「猟奇的な彼女」で役者としても活躍、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)の魅力

2018年2月8日
  CNBLUEのベーシストとして人気のイ・ジョンシンさん。「いとしのソヨン」などヒット作ドラマでも頭角をあらわしてきた俳優でもある。最新作、時代劇ラブコメ「猟奇的な彼女」では、ヒロインに心を寄せる、王の忠臣、凄腕剣士の従事官役を見事に演じ、役者の幅を広げた。そんなジョンシンさんのこの作品、そして演技に対する思い、魅力とは?
●「猟奇的な彼女」は、ジョンシンさんにとってどのような作品になりましたか?作品の魅力はどんなところにあると思いますか?
ー映画「猟奇的な彼女」のリメイクですが、原作とは違う作品だと思って観ていただけたらと思います。アクションあり、ロマンスあり、コミカルな部分や政治的なところもあって、楽しんでもらえると思います。映像もとても綺麗で、今でもカメラ監督さんとプロデューサーさんとは、仲良くしているんですよ。(ご本人もカメラの勉強をしたかったほど写真好きなのは有名)

●この作品への出演を決めた理由は?
ー今まで演じたことのない役だったのが大きいですね。お話をいただいたときは、台本がまだ3、4話までしかなかったのですが、面白くて、この先の展開がとっても気になったのも理由のひとつです。今までと違うキャラクターを演じることができたのが収穫でもあります。

●「剣と花」以来再びの時代劇で、複雑な過去を抱える武芸のカリスマ、王女に片思いの役人カン・ジュニョンを演じて、いちばん苦労なさったのはどんな部分ですか?
ー武術の訓練はたくさんしました。9月から3月にかけての撮影だったので、とても寒くて大変でした。でもいい結果が伴ったので、良い思い出になってます。それから、この作品では声のトーンがいちばん重要だと思って、なるべく低めのトーンになるように練習しました。

●撮影現場はどんな感じでしたか?何かエピソードなどありますか?
ー撮影終了後すぐに、CNBLUEのコンサートツアーがあって、撮影中、絶対怪我ができなかったんですが、滝で剣を使うシーンで、手に怪我をしたんですよ。砂利が滑りやすくて、さらに衣装の靴も滑りやすくて。幸い軽い怪我で済んだから大丈夫だったんですけどね。このシーンは、いちばん記憶に残っているシーンでもあります。

●チュウォンさん、オ・ヨンソさんとの共演はいかがでしたか?
ーチュウォンさんとの一緒のシーンは、たくさんなかったのですが、仲良くなったので、もっと一緒に過ごせたらいいのになと思いました。オ・ヨンソさんとの撮影は楽しくて、あっという間に終わってしまった感じです。始まったと思ったら、え、もうドラマも中盤?え、終わり?みたいな感じでした。

●以前、バンド以外の活動も全ていい経験になるとおっしゃってましたが、この作品でもひたむきな演技でファンがまた増えたのでは?表現すること、演技の面白いところはどんなところですか?役者としてのご自身の強みはなんだと思いますか?
ーいろんな表情ができるのが僕の演技の強みだと思います。演技は、同じ役でも、演じる人によって、全く違うものになるのが醍醐味じゃないでしょうか?
今後は、かっこいい役というより、ルーザー(敗者)みたいな役もやってみたいです。

●注目している俳優さんなどいらっしゃいますか?
ーイ・ジェフンさん(「シグナル」や「明日、キミと」でご存知の演技派!)です。実は、彼とはコーヒーを飲みながら話したりする仲なんです。彼は、普段はとても慎重な性格なんですが、いざ演技となると多様で大胆だったり。共演したら、そんな彼から学べることがたくさんあるんじゃないかなと思うんです。

●国内外を問わず、好きなドラマや映画はありますか?
ー日本のドラマはたくさん観ていて、特に木村拓哉さんの作品はほとんど観ています。「君の名は。」も観ました。アニメーションを観ることはあまりないんですが、この作品はよかったです。チャン・ヒョクさんが出ている「ボイス〜112の奇跡〜」というドラマにもハマりました。

●188センチという長身を生かし、ソウルファッションウィークでもランウェイを飾ったり、ファッションにも興味があると伺いましたが、ドラマやイベントのスタイリングも自分で提案したりしますか?「シンデレラと四人の騎士<ナイト>」(こちらでは、”気分のいい時の素の自分”な感じで役を演じていたそう!)で共演したチョン・イルさんは結構こだわっていると以前言ってましたが。
ー簡単なスタイリングの時は、自前の時もありますが、だいたいスタイリストさんにお願いしてます。

●ジョンシンさんの好きそうなラフシモンズのCKカルバン・クラインも、銀座にできたんですよ。
ーそれは、行かなきゃですね!

時間ができたら挑戦してみたいのは、料理学校に行くこと、と初ソロファンイベントで打ち明けていたジョンシンさん。自分で好きなもの(牛丼)を作って食べたり、いつか大切な人のためにふるまってあげたいから(牛丼のように、ワンプレートか丼物で笑)と、優しくて、真摯で、ゴールデンリトリバーのシンバを溺愛する。会う人を優しい気持ちにさせる、好青年すぎるアーティストだ。「猟奇的な彼女」のジョンシンさんは、美しい映像も手伝って、彼の出演ドラマ史上最強にかっこよく、チャーミング!最終回まで人気が高かった話題作でもある漫画のような軽いタッチのラブコメ。観るべし!

2018年2月2日(金)DVDレンタル・DVD-BOX発売開始 < レンタル > 猟奇的な彼女 Vol.1-7 ★TSUTAYA 先行レンタル! PLNK-10014〜PLNK-10020 ◆映像特典:メイキング part1、チュウォンインタビュー、イ・ジョンシンインタビュー < セル >猟奇的な彼女BOX1 TCED-03788/¥14,400+税/全 8 話+特典映像/本編 4 枚+特典典1枚 ◆封入特典:ブックレット8P ◆映像特典:レンタルと同収録 【商品情報】 2018年3月2日(金)DVDレンタル・DVD-BOX発売開始 < レンタル > 猟奇的な彼女 Vol.8-14 ★TSUTAYA 先行レンタル! PLNK-10021〜PLNK-10027 映像特典:メイキング part2&part3 < セル > 猟奇的な彼女 BOX 2 TCED-03789/¥14,400+税/全 8 話+特典映像/本編4枚+特典1枚 ◆封入特典:ブックレット8P ◆映像特典:レンタルと同収録 【全商品共通仕様】カラー/16:09/1ドルビーデジタル 2.0ch ステレオ/音声:韓国語/字幕:日本語字幕 【発売元】 レンタル・セル:PLANKエンタテインメント 【販売元】 レンタル:PLANKエンタテインメント/セル:TCエンタテインメント ©2017 RaemongRaein Co., Ltd. All Rights Reserved Based on the Original movie <My Sassy Girl>©Sincine


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • ミュージカル『マイ・バケットリスト』のテウンさん(SNUPER)インタビュー

     ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』。不良少年カングと余命宣告を受けたヘギの物語です。2014年からソウルで上演されて来たこのヒットミュージカルが、昨年日本に上陸し話題に。今年も2月にキャストを変えて、初めて日本語版で上演されます!ヘギ役のSNUPERのリーダー、テウンさんが「まだまだです」と謙遜しながらも流暢な日本語でインタビューに応じてくれました。初顔合わせとなるCROSS GENEのキム・ヨンソクのさんとの二人芝居、どんな化学反応が起き、新たな魅力を放つ作品になるのか楽しみです。

    韓流NEWS

    2018年2月1日

  • いつも温かい気持ちにさせられる パク・ボゴムさんの格別なファンイベント

     昨年2月に行われた初めてのファンミーティングも、おもてなし精神たっぷりの、優しい人柄が伝わるイベントで5千人を迎え大盛況でしたが、10ヶ月ぶりとなったクリスマスイブ、日本公式ファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>では、その倍のファンを魅了したパク・ボゴムさん。地上波で「雲が描いた月明り」が放映されたことも手伝って、より多くのファンが集まりました。  

    韓流NEWS

    2018年1月23日

  • 「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

    「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

    デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

    3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2018年1月5日

  • 注目の俳優4人組”One O One”来日インタビュー

    One O Oneは、同じ事務所のクァク・シヤン、クォン・ドギュンさん、ソン・ウォンソクさん、アン・ヒョソプさんの4人からなる若手俳優プロジェクトグループ。「ああ、私の幽霊様」で注目、ユ・アインさんとの「シカゴ・タイプライター」でも難しい役どころを好演、脚光を浴びたシヤンさん、ちょうどわたしが観終わったばかりのホームドラマ「お父さんが変」に兄弟役で出演し、お茶の間の幅広い視聴者から支持されたウォンソクさんとヒョソプさん(ちなみにこのドラマでも人気女優イ・ユリさんの怪演ー怖くないんですけど笑ーが爽快でした)、「20世紀少年少女」にも出演したドギュンさん。皆とても仲よさそうで、本当の兄弟のような和気あいあいとした雰囲気。全員186~188cmと長身の、優しい紳士たちでした。この日はウォンソクさんのお誕生日だったので、バースデーケーキを差し入れると、勉強しているという日本語でお礼まで。今後の活躍にも注目の4人です!

    韓流NEWS

    2017年12月26日

  • 日本で初ワンマンライブを開催する実力派女性シンガー、LEE HI(イ・ハイ)さんインタビュー

     2012年、韓国SBS-TVオーディション番組「K-POPスターシーズン1」で、16歳とは思えないソウルフルな歌唱力を披露し、準優勝。怪物新人としてデビューし、チャートを席巻してきたLEE HI(イ・ハイ)さん。満を辞しての日本進出を記念し、1月にはコンサートツアーも開催予定です。ドラマ「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のOST「My Love」も記憶に新しい実力派女性シンガーの彼女が来日。インタビューで、この天賦の才の持ち主に会ってみると、本当に可愛らしくてお人形のよう!その可愛らしいルックスとは裏腹の、パワフルな歌声をぜひライブで体感して!!(日本語も勉強中のようで、きれいな日本語もときどき披露してくれました)

    韓流NEWS

    2017年12月19日

  • 「病院船」の注目若手俳優、イ・ソウォンさんインタビュー

    音楽番組のMCも務めるなど、若手俳優のなかでも目立った存在のイ・ソウォンさん。「むやみに切なく」などでブレイク。ベテラン、ハ・ジウォンさんや、カン・ミンヒョクさんとの最新作ドラマ「病院船(原題)」では、漢方医を演じ、ドラマの人気とともに、さらに人気急上昇、20歳とは思えない大物注目株です!

    韓流NEWS

    2017年12月9日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords