王道ファンタジーラブコメ「青い海の伝説」の シン・ウォンホ(CROSS GENE)さんインタビュー

王道ファンタジーラブコメ「青い海の伝説」の シン・ウォンホ(CROSS GENE)さんインタビュー_1_1
 泣く子も黙る美男美女、イ・ミンホさん、チョン・ジヒョンさんの大スター二人が共演の大型ヒットドラマ「青い海の伝説」。韓国に伝わる人魚物語をモチーフにしたファンタジーラブロマンスもので、脚本は「星から来たあなた」、「棚ぼたのあなた」、「逆転の女王」のパク・ジウンさん、演出は「華麗なる遺産」のチン・ヒョクさん。コミカルな演技もチャーミングなチョン・ジヒョンさんの、シャネル、セリーヌ、ステラ マッカートニー、ミュウミュウなどハイブランドの着こなしもとっても素敵で、ファッションウォッチングも楽しい。スペインやパラオでもロケをしていて、まさに眼球浄化、美しさのスケールが段違いだ。この作品で、天才ハッカー、テオ役を演じたのが、人気グループCROSS GENEのシン・ウォンホ(SHIN)さん。本人もキャスティングされた時には想像できなかったという展開で、久しぶりのドラマ出演から、大きな収穫があったと、流暢すぎる日本語で語った。

●「青い海の伝説」は、ウォンホさんにとってどんな作品になりましたか?ドラマの見どころは?
ー4年ぶりのドラマ出演で、迷いのあった自分に、はっきりとした道を決めてくれた、大切な作品になりました。久しぶりの演技で、緊張しすぎて何もできないほどだったんですが、イ・ミンホさん、イ・ヒジュンさん、チョン・ジヒョンさん、先輩たちが僕をフォローしてくださって、無事に撮影を終えることができたので、これからも恥ずかしくない後輩でありたいと思ってます。ドラマの見どころは、テオの可愛い顔です(笑)。

●イ・ミンホさん、チョン・ジヒョンさんとの共演はどうでしたか?現場の雰囲気は?
ー現場は楽しかったです。スターの本当の姿を、皆さんと同じ立場で僕も知りたいな、と思ってたんです。本当は性格が悪いんじゃないか、冷たいんじゃないかとか(笑)。でも実際にお会いしたら、優しい方々で、人として、役者として学ぶことがたくさんある方々で、夢を持たせてくれる先輩たちでした。

●イ・ヒジュンさんとのシーンは、アドリブがあったりしましたか?
ーイ・ミンホさんとチョン・ジヒョンさんがロールモデルだとしたら、イ・ヒジュンさんは僕にとって、”かっちり先生”でした。「僕がこうするから、こうやった方がいいよ」とか、先生みたいに指導してくださって。今でも仲が良いです。「教えた本を読んでる?」とか「練習してる?」とか聞いてくれたり。家にも遊びに行ったんですよ、奥さんがトップモデルのイ・へジョンさんで、僕のファンなんです(笑)。

●「ドキドキ再婚ロマンス~子供が五人」、「秘密の森」でも大活躍のシン・ヘソンさんとのシーンで、思い出に残っているエピソードはありますか?
ー撮影は、チームがいくつかに分かれていて、シン・ヘソンさんと一緒のシーンは実際は、ちょっとしかなかったんです。ドラマの展開が面白かったので、もう少し仲良くなった状態で臨めたらよかったんですが、監督にもじゅうぶん表現できたと言ってもらえてよかったです。

●子役のシン・リナさんは、「被告人」でも共演者たちのハートを溶かしていたようですが、いかがでしたか?
ーリナちゃんは人見知りが激しいほうなんですが、僕のことがいちばん好きって言ってくれたんです。初めはみんなをおじさんて呼んでいたんですが、僕だけ、年齢差20歳ですけど、オッパ(お兄さん)と呼んでくれたんですよ~(笑)。子供に人気があるんです、僕、そこには自信があります(笑)!!

●演ずることのどんなところが面白いですか?共演してみたい役者さんは?
ー演技の何が面白いか、まだ言えるレベルじゃないですが、自分じゃない他人の人生を生きるのがすごく魅力的だし、そこで間接経験できるのも楽しくて、神秘的。ドラマ撮影中の3ヶ月だけ別の人になれるのは、役者にしかできないことだと思います。
共演したい役者さんは、イ・ミンホさんです。またチン・ヒョク監督のドラマで共演したいです。僕を救ってくれた方々に、成長した自分を堂々と見せることができる日が来たらいいなと思うんです。

●ドラマに出ることで、CROSS GENEでの活動に相乗効果があると思いますか?
ー「青い海の伝説」を観て、CROSS GENEのファンになってくださった方もたくさんるので、嬉しいです。特に、インドネシアですごくドラマが人気で、空港に人が殺到して、誰かスターが来るのかなと思ったら、テオ、シン・ウォンホコールが(笑)。警察や軍の方がボディガードしてくれたんですよ!人がいないはずの撮影場所にもファンがたくさん!

●国内外を問わず、好きなドラマや映画はありますか?
よく聴く曲やアーティストは、FMヨコハマのウォンホさんの番組で紹介している曲などですか?
ードラマは「コード・ブルー」!ラジオ番組の選曲は僕がしているので、そうです。K-POPを日本に紹介する責任があると思っているので、頑張っています!

●高所恐怖症だそうですが、ほかに苦手なのは?
ーニンニクです。でも多分もうすぐ好きになると予想しています(笑)。20歳を超えたら好き嫌いが無くなるっていうじゃないですか。タマネギも高校生になるまでダメだったんですけど、今は大丈夫だから。

●日本で行ってみたいところはありますか?日本のどんなところが好きですか?
ー挑戦したいのが、讃岐うどんを巡るツアーです。「UDON」という映画が好きで、5回くらい観ていて。CROSS GENEの全国プロモーションで行ったことのある、仙台の牛タン、福岡の博多ラーメンもまた食べに行きたいんです。中学か高校生の時に観た「ホタルノヒカリ」に出てきたゴーヤチャンプルーをずっと覚えていて、沖縄で食べてみたいです。日本の好きなところは、「NARUTO-ナルト-」、「ONE PIECE」、「スーパー戦隊」、「仮面ライダー」。日本を好きにしてくれた作品たちです。「BORUTO-ボルト-」も読んでます。

●ハマっていることはありますか?
ビーフシチュー。最近、日本に来るといつもビーフシチュー食べてるな、と。美味しいお店教えてください。作り方も教えて欲しいです。

●ファッションに興味があって、色々なスタイルに挑戦するのが好きだそうですが、どんなところでショッピングしますか?
ー原宿のCANDYとかで、スタイリストさんにアドバイスもらいながら。ソウルでは新人デザイナーの服が揃っているセレクトショップによく行きます。新しいアイデアがたくさんあるので見に行ったり。普段、自分の好きな格好をしているんですが、個性的と言われても気にしないです(笑)。自己満足も大事。誰がなんと言おうと。一途なところはテオと近いと思います!

●日本語検定2級のウォンホさんの、好きな日本の言葉は?
ー(間髪を入れず)問答無用です。

 ウェブドラマ「世界の全ての恋愛に(原題)」に続き、9月から放映中のハン・イェスルさんの弟役を演じている「20世紀少年少女(原題)」でも活躍中だ。流暢な日本語で、ジョークも飛ばしながらの、明るく前向きなウォンホさんのトークに、スタッフも始終笑いっぱなしだった。彼の活躍の場は、問答無用にどんどん広がって行きそうだ。

王道ファンタジーラブコメ「青い海の伝説」の シン・ウォンホ(CROSS GENE)さんインタビュー_1_5
王道ファンタジーラブコメ「青い海の伝説」の シン・ウォンホ(CROSS GENE)さんインタビュー_1_6
王道ファンタジーラブコメ「青い海の伝説」の シン・ウォンホ(CROSS GENE)さんインタビュー_1_7
王道ファンタジーラブコメ「青い海の伝説」の シン・ウォンホ(CROSS GENE)さんインタビュー_1_8
青い海の伝説 DVD&Blu-ray情報 DVD-BOX1<日本編集版>(24,000円+税) Blu-ray BOX1<韓国放送版>(27,000円+税) 2017年12月6日発売 DVD-BOX2<日本編集版>(24,000円+税) Blu-ray BOX2<韓国放送版>(28,000円+税) 2018年1月10日発売 発売元:アクロス、ポニーキャニオン、韓流ぴあ、COPUS JAPAN 販売元:ポニーキャニオン (C)STUDIO DRAGON CORPORATION


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • ファン待望New Single「Emotion」リリース!チャン・グンソクさんロングインタビュー

    5月26日に、シングルとしては4年半ぶりとなる「Emotion」をリリースしたチャン・グンソクさん。子役時代からドラマや映画で活躍してきた彼は、歌手として日本デビューも果たしマルチな才能でファンを魅了してきました。昨年5月に約2年に及ぶ社会服務要員としての服務を終え、アーティストとして再始動!今年3月の配信シングル「Star」が、たちまちLINE MUSICリアルタイムチャートで1位になるなどそのカリスマぶりを発揮。しなやかに、そしてパワーアップして帰ってきた唯一無二のエンターテイナー&伝説のスター、グンソクさんにたっぷりお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年5月28日

  • 泣ける!イ・ジェフンさんの「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」

    「この人の作品なら何はともあれ観てみよう」と思う俳優のひとりが、「シグナル」のイ・ジェフンさん。彼は映画やドラマでおなじみの演技派俳優ですが、2016年に観た「シグナル」は作品の完成度が衝撃的で、私的ベスト10ドラマのひとつです。先月約2年ぶりに「模範タクシー(原題)」でドラマ復帰したジェフンさん。Netflixオリジナル作品「ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です」は、ファン待望の彼の最新ドラマでもあります。5月14日に配信スタートしたこの作品は、ジェフンさんと、「愛の不時着」のタン・ジュンサンさんの共演でも話題。「悪霊狩猟団カウンターズ」も痛快だったし、極上エンターテイメント「ヴィンチェンツォ」に心奪われ、全員が怪しいサスペンスの極み「ロースクール」もだいぶ面白くハマっていますが、派手さはなくとも温かい涙を誘う系のこんなドラマも必須です!!

    韓流NEWS

    2021年5月17日

  • 顔の天才、チャウヌさん(ASTRO)が語る「女神降臨」!

    次から次へと、手に余るほど麗しい俳優を世に送り出す韓流ドラマ。いま、最も注目されている美男ツートップは、完璧なスタイルで27歳には見えない童顔、声も魅力的なソン・ガンさんと、顔の天才と言われる、アイドルグループASTROの多才なチャウヌさん。二人とも漫画から飛び出てきたようなイケメンで、とくにチャウヌさんは、「推しは推し、チャウヌはチャウヌ」(韓国語でチェチェチャチャ)という新造語があるほど、誰もが認める圧倒的存在。そんな彼の、演技ドル(演技もできるアイドル)としての話題の最新ヒット作ドラマ「女神降臨(原題)」が日本でも始まります!

    韓流NEWS

    2021年4月19日

  • ソン・ジュンギさんの怪演が話題!「ヴィンチェンツォ」の沼にハマる

    「愛の不時着」「梨泰院クラス」に続くNetflixのヒットドラマとなっているのがソン・ジュンギさん主演の「ヴィンチェンツォ」。ドラマ好きの間では、2019年の名作「熱血司祭」の脚本家パク・ジェボム作家と、美しい映像とていねいな演出が印象的だった「王になった男」のキム・ヒウォン監督、制作がスタジオドラゴン、韓国放映が良作ドラマで知られるケーブル局tvNというだけで心待ちにしていた作品です。Netflixの人気ランキングトップにも輝き、韓国でも話題沸騰中。裏切り、どんでん返し、何でもありでときにじんわりさせられ、そしてテンポよくサイダーのように痛快、爆笑を誘うウィットに富んだセリフがそこここにちりばめられた、韓国ドラマの真骨頂。存分に楽しめます!

    韓流NEWS

    2021年4月13日

  • アカデミー賞候補!穏やかな余韻の残る『ミナリ』

    ウィットに富んだ台詞に笑え、そこここでじんわり泣ける、決して派手なドラマではないけれど、私好みど真ん中だった最近のドラマ「(知っていることはあまりないけれど)家族です(原題)」。「恋愛ワードを検索してください:WWW」の監督、主人公を演じるのが演技派ハン・イェリさんというだけでも魅力的で、虜に。そして、いま話題のアメリカ映画『ミナリ』でも、このイェリさんの演技に世界の注目が集まってます。『ミナリ』はゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞、世界で78冠を記録。4月に予定されているアカデミー賞にも、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、作曲賞にノミネートされています。この映画もまた、”家族”を描いた温かな作品。彼女は、音楽を担当したエミール・モッセリ作の「Rain Song」も歌っていて、これがまた印象的。穏やかな余韻を残し、とっても素敵です。イェリさんのコメントとともに、日本で3月19日に公開される映画『ミナリ』を紹介します!

    韓流NEWS

    2021年3月19日

  • SHINee is back !!華麗なるカムバック、ここからが新たな始まり

    2008年のデビュー以来、K-POP界を牽引してきたSHINeeの7枚目となるフルアルバム『Don’t Call Me』が2月22日に発売され話題となっています。2018年9月のフルアルバムからほぼ2年6ヶ月ぶりとなったファン待望の新譜で、進化し続ける王道カリスマK-POPアーティストの風格を披露!SHINeeらしさ炸裂で、リリースとともにiTunesトップアルバムチャートでは世界45カ国で1位に輝き、華麗なる復活ぶりはまばゆいばかり。多彩な9曲を収録したアルバム、是非聴いてみてください!

    韓流NEWS

    2021年3月1日

  • 社会派医療捜査ドラマ「ドクター探偵」に抜擢、日韓で活躍する藤井美菜さんインタビュー

    久しぶりに胸を打たれ、一気観したドラマ「ドクター探偵」。ドキュメンタリーで知られるパク・ジュンウ監督が初演出、脚本は職業環境医学科の専門医ソン・ユンヒ作家が担当、「現実よりもリアル」と言われた、実話ベースの痛快な社会派医療捜査ものです。産業災害、人為的な環境災害、職業病などにスポットを当てた斬新なこのドラマは、2019 SBS演技大賞では、パク・ジニさんが最優秀演技賞、イ・ギウさん、パク・ジヨンさんが優秀演技賞にノミネート。パク・ジニさんの娘ソリンを演じたチェ・ユリちゃんも子役演技賞に、チョン・ガンヒさんが新人賞にノミネートと健闘。大賞は、こちらも大好きなドラマ「熱血司祭」のキム・ナムギルさんが受賞しましたが、パク・ジニさんにも何がしかの賞をとって欲しかった作品です。ポン・テギュさん、「サイコだけど大丈夫」のクァク・ドンヨンさんら俳優陣の演技も真に迫り、どっぷりハマって一気に観終わってしまったほど。ドラマの軸となるUDC(未確認疾患センター)分析チームのチーム長ソク・ジニ役に、「ハルとアオのお弁当箱」、映画『潤一』など日本をはじめ韓国、台湾でも”女神のように美しい”と崇められ活躍中の藤井美菜さんが抜擢されたことも話題となりました。美菜さんは、化学分析学を専攻後、日本から韓国にやって来た天才肌のジニを魅力的に演じ、フレッシュな存在感を放っています。そんなチャーミングな彼女にお話をうかがいました!

    韓流NEWS

    2021年2月23日

  • N.Flyingのジェヒョンさんが、日本のドラマ「君と世界が終わる日に」で魅力を発揮!

    韓国の人気ツインボーカルバンドN.Flyingのドラマー、キム・ジェヒョンさん。彼が日本に長期滞在し、1月17日から放映中の日本テレビとHulu共同製作ドラマ「君と世界が終わる日に」に出演、話題となっています。世界中でヒット作が続く、噛まれたら終わりのゾンビサバイバルドラマに、竹内涼真さん、中条あやみさん、飯豊まりえさんら豪華キャストと肩を並べてユン・ミンジュン役を熱演中です!仲良しのメンバーたちと離れ、初めての一人暮らしにも慣れたそうで、やる気満々のジェヒョンさんがインタビューに、流暢な日本語で答えてくれました。ジェヒョンさんが竹内涼真さんを、涼真ヒョン(お兄さん)と呼ぶので、他のキャストもそれにならったり仲睦まじい撮影現場のようです。

    韓流NEWS

    2021年2月1日

Read More

Feature

Ranking