを感じ、夏らしい明るさが欲しくなります。イエロー、オレンジ、グリーン……元気な色は服で取り入れるのも素敵。でも、バッグやシューズのような小物なら気負わずチャレンジしやすいですよね!

「カラー小物」といえば、わたしは春から赤のバッグを頻繁に持つようになりました。「赤」は難易度が高いように思え、以前はあまり手を出さなかったアイテム。でも、小さく入れると意外に使いやすく、そしてカワイイ!ベーシックなコーデを簡単に変化させてくれるので、今では気軽に使うようになりました♪
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_2
最近までは、この赤いバッグ1点で満足していたのです……でも!次第に暑い日が増えてサンダルを履くようになってから、この赤いバッグの魅力はさらに広がることに気づいたのです。

それは、「黒のサンダル」と一緒に使うこと。サンダルはサンダルでも、今年らしい細身のストラップサンダル。パンチの効いた「赤」をエレガントに抑える「華奢な黒」……この2点がタッグを組むと、コーデの「甘辛バランス」が絶妙。カジュアルからエレガントまでさまざまなコーデに合わせられるようになります!
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_3
例えば、スカートやワンピースのようなフェミニンスタイル。そして、デニムを使ったカジュアルコーデ……辛口の「赤バッグ」と甘口の「黒サンダル」のセットならバランスが中和され、フェミニン&カジュアル、どちらの雰囲気にも上手くマッチしてくれるのです♪
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_4
以前なら「バッグとシューズの色はおそろいにしよう!」……と、小さな小物は2点合わせるとより映えることがあるので、赤もこのように2点一緒に使うことがありました↓

その頃はまだ年齢も若く、それもまた新鮮だったのかもしれません。でも、今はもう少し控えめな赤の使い方が好きになりました。赤は2点入れると主張が強すぎることがあり、バッグとシューズ、逆にどちらも映えなくなってしまったり、年齢的にも赤は減らしたほうが使いやすさが上がりそう!
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_5
……ということで、「赤は小さく1点」。シューズを黒いサンダルに替えたところ、バッグの存在感がグンとアップ。同時に大人っぽさや品のよさも増しました↓
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_6
色を減らしたこともそうですが、よりエレガントな印象になったのは「ストラップサンダル」の力が大きいです。今年らしい華奢なサンダルが、スパイスの効いた元気な赤がハリきりすぎるのを抑えてくれます。

「黒いシューズならなんでもいいか」というとそうでもなく、やはり微妙にニュアンスが変わります。例えば、素肌があまり見えないレザーパンプスは、赤をハードな印象に寄せやすく、また、同じサンダルでも「トング」の場合はカジュアルすぎて「赤」をエレガントに寄せる力に欠けます。「素足のヌーディー感」「低ヒール」など、すべてのバランスがとれた華奢なサンダルが、赤いバッグにはちょうどいいのです!
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_7
では、赤いバッグを取り入れようと思ったらどんなデザインを探せばいいのでしょうか?……わたしがオススメするのは「本革」を使ったレザーバッグです。赤を使い慣れていなかった頃は、「いつかは飽きる」と安価な素材を買うこともありました。でも、「使える」と確信してからは思いきって本革にチェンジ。コーデにも深みが増すようになりました!

サイズは小さめのほうが「こなれ感」が出しやすく、コーデにも合わせやすい印象です。ストラップが付いているデザインなら、できれば「チェーン」がオススメ。ストラップが本体と同じ赤いレザーになってしまうと少々幼く見えがちで、赤の主張が強くなります!
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_8
このバッグについては、今日の「オマケのコスパ」でご紹介しています!
さらに、ストラップを取り外すことができるタイプなら「クラッチバッグ」としても使え、使い方もさらに広がります。
赤いバッグはストラップの有無だけで印象が大きく変化。遊びゴコロのあるチェーンを外すと「辛口」の表情。大人のコーデにピタリとハマってくれます。
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_9
この小物セットがあれば、いつものコーデがセンスアップ。小物の組み合わせをあれこれ考える必要がなく、時短でエレガントなコーデが完成します★
Day1:ネイビー
赤を一番簡単に、かつ洗練された印象に見せてくれる「ネイビー」。いつもの「紺ブレ」に持つバッグを赤にチェンジするだけで、さわやかな空気感をもたらします。「ネイビー・ホワイト・レッド」の配色はどこかフレンチテイスト。赤がポイントで可愛らしく映えます。
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_10
赤は「ボーダー」とも好相性。紺ブレに重ねるインナーをボーダーにチェンジするだけで、さわやかで夏らしい印象に。
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_11
Day2:キャメル
春にトレンチコートを着ていた時に気づいたのが「赤×キャメル」の絶妙な組み合わせ。元気な赤が茶系でマイルドに変化し、持ちやすくなると同時にセンスアップできるカラーコンビです。ドット柄もまた、赤いバッグをフレンチテイストに見せてくれる相性のいいアイテム!
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_12
Day3:デニム
「白Tシャツ×デニム」のようなさわやかなカジュアルコーデにも、エレガントな2点の小物がぴったりハマります。足もとが華奢なサンダルになることで、デニムがカジュアルダウン。肩に巻いたニットの色をサンダルの黒に合わせると、さらにまとまり感が生まれます。
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_13
Day4:黒ワンピース
赤と黒の小物セットが最大限に映えるシンプルな黒いワンピース。これだけで「よそゆき」コーデが完成です。バッグに本革をオススメするのは、このようなシンプルコーデの時にバッグの「質」が目立ちやすいからです。上質な革を選べば赤が上品見え!
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_14

Day5:アースカラー

赤はブラウンやカーキのようなアースカラーとも相性がいいですね!夏は特によく着る色なので、コーデがマンネリ化してきた時にはバッグで変化をつけられそう。ハーフパンツの時は、バッグのチェーンを外して「クラッチ」として持つとカジュアルすぎない雰囲気に。
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_15
普段着のデニムやTシャツも、この2点を合わせればちょっとしたお出かけコーデに。シンプルな服ほど赤の華やかさが目をひきます。
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_16
「今日のコスパポイント」
①服を買い足さず、バッグの色だけでコーデが夏らしく変化
②2点のセット使いで、小物に悩む時間を削減
③カジュアルもエレガントもジャンルを問わず使える着回し力


……買うには勇気が要るような色も、素敵なデザインや上質な素材を選べば最愛の1点になります。着回しもさらに広がるので、一歩踏み出して新鮮な夏のコーデを楽しんでみて下さいね!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

★オマケのコスパ★第7回

「かぶらないブランドを持ってみよう」

今日ご紹介した赤いバッグのブランドをご存じの方は、まだほとんどいらっしゃらないかもしれません。もしかしたら日本のどこかで手に入るかもしれませんが、このネームがついたバッグを持っている方を、まだお見かけしたことはないんです。

誰が見ても一目でわかるようなラグジュアリーなブランドバッグも魅力的ですが、誰ともかぶらない(かぶりにくい)ブランドを探して使ってみるのもまた楽しいもの♪

「これはいつか絶対日本ではやりそう」…今、そんなことをひとりで勝手に予測している、秘密にしておきたい「パリ発」の素敵なバッグブランドを二つご紹介してみたいと思います♪
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_17
まずは「bobbies PARIS(ボビーズ パリ)」。2010年に2人の男性コンビによって立ち上げられた、主にシューズとバッグを作っているブランドです。ボビーズのアイコンでもある、この「Ancône」シリーズがとにかくカワイイ!

このバッグは「色」に心を奪われると思います。日本人に好まれやすいベーシックカラーをはじめ、カラー系はどれもマイルドで優しい色が中心。まさに「ツボ」に入ってしまい、私は色がひとつに絞れずサイズ違いで2点購入。普段使いやすい「ブラック」と、今シーズンの新色「レモネード」を選びました。

サイズは全4種類と豊富な展開です。「レモネード」は一番小さなタイプ、「ブラック」はそのひとつ上の大きさ。この上に2サイズありますが、一番大きくても横幅「28㎝」と、全体的に小ぶりなサイズ感が魅力のバッグです。

小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_18
どのサイズを選んでも、バッグには取り外し可能なストラップがついています。ハンドでもショルダーでもどちらも楽しめるのがポイント。
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_19
イタリア製のグレインレザーを使い、スペインとポルトガルのアトリエで丁寧に作られたバッグは高級感たっぷり。

ちなみに、お値段はわりとお手頃です。私が持っている二つのサイズは、現地価格でどちらも3万円台でした(価格は変動する可能性があります)。

このクオリティを考えるとコスパが高いです!
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_20
続いてのパリ発ブランドは、2013年に誕生した「TAMMY & BENJAMIN(タミー&ベンジャミン)」。

パリらしいレトロな雰囲気を残しながら、モダンなスパイスが効いたバッグ。色やデザインが豊富で、選ぶのに時間がかかってしまうお店です。今日の記事に取り上げた赤いチェーンバッグはこのブランドの商品でした↓
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_21
決して奇抜というわけではないのに、ひとつひとつが個性的。それぞれのバッグに表情があるので、シンプルな服でも「地味見え」させにくく、ランクアップして見せてくれるのがポイントです♪
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_22
このブランドの品質もいうことなし。イタリアのフィレンツェとスペインにアトリエを構えています。

先ほどの「bobbies」と同じように価格もお手頃で、例えば、この赤いチェーンバッグは現地価格で3万円台でした(価格は変動する可能性があります)。
小物でおしゃれ上級者! バッグに「赤」の選択肢【40代おしゃれコスパ論 #07】_1_23
「はやり」という目線で選ばず、自分で探したものは本当に好きなデザイン。流行が去ってしまう恐れもなく長く使い続けられ、とても心地のよい買い物になりますね!

「これから日本ではやったらすごいな」「でも、それもちょっと寂しいな」……と、勝手にひとりで考えながらワクワクしている今日この頃です♪


(ご紹介したブランド)*海外サイトになります
*次回の更新は「5/21(日)」です

  

Shopping News トレンドがわかる、買える!

AND MORE

What's New 新着記事

AND MORE

Recently Checked チェックしたアイテム

    AND MORE

    ×

    この記事をクリップしました!