アイドルから人気俳優へ。 パク・ヒョンシクさんファンイベントで来日!

2017年9月26日
 2010年K-POPグループZE:A(ゼア)のボーカル担当としてデビュー、最近は俳優としても活躍中のパク・ヒョンシクさんが、8月末に、ファンイベント「2017 PARK HYUNG SIK FANMEETING IN JAPAN 夏の日、僕らの一歩 」で、約1年ぶりに来日。ソウルでのイベントに続き、大盛況だった。
 2013年のドラマ「相続者たち」で俳優として注目されだしたヒョンシクさん。「「相続者たち」は、イ・ミンホさんたちがメインだったから出番も少なかったし、演じた役も、何も考えていない役で、何も考えず演じたのが役と一致していてちょうど良かったのかも。今演じたら同じようにはできないと思います(笑)」。2014年には「家族なのにどうして~僕らの恋日記~」で、がむしゃらに頑張る豆腐屋のダメ息子を好演、その年の新人賞を受賞する快挙だった。これにはまったく予想していなかったそうで、受賞スピーチでは、驚きが隠せず、ただ頭に浮かんだことを話すのが精一杯だった、というエピソードも。「新人賞は人生で一度しかいただけないものだから、本当に嬉しかったし驚きました。この作品では、撮影中に、たくさんの大先輩の役者の先生方が、何も知らない僕に、演技のポイントから、単語の長音や短音までたくさんのことを教えてくださったんです。俳優として成長できた作品でした」。そして、ドラマ「上流社会」以降、御曹司、王子、CEOの役が続いているパク・ヒョンシクさん。「僕は役で、豆腐を投げつけられていた頃もあったけど、今はいい服を着て、いい車に乗って、いい家にも住めるようになりました(笑)」と冗談も。
 
 DVDが発売されたばかりの、初となる時代劇「花郎<ファラン>」での思い出は、「とにかく暑かったことです。慶州(キョンジュ)で撮影していたんですが、39.5度の日もあったんですよ。暑さのため、外出しないようにと放送が流れたり、その辺りでは大騒ぎだったのに、僕たちは重い衣装やカツラもつけて、馬に乗って戦ったりしていたんですよ!(笑)」また、この春記録的なヒットドラマとなったラブコメディー、「力の強い女 ト・ボンスン」で演じた主人公アン・ミンヒョク役は、今まででいちばん、自分に似ていたといい、共演したパク・ボヨンさんに「(アン・ミニョクと同じくらい)この人、頭おかしい!」と言われたこともあった、と告白し笑いを誘った。ちなみに、このドラマのヒョンシクさんは、ほんとうにチャーミングなので、必見!!!
 
 今後挑戦してみたい役は?との質問には、「同じ事務所の先輩、ユ・アインさんが映画「ベテラン」で演じた男っぽい役で「あきれるぜ(流行語になったセリフ)」みたいなセリフも言いたいです」と笑った。「男バージョンのト・ボンスンもいいですね。「力の強い男 アン・ミニョク」!怪力を使ってウワーっと!」と車をひっくり返すアクション。「「アイアンマン」や「トランスフォーマー」などヒーローもの、バンパイアものもすごく好きなので、やってみたいです。やったことのない役の方が多いですからね」、と答えた。
 
 自分らしさを大切にしながら、枠にはまらず、期待される俳優でありたいという抱負も。イベントでも「花郎<ファラン>」と「力の強い女 ト・ボンスン」の自身が歌ったOSTはもちろん、日本語で平井堅の「瞳を閉じて」も熱唱、彼の魅力を存分に発揮。また、日本には美味しいものがたくさんあるから、次は旅行で是非満喫したいとも。今回の滞在中は、稲荷寿司やカレーうどんを食べたそうで、カレーうどんのスープは美味しくて一気飲みしたほどだとか。辛いラーメンを食べに行こうか考え中と、演じる役柄とは違い、いたって庶民派、愛嬌たっぷりのヒョンシクさんだった。
(C)Jcontentree corp. all rights reserved. 「力の強い女ト・ボンスン(原題)」 CS放送局「衛星劇場」にて、9月29日(金)よりアンコール一挙放送! 平日 午前5:00~7:30(2話連続放送)
「花郎<ファラン>」DVD-BOX1・2 発売日:2017年9月20日 発売・販売元:ポニーキャニオン 価格:各¥18,000(本体)+税 Vol.1~6  2017年8月2日レンタル開始 Vol.7~12 2017年9月6日レンタル開始 Licensed by KBS Media Ltd. (C)2016 HWARANG SPC. All rights reserved


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「猟奇的な彼女」で役者としても活躍、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)の魅力

      CNBLUEのベーシストとして人気のイ・ジョンシンさん。「いとしのソヨン」などヒット作ドラマでも頭角をあらわしてきた俳優でもある。最新作、時代劇ラブコメ「猟奇的な彼女」では、ヒロインに心を寄せる、王の忠臣、凄腕剣士の従事官役を見事に演じ、役者の幅を広げた。そんなジョンシンさんのこの作品、そして演技に対する思い、魅力とは?

    韓流NEWS

    2018年2月8日

  • ミュージカル『マイ・バケットリスト』のテウンさん(SNUPER)インタビュー

     ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』。不良少年カングと余命宣告を受けたヘギの物語です。2014年からソウルで上演されて来たこのヒットミュージカルが、昨年日本に上陸し話題に。今年も2月にキャストを変えて、初めて日本語版で上演されます!ヘギ役のSNUPERのリーダー、テウンさんが「まだまだです」と謙遜しながらも流暢な日本語でインタビューに応じてくれました。初顔合わせとなるCROSS GENEのキム・ヨンソクのさんとの二人芝居、どんな化学反応が起き、新たな魅力を放つ作品になるのか楽しみです。

    韓流NEWS

    2018年2月1日

  • いつも温かい気持ちにさせられる パク・ボゴムさんの格別なファンイベント

     昨年2月に行われた初めてのファンミーティングも、おもてなし精神たっぷりの、優しい人柄が伝わるイベントで5千人を迎え大盛況でしたが、10ヶ月ぶりとなったクリスマスイブ、日本公式ファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>では、その倍のファンを魅了したパク・ボゴムさん。地上波で「雲が描いた月明り」が放映されたことも手伝って、より多くのファンが集まりました。  

    韓流NEWS

    2018年1月23日

  • 「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

    「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

    デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

    3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2018年1月5日

  • 注目の俳優4人組”One O One”来日インタビュー

    One O Oneは、同じ事務所のクァク・シヤン、クォン・ドギュンさん、ソン・ウォンソクさん、アン・ヒョソプさんの4人からなる若手俳優プロジェクトグループ。「ああ、私の幽霊様」で注目、ユ・アインさんとの「シカゴ・タイプライター」でも難しい役どころを好演、脚光を浴びたシヤンさん、ちょうどわたしが観終わったばかりのホームドラマ「お父さんが変」に兄弟役で出演し、お茶の間の幅広い視聴者から支持されたウォンソクさんとヒョソプさん(ちなみにこのドラマでも人気女優イ・ユリさんの怪演ー怖くないんですけど笑ーが爽快でした)、「20世紀少年少女」にも出演したドギュンさん。皆とても仲よさそうで、本当の兄弟のような和気あいあいとした雰囲気。全員186~188cmと長身の、優しい紳士たちでした。この日はウォンソクさんのお誕生日だったので、バースデーケーキを差し入れると、勉強しているという日本語でお礼まで。今後の活躍にも注目の4人です!

    韓流NEWS

    2017年12月26日

  • 日本で初ワンマンライブを開催する実力派女性シンガー、LEE HI(イ・ハイ)さんインタビュー

     2012年、韓国SBS-TVオーディション番組「K-POPスターシーズン1」で、16歳とは思えないソウルフルな歌唱力を披露し、準優勝。怪物新人としてデビューし、チャートを席巻してきたLEE HI(イ・ハイ)さん。満を辞しての日本進出を記念し、1月にはコンサートツアーも開催予定です。ドラマ「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のOST「My Love」も記憶に新しい実力派女性シンガーの彼女が来日。インタビューで、この天賦の才の持ち主に会ってみると、本当に可愛らしくてお人形のよう!その可愛らしいルックスとは裏腹の、パワフルな歌声をぜひライブで体感して!!(日本語も勉強中のようで、きれいな日本語もときどき披露してくれました)

    韓流NEWS

    2017年12月19日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords