「病院船」の注目若手俳優、イ・ソウォンさんインタビュー

2017年12月9日
音楽番組のMCも務めるなど、若手俳優のなかでも目立った存在のイ・ソウォンさん。「むやみに切なく」などでブレイク。ベテラン、ハ・ジウォンさんや、カン・ミンヒョクさんとの最新作ドラマ「病院船(原題)」では、漢方医を演じ、ドラマの人気とともに、さらに人気急上昇、20歳とは思えない大物注目株です!
●「病院船」の役作りに準備したことは、どんなことですか?
ードラマ撮影に入る前に、本を買ったり、韓方医院に行き実際の医師に質問したり、ドキュメンタリー番組を見て勉強しました。少なくても基盤のようなものが欲しかったので。たくさん準備しました!なんて僕の口からは言えませんが(笑)、そういった準備がジェゴルのキャラクターを掴むのに役に立ちましたね。

●撮影中大変だったことは?
ー難しいことはなかったと思います。何故なら、病院船の撮影中はみんな一緒に暮らしていたので、自由に会話をする時間が増えましたし、現場でも撮影後も会うので、本当の家族のような感覚があったんです。会話中に撮影があって、撮影中に会話があったので、シーンは一つずつなのですが全部一緒に作っていく感じでした。このシーンではどこに座って、どこを見て、どういうジェスチャーをするかなど全部話していたので、自然に難しいことはお互いに助け合う現場だったので、難しいと感じることがなかったです。

●イ・ソウォンさんとキム・ジェゴルの似ている点と違う点を教えてください。
ー似ている点は、ツンデレな性格だと思います。違う点は、僕はお金持ちの家の息子ではありません!(笑)それから僕はジェゴルほど頑固ではありませんし、もう少し優しい性格だと思います。

●「病院船」と既存のメディカルドラマの違いは?
ーまず既存のドラマは舞台が病院であるということ。病院船は「船」なので、その点が確実に違います。それから僕たちは、先進医学から韓方医学まで入っている病院なので、その分ぶつかることもあるし、トラブルも多いと思います。

●本作で出会って、再共演したいと思った方はいらっしゃいますか?
ーカン・ミンヒョク兄さんです。ヒョン兄さん!ミンヒョク兄さんは「ミュージックバンク」という音楽番組で僕のまえにMCを務めていたんです。MCを交代するときに面識はあったので、撮影で会ってお互いに「わ~!」ってなり、より親しくなれたと思います。

●ハ・ジウォンさんとの共演はいかがでしたか?
ーハ・ジウォン先輩との共演は心配だった点もあります。まずは大先輩ですので。だけど、初めてお会いしてすぐ笑いながら「あなたがジェゴルね~」と挨拶してくださって、本当に優しく気軽に話してくださるんだな、よかった、ありがたいと思いました。撮影に入ってからは、さらに気軽に、家族のような雰囲気になったので、不自然さやぎこちなさがなくなり、世代のギャップや年の差がたくさんあるという風には全然思いませんでした。むしろその環境のおかげで楽しく撮影できました。

●ソン・ジュンギさんやパク・ボゴムさんなど所属事務所の先輩からアドバイスはありましたか?
ーお忙しいので撮影中は会うことはできませんでしたが、メッセージをたくさんいただきました。「病院船に出るんだな。おめでとう、頑張れよ!準備はどうやってるの?」とか、そういう質問を撮影の初めのうちにいただきましたね。中盤以降に長い連休があり、病院船チームは休みがなかったのですが、お盆のご挨拶のメッセージを送ったら、お電話をくださる方もいて、「お盆は何してるのか?ご苦労さま。最後までがんばれよ。少し休んでおいしいもの食べろよ」と。会社の室長は実際においしいごはんを現場までもってきてくださいました。あとは撮影後には、「お疲れ様、ご苦労様」とメッセージをくださいました。

●大変そうでしたが、とても記憶に残る撮影だったようですね。
ーはい。肉体的には少し疲れていましたが、疲れていることを忘れるくらい、楽しく幸せな現場だったと思います。本当に家族みたいになり、音楽番組のMCとドラマの撮影現場を行ったり来たりしていたのですが、家族に「仕事頑張ってきてね」と言われているような感じで、僕を見守ってくださったので、大変だと思ったことは本当にありませんでした。いつも幸せだったと思います。

●撮影現場の雰囲気がものすごくよかったみたいですね。
ーそうですね。とても和やかでした。天気の問題で撮影が遅延したり中断したときには団結したため粘り強くなりました。

●印象に残っているエピソードはありますか?
ーすごくたくさんあります。ハ・ジウォン先輩はソン・ウンジェ先生とは違い笑顔の多い方です。冗談やギャグでバンバン笑っていて、そんな正反対の魅力を持つ先輩を見て、僕たちが笑っていました。先輩は自分を見て笑う僕たちを見て、「なんでそんなに笑うの?」と言いながら、またみんなで笑いましたね(笑)冗談を言い合うことが多い現場だったので、そのせいで、思い出し笑いをしてNGを出すこともよくありました。でもNG王は…ハ・ジウォン先輩ですかね。本当に笑いが絶えなくて。あーそうだ!NG王は天気です!雨で撮影が中断しましたし、船が出せなかったり、風がものすごくて倒れるかと思ったこともあります。

●音楽番組のMCをしながら演技の仕事、それぞれの魅力があると思いますが。
ー音楽番組の仕事は、俳優をやっているとなかなかお会いできない歌手の方たちと、毎週お会いできて、舞台を見ることができる点が、僕にとって特別だと思います。生放送のため、NGが出たら放送事故になるじゃないですか、だから度胸がついたと思いますし、責任感が強くなったと思います。俳優の仕事は、生放送のようなことはありませんが、撮影するときも「これは生放送だ」と思いながらやるため、瞬間的な集中力が、もっとついたような気がします。そういう違いがありますが、お互いの良いところを、お互いの現場で活かすことができています。

●毎週、音楽番組でアイドルをみていると思いますが、最近いいなと思うアイドルはいますか?
ーう~んK-POPは日本の皆さんの方が詳しいんじゃないでしょうか。『病院船』で共演したミナさんが所属するAOAはまだカムバックしていないので!(笑)もしカムバックしていたら間違いなくAOAですが(笑)していないので、最近カムバックしたグループの中から考えると、SEVENTEENです。10代後半~20代前半の若い子たちのグループなのですが、彼らは優しい子たちなのに、あんなパフォーマンスもできるんだとビックリしました。冗談もよく言うし、ファンたちとも触れ合いを重視していてすごいなと思いますね。

●今後日本での活動予定は?
ー今年でも来年でもいつでも僕を求めてくれるのであれば、僕はいつでもありがたく、すぐにでも、泳いででも(笑)行きますよ!

●イ・ソウォンさんが考える「病院船」の鑑賞ポイントは?
ー小物や行動などに隠された意味を見つけることができます。一度みるだけではわからないけど、二度みればわかるというような、伏線や意味を探すのも面白いと思います。あとは、登場人物それぞれの傷や精神的な部分が癒され、成長していく過程、そしてどういう結末になるか、それも鑑賞ポイントだと思います。

●次に挑戦したい役やジャンルなどはありますか?
ー僕は個人的に役やジャンルはあまり考えていないです。僕が作品を選ぶというよりも、オーディションの機会があればそれを受けて、一緒にやっても良いとお許しいただければ参加させていただいていました。あと僕は視聴者の皆さんに色々な姿をお見せしたいと思っています。そのような理由から、役だけ考えるというようなことはないです。韓国では最近webドラマに出演したんですが、そこではコメディーのような姿もお見せしていますよ。

●最近はまっていることはありますか?
ー自然の風景を見ることにはまっています。ストレスが癒されるので。

●2018年の予定は?
ーまだ2018年の活動計画は決めていないんです。1年間忙しく、休むことなく4つの作品に出演したんですが、それらから学んだことを整理できず溜まっていると思っています。そのため今年の年末にそういうものを整理して、それが終われば新年の目標もたてられると思うんです。まだ来年の目標も決められていないのですが、変わらないのは、来年はもっと熱心にもっと忙しく撮影をして、視聴者の皆さんに早くお目にかかれるようにしたいと思っています。

●最後に日本のファンにメッセージをお願いします。
ーう~ん何と言ったらいいのかな(照)。日本の皆さん、こんにちはイ・ソウォンです。僕たちの「病院船」を愛していただき、僕のことも愛して、興味をもっていただけるととても嬉しいです。これから日本でもたくさんお目にかかれるように、たくさん努力しますので、もっとたくさん、日本でも機会をいただけると嬉しいです。私は日本が大好きです。(日本語で)サイコウデス!!アリガトウゴザイマス!コンニチハ!


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 「猟奇的な彼女」で役者としても活躍、イ・ジョンシンさん(CNBLUE)の魅力

      CNBLUEのベーシストとして人気のイ・ジョンシンさん。「いとしのソヨン」などヒット作ドラマでも頭角をあらわしてきた俳優でもある。最新作、時代劇ラブコメ「猟奇的な彼女」では、ヒロインに心を寄せる、王の忠臣、凄腕剣士の従事官役を見事に演じ、役者の幅を広げた。そんなジョンシンさんのこの作品、そして演技に対する思い、魅力とは?

    韓流NEWS

    2018年2月8日

  • ミュージカル『マイ・バケットリスト』のテウンさん(SNUPER)インタビュー

     ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』。不良少年カングと余命宣告を受けたヘギの物語です。2014年からソウルで上演されて来たこのヒットミュージカルが、昨年日本に上陸し話題に。今年も2月にキャストを変えて、初めて日本語版で上演されます!ヘギ役のSNUPERのリーダー、テウンさんが「まだまだです」と謙遜しながらも流暢な日本語でインタビューに応じてくれました。初顔合わせとなるCROSS GENEのキム・ヨンソクのさんとの二人芝居、どんな化学反応が起き、新たな魅力を放つ作品になるのか楽しみです。

    韓流NEWS

    2018年2月1日

  • いつも温かい気持ちにさせられる パク・ボゴムさんの格別なファンイベント

     昨年2月に行われた初めてのファンミーティングも、おもてなし精神たっぷりの、優しい人柄が伝わるイベントで5千人を迎え大盛況でしたが、10ヶ月ぶりとなったクリスマスイブ、日本公式ファンクラブ発足記念ファンミーティング<Christmas Eve>では、その倍のファンを魅了したパク・ボゴムさん。地上波で「雲が描いた月明り」が放映されたことも手伝って、より多くのファンが集まりました。  

    韓流NEWS

    2018年1月23日

  • 「明日、キミと」の演技派俳優、イ・ジェフンさんインタビュー

    「シグナル」で注目を浴びた演技派俳優イ・ジェフンさん。続く作品に、このラブコメを選択したことも話題に。彼の最終目標は、”イジェフンはいい俳優だから、彼が出た作品は気になる”と言われること、だそう。私にとっては、とっくの昔からジェフンさんは、まさにそんな俳優です。映画もドラマも欠かさず観てます!ちなみに彼は、バラエティ番組で天然ぶりを発揮したためか、インドア派が一緒に過ごしたい俳優ナンバーワンでもあるそう。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 「明日、キミと」で新たな魅力を発揮、シン・ミナさんインタビュー

    デビュー当時から変わらない、モデル出身のスタイルの良さと、可憐さで人気のシン・ミナさん。美人女優代表のひとりのミナさんが、ナイーブな主人公を演じ、新しい魅力を見せてくれたのが、タイムトラベル・ファンタジーラブコメ「明日(あす)、キミと」。彼女にとっても、大切な作品となったそうです。

    韓流NEWS

    2018年1月12日

  • 大ヒットドラマ「愛の迷宮-トンネル-」のチェ・ジニョクさんインタビュー

    3年ぶりの主演ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」が、放送局視聴率歴代1位となったチェ・ジニョクさん。3年ぶりの公式来日となったファンイベント直前にインタビューに応じてくれた。「九家の書〜千年に一度の恋〜」、「相続者たち」、「エマージェンシーカップル」、「運命のように君を愛してる」、「傲慢と偏見」などで確実にファンの心をつかんできたスター、ジニョクさんと彼の最新作の魅力に迫る!

    韓流NEWS

    2018年1月5日

  • 注目の俳優4人組”One O One”来日インタビュー

    One O Oneは、同じ事務所のクァク・シヤン、クォン・ドギュンさん、ソン・ウォンソクさん、アン・ヒョソプさんの4人からなる若手俳優プロジェクトグループ。「ああ、私の幽霊様」で注目、ユ・アインさんとの「シカゴ・タイプライター」でも難しい役どころを好演、脚光を浴びたシヤンさん、ちょうどわたしが観終わったばかりのホームドラマ「お父さんが変」に兄弟役で出演し、お茶の間の幅広い視聴者から支持されたウォンソクさんとヒョソプさん(ちなみにこのドラマでも人気女優イ・ユリさんの怪演ー怖くないんですけど笑ーが爽快でした)、「20世紀少年少女」にも出演したドギュンさん。皆とても仲よさそうで、本当の兄弟のような和気あいあいとした雰囲気。全員186~188cmと長身の、優しい紳士たちでした。この日はウォンソクさんのお誕生日だったので、バースデーケーキを差し入れると、勉強しているという日本語でお礼まで。今後の活躍にも注目の4人です!

    韓流NEWS

    2017年12月26日

  • 日本で初ワンマンライブを開催する実力派女性シンガー、LEE HI(イ・ハイ)さんインタビュー

     2012年、韓国SBS-TVオーディション番組「K-POPスターシーズン1」で、16歳とは思えないソウルフルな歌唱力を披露し、準優勝。怪物新人としてデビューし、チャートを席巻してきたLEE HI(イ・ハイ)さん。満を辞しての日本進出を記念し、1月にはコンサートツアーも開催予定です。ドラマ「麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のOST「My Love」も記憶に新しい実力派女性シンガーの彼女が来日。インタビューで、この天賦の才の持ち主に会ってみると、本当に可愛らしくてお人形のよう!その可愛らしいルックスとは裏腹の、パワフルな歌声をぜひライブで体感して!!(日本語も勉強中のようで、きれいな日本語もときどき披露してくれました)

    韓流NEWS

    2017年12月19日

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords