シックな色合いのバッグをお探しのあなたへ。この秋のトップメゾン"イットバッグ"

2017年10月3日
マリソル編集長・スギノのリコメンドつき!
トップメゾンの提唱する女性像が、色濃く反映されるアイコンバッグは、一点投入するだけで、持つ人のキャラクターまで決める絶大な存在感。
※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

■CHANEL

「アレンジ自在なチェーンがジュエリーのように映える。バッグの枠を超えた新アイコン!(スギノ)」

「永遠のコケティッシュ」を目ざすなら…
エイジド加工を施したキルティングレザーとスムーススキンのコンビ。ゴールドとシルバー2色のメタルにレザーを編み込んだチェーンは、長さの調節ができ、ショルダー、クロスボディ、あるいは片方ショルダー&もう片方をクロスボディ、など何通りもの持ち方が可能。バッグ「ガブリエル ドゥ シャネル」(25.5×31×9.5)¥438,000/シャネル
■Dior

「ハードなディテールでディオールらしいエレガンスを、かっこよく楽しむのが今の気分(スギノ)」

「甘いだけじゃない今どきレディ」を目ざすなら…
ヴィンテージの風味を出したリベット鋲がポイントのバッグに、幅広のギターストラップをつけて。70年代の歴史的なロゴキャンバスが、レディ好みな品のいいヴィンテージ風スタイルのキーになる。バッグ「ディオールアヴェニュー」(同素材のレザーストラップつき)(22×22.5×9.5)¥325,000・ストラップ¥180,000/クリスチャン ディオール
■GUCCI

「アニマルモチーフをさりげなく、かつ大胆に使ったアレンジに大人のウィットを感じます(スギノ)」

「遊び心のある上質な女」を目ざすなら…
グッチのGモチーフをコンテンポラリーに表現したGGスプリームキャンバスのホーボーバッグ。メタルクロージャーのタイガーヘッドは、ギリシャ神話に出てくるディオニュソスがモチーフ。アイコニックなグリーン×レッドのキャンバスストラップも、装いのポイントに。バッグ「ディオニュソス」(28×36×5.5)¥203,000/グッチ ジャパン(グッチ)
■CÉLINE

「ザクザク荷物を入れても持つだけでサマになる。こんな”ビッグバッグ”を探していました!」

「究極の洗練ベーシック」を目ざすなら…
「ビッグバッグ」という名のとおり、リラックス感のある大ぶりサイズ。表面の加工を最小限に抑えたソフトベアカーフスキンは、使うほどに味が出る。傷のない美しいレザーが広面積で必要という、シンプルながら贅沢な逸品。バッグ「ビッグバッグ ソフトベアカーフスキン ミディアム」(32×32×29)¥530,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)
■BOTTEGA VENETA

「しなやかな風合いの『イントレチャート』をかっちりした形で楽しむ、その感覚が新しい(スギノ)」

「ワンランク上のシック」を目ざすなら…
ヤギ革のつややかさと、ナッパレザーのマットな質感の相性が新しいシリーズから、今年らしいカーキをチョイス。60年代的なかっちり構造的なフォルムを、ブラックの染料を塗布したレザーの断面とブラックのステッチでビターに仕上げて。バッグ「ハンドバッグ」(12×25×12.5)¥327,000/ボッテガ・ヴェネタジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)
■COACH

「持っているだけでひと味違うフォルム。おしゃれを楽しくしてくれるデザイン!(スギノ)」

「モダンな感性をもつ人」を目ざすなら…
ヴィンテージボーリングバッグに着想を得たドームバッグは、ハート形のようにすそに向けてすぼまる独特のフォルム。中央のジップコンパートメントを開くと、中にはがま口ポケットが。サイドポケットもついて機能性も最上級。バッグ「グラブタン レザー Dakotah」(25×25×15)¥100,000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)
撮影/西原秀岳(TENT/物) スタイリスト/室井由美子 取材・文/東原妙子

What's New

Feature

Ranking