美女組No.123Mariのブログ
美女組:No.123 Mari

No.123 Mari

外資金融機関勤務

ワーキングマザー

娘(16歳)と息子(13歳)、夫を連れて9年前に共働き当たり前の香港に移住。
最近、働きながら香港大学MBAを取得。

香港、アジア、海外全般、海外子育て事情、おひとりさま時間、キャリア組、アラフォーライフなどのコンテンツを中心にお届けします!

Instagram:@ No.123Mari

次世代国家シンガポールがアツい。

シンガポールのイメージってどんなでしょう?実はこれでもかという色んな戦略が詰まっている国なんです。
再びシンガポールへの出張。

もうシンガポールについてもだんだん学べてきましたよ。

飛行機を降りてすぐに気づくのは空港内の緑の多さなのではないでしょうか。
シンガポールって緑化にもとても力を入れていて空港から市内への道並みにもこれでもかというほどの木々が生い茂っています。ガーデンシティとも呼ばれるシンガポールの緑化政策は意外と歴史が古く、マレーシアから独立した50年前ほどです。直射日光の強いシンガポール。少しでも日射を避けるため、スコールなどの雨を凌ぐため、沢山植物が植えられて、さらに法律でメンテナンス部分でも強化をしたり、壁面緑化すれば50%もの助成金を出したり様々な手法で進められてきたそうです。
  • 次世代国家シンガポールがアツい。_1_1-1

  • 次世代国家シンガポールがアツい。_1_1-2

それが功を奏したのか、香港と比べてこの空気の透明度。
香港では霧なのかPM2.5なのかいつも曇ってますから。。。
シンガポールの夜景がとっても美しくって。

シンガポールの歴史や色んな国家戦略を学ぶのが今は楽しくって、交通渋滞や教育、人口確保などなど色んな工夫があるのでちょこちょこシンガポールの皆さんに質問しては感心するばかりです。
日本にもこんな自治体が増えていくのかな?

今回も残業多くてホテルとオフィスの往復で終わってしまったシンガポール。
新しくオーストラリアベトナミーズのフォーのお店を発掘しました。
いつものぺらぺらのお肉ではなく、なんと柔らかくジューシーなリブアイが。
めっちゃくちゃ美味でした。次回もぜひ食べにいきたい!
  • 次世代国家シンガポールがアツい。_1_2-1

  • 次世代国家シンガポールがアツい。_1_2-2

What's New

Read More

Feature

Ranking