【医師&スタイリスト編】働くアラフォーの「あなたのコスメポーチの中身、見せてください!」

選び抜かれた持ち歩きアイテム、ひとつひとつに理由がある!

☆医師 貴子さん

:松倉 HEBE DAIKANYAMA院長。美容医療・美容皮膚科医。確かな技術で美のプロの信頼が厚く、コスメへの造詣も深い
【医師&スタイリスト編】働くアラフォーの「あなたのコスメポーチの中身、見せてください!」_1_1
クリニックでの診療中はずっとマスクを着用。ポイントメイクを楽しむのはもっぱらプライベートという貴子さん。「派手なメイクや香水は仕事中は厳禁。なので仕事の後、女性らしいメイクを楽しむためのポーチなんです」
【医師&スタイリスト編】働くアラフォーの「あなたのコスメポーチの中身、見せてください!」_1_2-1

1/5

【医師&スタイリスト編】働くアラフォーの「あなたのコスメポーチの中身、見せてください!」_1_2-2

2/5

【医師&スタイリスト編】働くアラフォーの「あなたのコスメポーチの中身、見せてください!」_1_2-3

3/5

【医師&スタイリスト編】働くアラフォーの「あなたのコスメポーチの中身、見せてください!」_1_2-4

4/5

【医師&スタイリスト編】働くアラフォーの「あなたのコスメポーチの中身、見せてください!」_1_2-5

5/5

コスメポーチは、完全"アフター7"仕様
ヘレナのCCマスカラやフローフシのモテマスカラで目力をアップ。
フローフシのグロスやランコムのグロスクリーム132、YSLの香水など華やかさをプラスするものを厳選。
ステロイドクリームは湿疹をすぐにケアできるように。
「TAKAKOスタイルの飲む日焼け止めはすべての老化原因・紫外線をブロックするために、一年中ポーチに入れています」外出の30分前に飲み、紫外線を内からカット。

What's New

Read More

Feature

Ranking