ドラマ「ハベクの新婦」で好演のコンミョン(5urprise)さんインタビュー

2017年10月13日
2015年11月の5urprise の日本CDデビュー時にも、インタビューに応じてくれたコンミョンさん。その後、ドラマ「華政(ファジョン)」、「タンタラ〜キミを感じてる」、「おひとりさま〜一人酒男女〜」などに立て続けに出演。ドラマだけでなく、バラエティ、MCなど多忙を極めている。そんなコンミョンさんが自由奔放な神役に挑んだ、最新作ドラマ「ハベクの新婦」が日本でも初放映中だ。次回作「ピョンヒョクの愛」も、「また、オヘヨン」の監督の注目作。ちなみに、弟のドヨンさんもアイドルグループNCT127で活躍中。「ハベクの新婦」撮影直前の、東京でのファンイベントでも、「最近ドヨンは忙しい」と勉強中の日本語で繰り返し話し、笑いを誘っていた。12月に5urpriseでの来日も決定している。
●「ハベクの新婦」の見どころは?
ー神界から神が人間の世界に降りてきます。そして、そこで出会った人間の女性と繰り広げる内容を描いた物語です。ロマンス、スリラー、サスペンスなど、全てのジャンルが入ったドラマです。コミック要素もありますし、また、神というキャラクターが出てくるので、今までにない面白さがあります。見所の多いドラマです!(笑)僕たちが演じた役が神なので、その能力を使うシーンがたくさん出てきます。コミック的な面も多いですが、キャラクター間の絡み合った関係などについて描いたシーンも多いので、その部分にも注目して見れば、さらに楽しめると思います。

●ドラマで演じたビリョムは、どんなキャラクター?
ー僕が演じたビリョムは1、2話には出てこないんですよ(笑) ビリョムというキャラクターはどこまでも自由奔放で色々な問題を起こすので、周りの人にとっては常に問題を起こすトラブルメーカーなんです。でも、とても純粋でどこか憎めないキャラクターです。

●ビリョムを演じる上で難しかったところは?
ーそうですね、神という新鮮なキャラクターを演じた訳ですが、神としての能力を使うシーンが難しかったですね。例えば、パチンと指を弾いたら指輪が出現したりとか。でも、現実にはそんなことありえないですよね(笑) そういう部分で最初は演じながらもぎこちなかったのですが、撮影をしていくうちにだんだん慣れてきて、ビリョムというキャラクターにハマることが出来ました。

●ビリョムと似ているところはありますか?
ーうーん、どうでしょう(笑)ビリョムはトラブルメーカーですよね。でも僕は違います(笑) 皆で一緒にいることが好きですし、誰かと争ったりすることは好きではないので、そういった面でビリョムとは違いますね。でも、自由奔放なところや活発なところは似ていると思います。

●撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?
ー同い年の出演者たちも多く、年齢の近い人たちが多かったので、とてもいい雰囲気でした。監督もとても面白い方でしたし。本当に何でも自由に話せる雰囲気で、楽しく撮影ができました。

●ナム・ジュヒョクさん、シン・セギョンさん、イム・ジュファンさん、チョン・スジョン(f(x)のクリスタル)さんとの共演はいかがでしたか?
ー皆さんと共演すると聞いた時、とても楽しみでした。撮影しながら色々なケミ(演技の化学反応)がありました。スジョンさんとはロマンスがあったし、ナム・ジュヒョクヒョンとは…、あ、ヒョン(兄さん)と呼んでいるんですが、常にああだこうだ言いながら付き合う友達としてのブロマンスがありました。ジュファンさん演じるフエとは、複雑な関係性とストーリーがあるので真面目なシーンが多かったのですが、どのように演じたらいいかなどたくさんアドバイスをいただきました。セギョンさんは、全てを与えて包み込んでくれるような、いつも温かく接してくれる先輩でした。本当に5人の相性がぴったりで、雰囲気のいい、やりやすい現場でした。

●日本のファンの皆さんにひと言お願いします。
ーこれはいつも驚くことなのですが、ファンミーティングなどで日本に行くと、僕のドラマを見てくれている方がたくさんいらっしゃるんです。本当に嬉しいですし、とてもありがたいです。今回のドラマも、神という視聴者の好奇心を呼び起こす新鮮なキャラクターを演じているので、ぜひ楽しんで見ていただきたいです。次は「ハベクの新婦」のビリョムとして、皆さんに会いに行けたらと思います。その時まで待っていてくださいね!ありがとうございます!
ⓒSTUDIO DRAGON CORPORATION


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「猟奇的な彼女」で役者としても活躍、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)の魅力

      CNBLUEのベーシストとして人気のイ・ジョンシンさん。「いとしのソヨン」などヒット作ドラマでも頭角をあらわしてきた俳優でもある。最新作、時代劇ラブコメ「猟奇的な彼女」では、ヒロインに心を寄せる、王の忠臣、凄腕剣士の従事官役を見事に演じ、役者の幅を広げた。そんなジョンシンさんのこの作品、そして演技に対する思い、魅力とは?

    韓流NEWS

    2018年2月8日

  • ミュージカル『マイ・バケットリスト』のテウンさん(SNUPER)インタビュー

     ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』。不良少年カングと余命宣告を受けたヘギの物語です。2014年からソウルで上演されて来たこのヒットミュージカルが、昨年日本に上陸し話題に。今年も2月にキャストを変えて、初めて日本語版で上演されます!ヘギ役のSNUPERのリーダー、テウンさんが「まだまだです」と謙遜しながらも流暢な日本語でインタビューに応じてくれました。初顔合わせとなるCROSS GENEのキム・ヨンソクのさんとの二人芝居、どんな化学反応が起き、新たな魅力を放つ作品になるのか楽しみです。

    韓流NEWS

    2018年2月1日

  • いつも温かい気持ちにさせられる パク・ボゴムさんの格別なファンイベント

     昨年2月に行われた初めてのファンミーティングも、おもてなし精神たっぷりの、優しい人柄が伝わるイベントで5千人を迎え大盛況でしたが、10ヶ月ぶりとなったクリスマスイブ、日本公式ファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>では、その倍のファンを魅了したパク・ボゴムさん。地上波で「雲が描いた月明り」が放映されたことも手伝って、より多くのファンが集まりました。  

    韓流NEWS

    2018年1月23日

  • 「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

    「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

    デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

    3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2018年1月5日

  • 注目の俳優4人組”One O One”来日インタビュー

    One O Oneは、同じ事務所のクァク・シヤン、クォン・ドギュンさん、ソン・ウォンソクさん、アン・ヒョソプさんの4人からなる若手俳優プロジェクトグループ。「ああ、私の幽霊様」で注目、ユ・アインさんとの「シカゴ・タイプライター」でも難しい役どころを好演、脚光を浴びたシヤンさん、ちょうどわたしが観終わったばかりのホームドラマ「お父さんが変」に兄弟役で出演し、お茶の間の幅広い視聴者から支持されたウォンソクさんとヒョソプさん(ちなみにこのドラマでも人気女優イ・ユリさんの怪演ー怖くないんですけど笑ーが爽快でした)、「20世紀少年少女」にも出演したドギュンさん。皆とても仲よさそうで、本当の兄弟のような和気あいあいとした雰囲気。全員186~188cmと長身の、優しい紳士たちでした。この日はウォンソクさんのお誕生日だったので、バースデーケーキを差し入れると、勉強しているという日本語でお礼まで。今後の活躍にも注目の4人です!

    韓流NEWS

    2017年12月26日

  • 日本で初ワンマンライブを開催する実力派女性シンガー、LEE HI(イ・ハイ)さんインタビュー

     2012年、韓国SBS-TVオーディション番組「K-POPスターシーズン1」で、16歳とは思えないソウルフルな歌唱力を披露し、準優勝。怪物新人としてデビューし、チャートを席巻してきたLEE HI(イ・ハイ)さん。満を辞しての日本進出を記念し、1月にはコンサートツアーも開催予定です。ドラマ「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のOST「My Love」も記憶に新しい実力派女性シンガーの彼女が来日。インタビューで、この天賦の才の持ち主に会ってみると、本当に可愛らしくてお人形のよう!その可愛らしいルックスとは裏腹の、パワフルな歌声をぜひライブで体感して!!(日本語も勉強中のようで、きれいな日本語もときどき披露してくれました)

    韓流NEWS

    2017年12月19日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords