アイドルから人気俳優へ。 パク・ヒョンシクさんファンイベントで来日!

2017年9月26日
 2010年K-POPグループZE:A(ゼア)のボーカル担当としてデビュー、最近は俳優としても活躍中のパク・ヒョンシクさんが、8月末に、ファンイベント「2017 PARK HYUNG SIK FANMEETING IN JAPAN 夏の日、僕らの一歩 」で、約1年ぶりに来日。ソウルでのイベントに続き、大盛況だった。
 2013年のドラマ「相続者たち」で俳優として注目されだしたヒョンシクさん。「「相続者たち」は、イ・ミンホさんたちがメインだったから出番も少なかったし、演じた役も、何も考えていない役で、何も考えず演じたのが役と一致していてちょうど良かったのかも。今演じたら同じようにはできないと思います(笑)」。2014年には「家族なのにどうして~僕らの恋日記~」で、がむしゃらに頑張る豆腐屋のダメ息子を好演、その年の新人賞を受賞する快挙だった。これにはまったく予想していなかったそうで、受賞スピーチでは、驚きが隠せず、ただ頭に浮かんだことを話すのが精一杯だった、というエピソードも。「新人賞は人生で一度しかいただけないものだから、本当に嬉しかったし驚きました。この作品では、撮影中に、たくさんの大先輩の役者の先生方が、何も知らない僕に、演技のポイントから、単語の長音や短音までたくさんのことを教えてくださったんです。俳優として成長できた作品でした」。そして、ドラマ「上流社会」以降、御曹司、王子、CEOの役が続いているパク・ヒョンシクさん。「僕は役で、豆腐を投げつけられていた頃もあったけど、今はいい服を着て、いい車に乗って、いい家にも住めるようになりました(笑)」と冗談も。
 
 DVDが発売されたばかりの、初となる時代劇「花郎<ファラン>」での思い出は、「とにかく暑かったことです。慶州(キョンジュ)で撮影していたんですが、39.5度の日もあったんですよ。暑さのため、外出しないようにと放送が流れたり、その辺りでは大騒ぎだったのに、僕たちは重い衣装やカツラもつけて、馬に乗って戦ったりしていたんですよ!(笑)」また、この春記録的なヒットドラマとなったラブコメディー、「力の強い女 ト・ボンスン」で演じた主人公アン・ミンヒョク役は、今まででいちばん、自分に似ていたといい、共演したパク・ボヨンさんに「(アン・ミニョクと同じくらい)この人、頭おかしい!」と言われたこともあった、と告白し笑いを誘った。ちなみに、このドラマのヒョンシクさんは、ほんとうにチャーミングなので、必見!!!
 
 今後挑戦してみたい役は?との質問には、「同じ事務所の先輩、ユ・アインさんが映画「ベテラン」で演じた男っぽい役で「あきれるぜ(流行語になったセリフ)」みたいなセリフも言いたいです」と笑った。「男バージョンのト・ボンスンもいいですね。「力の強い男 アン・ミニョク」!怪力を使ってウワーっと!」と車をひっくり返すアクション。「「アイアンマン」や「トランスフォーマー」などヒーローもの、バンパイアものもすごく好きなので、やってみたいです。やったことのない役の方が多いですからね」、と答えた。
 
 自分らしさを大切にしながら、枠にはまらず、期待される俳優でありたいという抱負も。イベントでも「花郎<ファラン>」と「力の強い女 ト・ボンスン」の自身が歌ったOSTはもちろん、日本語で平井堅の「瞳を閉じて」も熱唱、彼の魅力を存分に発揮。また、日本には美味しいものがたくさんあるから、次は旅行で是非満喫したいとも。今回の滞在中は、稲荷寿司やカレーうどんを食べたそうで、カレーうどんのスープは美味しくて一気飲みしたほどだとか。辛いラーメンを食べに行こうか考え中と、演じる役柄とは違い、いたって庶民派、愛嬌たっぷりのヒョンシクさんだった。
(C)Jcontentree corp. all rights reserved. 「力の強い女ト・ボンスン(原題)」 CS放送局「衛星劇場」にて、9月29日(金)よりアンコール一挙放送! 平日 午前5:00~7:30(2話連続放送)
「花郎<ファラン>」DVD-BOX1・2 発売日:2017年9月20日 発売・販売元:ポニーキャニオン 価格:各¥18,000(本体)+税 Vol.1~6  2017年8月2日レンタル開始 Vol.7~12 2017年9月6日レンタル開始 Licensed by KBS Media Ltd. (C)2016 HWARANG SPC. All rights reserved


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • T2U(from:Block B)、ユグォンさん&テイルさんインタビュー

    個性豊かな7人7色の魅力で人気のアーティスト、Block B(ブロック ビー)。楽曲が好きでコンサートやイベントにも何度か足を運んでいますが、毎回彼らの才能に圧倒されます。スペシャルユニット、T2U(トゥーユー)のツアーで来日した美声で知られるテイルさんと日本語が堪能なユグォン(ユグ)さんにインタビュー!6月20日発売されるデビュー7周年記念の日本オリジナル・ベストアルバム「Block B THE BEST」のお話も伺いました!T2Uの新曲、ソロ曲も含むこのアルバムは、Block Bの軌跡を音、映像、写真で楽しめる超豪華版で、入門編としてもマスト!ぜひ聴いて、観て下さい!!

    韓流NEWS

    2018年6月15日

  • 鼓膜彼氏ソン・シギョンさん、気概を見せる

     韓流ドラマが好きならきっと耳にしたことのある、心奪われるOST(挿入歌)の数々でも知られる国民的歌手ソン・シギョンさん。バラードの皇帝、鼓膜彼氏の異名を持ち、作詞作曲も、そしてスマートで機知に富む人柄から、芸能大賞やゴールデンディスク賞授賞式、バラエティ番組のMCとしても活躍中。そんな彼が日本活動にも本腰を入れ、その気概を高めています。7月には新譜もリリース予定、日本語も堪能で、気さくで面白いシギョンさんにお話を伺いました。

    韓流NEWS

    2018年6月1日

  • 社会現象となったアイドル、Wanna One旋風!

    2017年に放映され韓国で社会現象を巻き起こしたサバイバル番組「PRODUCE 101 シーズン2」。101人の中から”国民プロデューサー”による人気投票で選ばれたメンバーで昨年8月にデビューしたのが、11人組のWanna One(ワナワン)です。2018年12月までの期間限定のプロジェクトアイドルグループというのもユニーク。デビュー3週間で各チャートを席巻、15冠を達成。モンスター級のアイドルとして注目を浴び続けています。そんな彼らが初めてのファンイベントのため来日。5,000人のファンが駆けつけ、会場は熱気に包まれました!楽曲もつい口ずさんでしまうものばかりなので、ぜひ聴いて、観て!

    韓流NEWS

    2018年5月14日

  • 映画『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』ビョン・ソンヒョン監督に聞く

     37歳という若手、才能溢れる『名もなき野良犬の輪舞』のビョン・ソンヒョン監督。彼の商業映画での2作目となるこの作品に出演した、ソル・ギョング、「ミセンー未生ー」のイム・シワン、キム・ヒウォン(「ゴハン行こうよ2」)ホ・ジュノ(「仮面の王 イ・ソン」)といった錚々たる演技派俳優も一目置く存在です。国内外で高く評価された映画で、フィルムノワールと聞くと、暗くて重いイメージですが、この作品は、美しく、ときに笑えて爽快、心にしみる人間ドラマでもあります。先入観なしに多くの人に観てもらいたい!フィルムノワールのイメージとはまったく異なる、シャイで静かな語り口の監督にお話を伺いました!

    韓流NEWS

    2018年5月1日

  • KCON 2018に行ってみました!

     KCONとは、K-POPのみならず、ドラマ、ビューティ、食品や観光なども網羅した、多様な韓国カルチャーを体験できるコンベンション。2012年にカリフォルニアで初開催、日本でも2015年から年々親しまれてきていて、今年で4度目の開催だそう。母娘で楽しむ姿も見受けられ、活気に満ちた幕張メッセ、4月13日から3日間開催の初日に初参戦!盛りだくさんの内容でその人気に納得、目から鱗でした。今年はなんと3日間に68,000人が足を運び、記録更新の盛況ぶりだったそうです。

    韓流NEWS

    2018年4月17日

  • 最旬アイドルTRCNGが日本デビュー!10問100答!

     東京ガールズコレクションの大トリをBLACKPINKが飾るなど、女子中高生の間で大人気のKPOPアイドルたち。最近はKPOPだけでなく、母娘で韓流ドラマを楽しんでいたり、ドラマや映画のファン層も広がっているようです。日本のドラマや映画が韓国でリメイクされたり、「記憶」や「シグナル」のように韓国のドラマが日本でリメイクされたりで、オリジナルに興味を持ってもらえると嬉しいなと思っています。第三次韓流ブームとも言われるKPOP、日本デビューラッシュのアイドルのなかでも、昨年10月に韓国でデビューしたB.A.Pの弟グループTRCNGが、日本でも4月4日にデビュー・シングルを発売、話題となっています。全員2000年&2001年生まれ、子役出身のメンバーも3人いて元気いっぱい。全員がボーカル・ラップ・ダンスをこなす実力派でこれからの活躍が楽しみな若者たちです!!来日オフショットと10問100答とともに紹介いたします!

    韓流NEWS

    2018年4月4日

  • 「マッド・ドック」でブレイク!若手俳優ウ・ドファンさんに注目!

    最近、注目されている4人の若手俳優のひとり、ウ・ドファンさん。彼の最新ヒットドラマ「マッド・ドック(原題)」が日本初放映!!この作品で2017年KBS演技大賞では新人賞を受賞。ドファンさんは映画『MASTER マスター』、ドラマ「君を守りたい〜SAVE ME〜」にも出演しています。俳優の父の影響で役者の道を選んだ、目玉焼きをこよなく愛する青年です。ちなみに他の実力派注目株には「師任堂(サイムダン)、色の日記」「浪漫ドクター キム・サブ」「愛の温度(原題)」のヤン・セジョンさん、「あなたが眠っている間に」「賢い監房生活(日本題:刑務所のルールブック)」のチョン・ヘインさん、「ゴー・バック夫婦(原題)」のチャン・ギヨンさんなどが名を連ねます。どの作品もお勧めなのでぜひ!

    韓流NEWS

    2018年3月23日

  • イ・ミンギさんのキュンとくる「この人生は初めてだから」

    ファン待望!イ・ミンギさんの5年ぶりの主演ドラマ「この人生は初めてだから(原題)」。待ってましたの王道ラブコメで、ゲラゲラ笑えて、時にじんわり泣けるいい作品です。ミンギさんは猫を愛し、他人に興味のない静かな独身主義者を、「お父さんが変(原題)」で人気急上昇のチャーミングなチョン・ソミンさんが脚本家志望のヒロインを演じています。他にも「被告人」のキム・ミンソクさん、「テバク」のキム・ガウンさん、「推理の女王」のパク・ビョンウンさん、映画『ハッピーログイン』のイ・ソムさんなど豪華キャスト!アドリブたっぷりの楽しそうな撮影風景が目に浮かぶ作品です。

    韓流NEWS

    2018年3月14日

Feature

Ranking