簡単でおしゃれ!シャンパーニュに合う生麩のソテー【平野由希子のおつまみレシピ #2】

2017年12月15日
料理研究家 平野由希子さんがおしゃれな簡単おつまみレシピをご紹介。連載2回目は10分で作れる簡単おつまみレシピです。
【今月のお酒】ドメーヌ・エグリ・ウーリエ
シャンパーニュ・グラン・クリュ・V・P エクストラ・ブリュット
ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%。ビオロジック農法による完熟した糖度の高いぶどうを用いて、極少のドサージュ(最終リキュール添加)で仕上げたもの。通常より長い84カ月の瓶熟成により、複雑な香り、繊細な酸と泡を生み出す。¥17,000(希望小売価格)/ヴァンパッシオン
「シャンパーニュは泡なので、ふわふわした食材との相性がいいんです。この生麩とか、生湯葉などもよく合いますね。生麩は和素材ですが、オリーブオイルでソテーすると香ばしさが加わり、さらにパルミジャーノでコクを出すと、シャンパーニュのおつまみに最適」
【レシピ】生麩のソテー パルミジャーノ風味

ゆり根とオレキエッテのカラスミがけ
【材料】(2人分)
・生麩(あわ、よもぎなど好みのもの)…合わせて1/2本分
・オリーブオイル…適量
・塩…少々
・パルミジャーノチーズ(おろしたもの)…適量
【作り方】
①生麩は7㎜ほどの厚さに切る。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、1を入れて焼き色がつくまで両面を焼く。

③器に盛り、塩とパルミジャーノチーズをふる。
プレステージ シャンパーニュに合うおつまみレシピを3回に分けてお届け。次回は12月23日(土)19時更新予定。お楽しみに。
平野由希子
料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ。フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。フレンチをベースにした、幅広いジャンルの料理が人気。ワインバー「8huit.」オーナー。近著に『和つまみ』(ナツメ社)など。instagram(@8yukiko76hirano)
撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 

What's New

Feature

Ranking