働く女の強い味方!「黒ワイドパンツ」にフラットシューズを合わせるなら?

2017年10月1日
アラフォーの味方、ワイドパンツをもっともっといろんなイメージではき回したい!
この秋使える代表的なタイプのワイドパンツを、フラット靴でバランスよくコーディネート!

■もともときれいめなラップ風パンツを ビジュー靴でさらに女っぷり高く

サイドジップで、フロント部分がラップ風になった八分丈ワイド。ほどよくデザインがきいているので、シンプルなシャツと合わせただけでこなれたスタイルが完成。太ももまわりがゆったりしているのも、体型悩みの多いアラフォーにはうれしい。ビジューバックルつきのフラットパンプスを合わせて、さりげなく女度高めに仕上げて。

1/2

2/2

パンツ¥21,000/ラヴァンチュール マルティニーク  シャツ¥25,000/FUN(アイロン) ピアス¥130,000/バーニーズ ニューヨーク(スピネリ キルコリン) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
靴¥38,000/ベイジュ(ピッピシック)

■フォーマル感の強いセミワイドの黒も スニーカーとならカジュアルに楽しめる

ワイドすぎず、落ち感がきれいに出る美脚効果の高い一本。オフィスでコンサバに、はもちろん、スニーカーを合わせたきれいめカジュアルにも大活躍。全身モノトーンにぐるぐる
巻いたストールと黒メガネで、ちょっとボーイッシュな、抜け感のあるスタイルを楽しんで。

1/2

2/2

パンツ¥28,000/スローウエアジャパン(インコテックス) トップス¥32,000/マディソンブルー ストール¥55,000/エストネーション(ファリエロ サルティ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥47,000/コード(ヴァジック)
靴¥49,000/上野商会(フィリップ モデル)

■はき心地抜群なジャージー素材はパープルをきかせてレディ度アップ

短め丈で女っぽくはけて、動きやすさも抜群のジャージー素材。厚すぎず薄すぎない生地なので肉感を拾いすぎず、黒の着やせ効果と相まって下半身をすっきりきれいに見せてくれる。素材がカジュアルめなぶん、足もとはフリンジつきのパープルスエードのパンプスでレディ度高めに。

1/2

2/2

パンツ¥27,000/スリードッツ青山店(スリードッツ)  コート¥79,000/アマン(アンスクリア) カットソー¥12,000/ロンハーマン(ザ・ニューハウス) ピアス¥6,000/ジューシーロック バッグ¥79,000/アオイ(ティラ マーチ)
靴¥24,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン)
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/森 陽子 モデル/五明祐子

What's New

Magazine

Instagram

Facebook

Twitter

Feature

Ranking

Keywords