計算レイヤー&パーマで広がりの”逃げ場”を作る【40代のロングヘア】

乾燥毛の広がりだって、カットとゆるいパーマでボリュームダウンが可能。
計算レイヤー&パーマで広がりの”逃げ場”を作る【40代のロングヘア】_1_1

乾燥毛のロングは広がる一方!

量が特別多い訳でもないのに広がるのは、ワンレンロングと乾燥毛が原因。
フロントを含め、全体にしっかりとレイヤーを入れて、動く毛束を作る。弱めのデジパで柔らかい動きをプラス。一束は弱い動きでも、毛束が重なることで華やかな印象に。でも毛の逃げ場ができるので不要に広がる心配もなし。長さを変えずにボリュームダウン成功!
計算レイヤー&パーマで広がりの”逃げ場”を作る【40代のロングヘア】_1_2
SIDE
計算レイヤー&パーマで広がりの”逃げ場”を作る【40代のロングヘア】_1_3
BACK
乾燥で広がりやすいので、スタイリングは保湿力の高いシアバターで。カールを出しつつ、うるおいを与えてセミウェットな質感に。
計算レイヤー&パーマで広がりの”逃げ場”を作る【40代のロングヘア】_1_4
POINT
撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代

What's New

Read More

Feature

Ranking