ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

「病院船」のヒロイン、ハ・ジウォンさんインタビュー

アクションものからラブコメまで、幅広く活躍する女優ハ・ジウォンさん。私の韓流ドラマの入り口は、彼女の時代劇「ファン・ジニ」からだったので、どの作品も注目しています。高視聴率、人気ドラマとなった最新作「病院船(原題)」では、初めてのドクター役に挑戦!ハ・ジウォンさんの素顔とは?「病院船」は、早くも日本放映スタートです!
「病院船」のヒロイン、ハ・ジウォンさんインタビュー_1_1
●「病院船」の見どころは?
ー「病院船」は離島に直接行って治療をする医療サービスの一環で、船が病院なんです。薬局すらない、医療サービスを受けられない離島が多いのですが、そのような島に直接行き、高齢者の方の治療をします。私はもともとはソウルの大学病院で外科部長を夢見ていましたが、ある事故のために病院船に乗ることになります。本当は病院船には外科手術ができるような設備はないのですが、私はそこで考えられないような手術をしながら、手術しか知らない医者だったんですが、様々な人に出会い患者に出会いながら、変化し成長していく外科医役を演じました。

●出演を決めた理由は?
ーまずシノプシスを読んだときに、とても感動し、温かさを感じました。実は以前から医療ドラマに出たかったんです。でも病院船を読んだときに、もちろん手術シーンや医療ドラマ的なストーリーもありましたが、その中には直接患者に会いに行き、患者を癒そうとするそんな温かみがありました。韓国ならではの情緒や温かさをお伝えできる、そんな医療ドラマだと思い、出演を決めました。

●演じられたウンジェと似ている点、違う点は?
ー4ヶ月間演じながら、不思議なことに自分自身のようでした。特別に「こうやって演じなければ」というものはありませんでした。本当に私自身のようでしたね。似ている点は、一つの事に集中してしまうと、後ろで誰かが何かを言っても聞こえなくなってしまうくらい集中力がある方です。そういう点はウンジェに似ていると思います。違う点があるとすれば、実は私はとても笑い上戸で、我慢するのが難しいほど笑顔が多いんです。でもウンジェは、人間関係が下手な人物で笑顔も少ないんです。私はそこまでではないと思います。ウンジェは最初は笑わなかったのですが、少しずつ私のようによく笑う人になっていくんですよ。

●初の医師役でしたが、事前に準備したことはありますか?
ー実は血が出るような映画や怖いものが見れないんです!でも外科ではほとんど血を見ながら手術をしなくてはいけないので、ドキュメンタリーや医療ドラマを通して手術シーンをたくさん見て、それに慣れるよう努力しました。ほかには、医療用語が口から自然に出るように事前に練習をしましたし、本を買って臓器を何度も描きながら、位置などを覚えて慣れるようにもしました。手術するときに、ウンジェが臓器の位置がわからないのはダメなので。あとは、動画サイトなどに手術の動画が多く挙がっているので、それを見てみたり、周囲にいる外科の先生に直接質問したり、医師が書いたエッセイなどを読み、医師がどのような心情で手術をするのか、患者と会話するときどのような気持ちなのか、手術する感情、なぜ医者になったのだろうかなど、そういう感情・心情を学びました。

●撮影中大変だったことは?
ー私たち出演者だけでなく、私たちのスケジュールを整理する、演出部が一番苦労したと思います。船の時間を合わせなくてはならず、日の出日の入り時間を調べたりなど、船の撮影は私たちにとって大きな問題だったんです。風が吹く日は突然スケジュールがキャンセルになったり、監督が綺麗な映像を撮るために、その時間を狙って船に乗らなくては行けなかったり、船での撮影ならではのことが色々ありました。でもとても綺麗な空と海がある場所で撮影ができたこと、美しい画のドラマに参加できたことは、大変でしたがとても良かったです。幸い私はあまり船酔いがなくて、本当によかったと思います。むしろ景色がとても綺麗で、形に残したくて、写真を撮ったりした記憶がとても多いです。

●カン・ミンヒョクさん、イ・ソウォンさんとの共演はいかがでしたか?ご自身の理想のタイプは?
ー(笑)二人とは今回初めて共演する作品で、年齢は若いですが、現場では年齢が若いからというようなことはなく、本当に自分のキャラクター、ヒョンやジェゴルにとても合っていました。そのため、息を合わせて、現場で一緒にやっていて面白く、上手でしたし、むしろ私が先輩ではありますが、彼らが助けてくれた部分もとても多かったです。ミンヒョクさんの場合は、ヒョンのように温かい方で、とてもキャラクターに合っていたと思います。ソウォンは、実際にはとても明るい性格で、よく笑わせてくれました。演技に対する情熱が2人ともみなぎっていて、本当に頑張っていたと思います。とても楽しく撮影ができました。理想のタイプは…(笑)2人とも本当に魅力がありますね。ソウォンは歳こそ若いですがとても明るく、ユーモアがありますし、ミンヒョクも歳は若いですが、温かく気遣いがよくできる方で、2人とも私の理想のタイプです(笑)

●ハ・ジウォンさんが考えるご自身の演技上での強みはなんですか?
ー俳優はどの作品で生きるかを選択しますよね、選択した作品のキャラクターは時間旅行に行ったもう一人の私みたいなんです。ですので強みを挙げるとしたら、楽しく生きることですかね。仕事だから、ドラマだからとかではなく、私自身が楽しんでいるので、それは私にとって本当にありがたくて。大変なことももちろん多いですが、私が好きでやってることじゃないですか、だから私はとても幸せものだと思っています。楽しむことが、私の強みですかね?

●2018年の予定は?
ー来年の出演作品はまだ決まっていないのですが、3月に日本でファンミーティングを行う予定です。とてもドキドキしていますし、病院船の話もしながら、どのような思い出が作れるかとても楽しみです。

●最後に日本のファンにメッセージをお願いします。
ー今回「病院船」というドラマでみなさんにお会いできることを、とてもうれしく思っています。みなさんにとって心温まるドラマになり、みなさんを幸せにできたら良いなと思っています。また3月に皆さんに会いに行きますので待っていてください。ドラマをご覧になって、たくさん温まって、今年の冬が暖かい冬になることを祈っています。ありがとうございました。
「病院船」のヒロイン、ハ・ジウォンさんインタビュー_1_2
「病院船」のヒロイン、ハ・ジウォンさんインタビュー_1_3


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 人気急上昇!「偶然見つけたハル」で初主演、ロウンさん(SF9)インタビュー

    初主演作「偶然見つけたハル」でライジングスターとなったSF9のロウンさん。韓国では演技もできるアイドルを演技ドルといい、彼がそのひとりとして認められた作品でもあります。名もなきエキストラだったハルを好演、ハルは次第に「こんなイケメンうちのクラスにいたっけ?」と言われる”漫画を破って出てきたような男=マンチンナム”として注目を集めていきます。ヒロインのへユンさんも初主演だったのですが、ドラマが始まるやいなや、その面白さに瞬く間に視聴率を上げた話題作。身長差にもときめくと言われたカップルには、その身長差でお互いの声がよく聞こえなかったとのエピソードも。とにかく、ロウンさんの代表作となったこのドラマ。ただの学園ものではなく深く共感でき、最後まで引き込まれる謎解きもありと緻密なストーリーなので要チェックです!!美しいカメラワークや映像にも心奪われます。このドラマの大ヒットで時の人となり多忙を極めるロウンさん。マリソルの質問にひとつずつ丁寧に、真摯に答えてくれる姿が印象的でした。190.5センチの神スタイルで、スーツも素敵に着こなしていました!9月に授賞式のあったソウルドラマアワード2020でも、「梨泰院クラス」「愛の不時着」などと並び優秀賞に輝いた作品。放映から一年以上経った今でもファンの「オハル」(タイトルの略)愛は深く、宝物のようなドラマなのでお見逃しなく!

    韓流NEWS

    2020年11月13日

  • 待望のアーティストデビュー!イ・ミンヒョクさんに聞くK-POP&K-Beauty

    12歳から両親の仕事の関係で日本在住であり、ダンサー、イベントMC、youtubeの活躍などで注目されているマルチタレント、イ・ミンヒョクさん。人気大型オーディション番組でもファンを増やし、11月に待望のアーティストデビュー、オンラインファンミーティングも控えています。コロナ禍でも変わらず世界で注目を浴び、ビルボードを賑わせているK-POPアーティストたち。10月のBTSのオンラインコンサートは2日間で99.3万人が視聴、Netflixで配信中のBLACKPINKのドキュメンタリー「BLACKPINK~ライト・アップ・ザ・スカイ~」ではシャネルのアンバサダーも務めるジェニーが、厳しい練習や競争の繰り返しだった練習生時代が一番”K-POP”だったと語っていたのが印象的でした。韓国コスメ、VTやNATURE REPUBLICなどいくつもの韓国コスメのイメージモデルも務めたり、熱心なスキンケア通でも知られるミンヒョクさん。K-POPの話や、美肌の持ち主の彼のオススメコスメなどをうかがいました!

    韓流NEWS

    2020年11月1日

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

  • チャン・ギヨンさん&イ・スヒョクさん夢の共演、「Born Again」に注目!

    快進撃が続くチャン・ギヨンさんと、ファン待望の除隊後復帰作となったイ・スヒョクさん、「オクニョ 運命の女」「不滅の恋人」「アイテム~運命に導かれし2人~」など、日本でも人気の女優チン・セヨンさんが共演したドラマ「Born Again」(原題)。運命や前世について考えさせられる、3人がふたつの時代で一人二役を演じ分けた話題作です。そして、ギヨンさんとスヒョクさんの夢の初共演作でもあります。ギヨンさんが17歳の頃、スヒョクさんに憧れてモデルを目指したというエピソードは有名で、ゆえにこの作品でのふたりの共演は特別なものに。劇中では敵対していますが、見目麗しいふたりが実際は仲の良い同じ事務所の先輩後輩なのが伝わってきます!!

    韓流NEWS

    2020年8月1日

Read More

Feature

Ranking