仕事帰りはお稽古へ。薄墨色の器に映える“金継ぎ”を意識したコーデで【2017/10/18コーデ】

2017年10月17日
マットグレーにシャイニーイエローを覗かせて、華やかで落ち着きあるアラフォーコーデの完成!
お気にいりの器が欠けてしまったことを嘆いていたら後輩にすすめられた金継ぎレッスン。愛着のあるものを大事に使うその精神は日本らしくて素敵だなぁ。

華やかなイエロースカートをちらりと魅せたこのコーデ、陰翳礼賛を意識したかのような絶妙なバランス感がグッとくる。靴とバッグは今シーズン注目のブラウンで統一し、あえて"引き締めない"配色がコーデを今年っぽく見せるカギ。
ニット¥36,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) コート¥76,000/ebure スカート¥20,000/エストネーション(エストネーション) バッグ¥25,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ) 靴¥74,000/プラージュ代官山店(デイビット ブーシェル)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/森 陽子 文/加藤理恵

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords