深い襟ぐりや透けが気になるニットの時、インナーは何を着ればいい?

2017年12月1日
素敵なニットとともに、ぜひセット買いして!
「撮影で使うこともある、外に響かない優秀下着や、決して見えない襟ぐりの深さだけど、暖かさもきちんと確保した機能性インナーは、大人が投資する価値あり!です」(スタイリスト・池田めぐみさん)

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

「前後あきニット」の時には
首まわりが大きくあいた、ブランド最薄・最軽量設計のインナーは、生姜加工&遠赤外放射機能で暖かさも確保し、大活躍必至。

インナー¥4,200/トリンプ・インターナショナル・ジャパン(トリンプ) 
【着るとこう!】
ニット¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス)
「薄ニット」の時には
ニットの透けが気になる時は、ベージュ&ストラップのアジャスターが内側に隠れて、絶対外に響かないカップつきキャミを。

キャミソール¥20,000/CASUCA表参道本店(アロマティックカスカ)   
【着るとこう!】
ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)
「一枚カーデ」の時には
万が一見えても大丈夫な、下着感の薄いブラックを。深Vのキャミソールにワイヤレスブラを合わせて

ブラジャー(取りはずし可能ストラップつき、ショーツセット)¥3,990/トリンプ・インターナショナル・ジャパン(アモスタイル バイ トリンプ)
【着るとこう!】
キャミソール¥7,500/ワコール(HANRO)  カーディガン¥32,000/オーラリー(オーラリー)
撮影/冨樫実和(人物・ケア) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/藤本 希(cheek one) スタイリスト/池田めぐみ ※クレジットがないものはスタイリスト私物です

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords