アラフォーは、仕事で行き詰まったとき、どうしている?

2017年10月12日
新入社員の頃は周りになんでも聞けたけど、アラフォーになった今、悩んだ時はどう解決してますか?
「あなたは、仕事で行き詰まったり、頭を抱えたりしたことはありますか?」との質問に「YES」と答えたのは、73.6%と、キャリアを重ねてもまだまだ悩みは多いよう。
「〆切が重なりまくっている!出した案をやんわり却下された!どうも今日は集中できない、はかどらない…などで頭を抱えたりします。」(かなさん)
「新しい仕事を始めたが、あまり周りが協力してくれないとき」(らんさん)
「仕事のスケジュールと子どもの預け先の調整」(オーロラさん)
「取引先からムリな話をもってこられた時」(ミエさん)
「既存のやり方でうまく処理できないことが発生した時」(smaffieeさん)
「後輩の指導について。すぐに、むくれてしまうので伝え方が難しい」(むらさきぱんださん)
「売上げのことや、部下同士の人間関係のフォローなど、中間管理職的な内容」(あこさん)
「上司と意見の違いでどう進めてよいかわからなくなったとき」(とんさん)など、共感できる方も多いはず。

でも悩んでばかりはいられない!そんなはどうやって解決するのか?68.1%のメンバーは、誰かに相談し、アドバイスをもらっていることがわかった。
「上司に話したところ周りの環境も良くなるように対応してくれました」(RINAさん)
「会社の同僚に相談します。1人で背おわず皆にも頼るべきです」(キャミさん)
「同じサラリーマンで、今は定年をした父に聞いてもらいます。売上げのことは“寝れば明日”、部下同士の人間関係については“ほおっておく”など、具体的でなくてもなかなか心に響きます」(あこさん)
「主人に聞いてもらっています。アドバイスではありませんが、大丈夫だよ、あなたなら出来るよと言われ励まされています」(aicoさん)
「社内の別部署のその上司と同じポジションレベルの方で、上司より社内で顔が利く方に話します」(JJさん)など、相談相手も様々。

後輩もいるし、頭を抱えている姿をあまり見せたくないと思ってしまいますが、問題を抱えた時は、信頼する人にまだまだ甘えてもいいことがわかる結果となりました。
文/Momoko Matsuzaki

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords