「病院船」の注目若手俳優、イ・ソウォンさんインタビュー

音楽番組のMCも務めるなど、若手俳優のなかでも目立った存在のイ・ソウォンさん。「むやみに切なく」などでブレイク。ベテラン、ハ・ジウォンさんや、カン・ミンヒョクさんとの最新作ドラマ「病院船(原題)」では、漢方医を演じ、ドラマの人気とともに、さらに人気急上昇、20歳とは思えない大物注目株です!
「病院船」の注目若手俳優、イ・ソウォンさんインタビュー_1_1
●「病院船」の役作りに準備したことは、どんなことですか?
ードラマ撮影に入る前に、本を買ったり、韓方医院に行き実際の医師に質問したり、ドキュメンタリー番組を見て勉強しました。少なくても基盤のようなものが欲しかったので。たくさん準備しました!なんて僕の口からは言えませんが(笑)、そういった準備がジェゴルのキャラクターを掴むのに役に立ちましたね。

●撮影中大変だったことは?
ー難しいことはなかったと思います。何故なら、病院船の撮影中はみんな一緒に暮らしていたので、自由に会話をする時間が増えましたし、現場でも撮影後も会うので、本当の家族のような感覚があったんです。会話中に撮影があって、撮影中に会話があったので、シーンは一つずつなのですが全部一緒に作っていく感じでした。このシーンではどこに座って、どこを見て、どういうジェスチャーをするかなど全部話していたので、自然に難しいことはお互いに助け合う現場だったので、難しいと感じることがなかったです。

●イ・ソウォンさんとキム・ジェゴルの似ている点と違う点を教えてください。
ー似ている点は、ツンデレな性格だと思います。違う点は、僕はお金持ちの家の息子ではありません!(笑)それから僕はジェゴルほど頑固ではありませんし、もう少し優しい性格だと思います。

●「病院船」と既存のメディカルドラマの違いは?
ーまず既存のドラマは舞台が病院であるということ。病院船は「船」なので、その点が確実に違います。それから僕たちは、先進医学から韓方医学まで入っている病院なので、その分ぶつかることもあるし、トラブルも多いと思います。

●本作で出会って、再共演したいと思った方はいらっしゃいますか?
ーカン・ミンヒョク兄さんです。ヒョン兄さん!ミンヒョク兄さんは「ミュージックバンク」という音楽番組で僕のまえにMCを務めていたんです。MCを交代するときに面識はあったので、撮影で会ってお互いに「わ~!」ってなり、より親しくなれたと思います。

●ハ・ジウォンさんとの共演はいかがでしたか?
ーハ・ジウォン先輩との共演は心配だった点もあります。まずは大先輩ですので。だけど、初めてお会いしてすぐ笑いながら「あなたがジェゴルね~」と挨拶してくださって、本当に優しく気軽に話してくださるんだな、よかった、ありがたいと思いました。撮影に入ってからは、さらに気軽に、家族のような雰囲気になったので、不自然さやぎこちなさがなくなり、世代のギャップや年の差がたくさんあるという風には全然思いませんでした。むしろその環境のおかげで楽しく撮影できました。

●ソン・ジュンギさんやパク・ボゴムさんなど所属事務所の先輩からアドバイスはありましたか?
ーお忙しいので撮影中は会うことはできませんでしたが、メッセージをたくさんいただきました。「病院船に出るんだな。おめでとう、頑張れよ!準備はどうやってるの?」とか、そういう質問を撮影の初めのうちにいただきましたね。中盤以降に長い連休があり、病院船チームは休みがなかったのですが、お盆のご挨拶のメッセージを送ったら、お電話をくださる方もいて、「お盆は何してるのか?ご苦労さま。最後までがんばれよ。少し休んでおいしいもの食べろよ」と。会社の室長は実際においしいごはんを現場までもってきてくださいました。あとは撮影後には、「お疲れ様、ご苦労様」とメッセージをくださいました。

●大変そうでしたが、とても記憶に残る撮影だったようですね。
ーはい。肉体的には少し疲れていましたが、疲れていることを忘れるくらい、楽しく幸せな現場だったと思います。本当に家族みたいになり、音楽番組のMCとドラマの撮影現場を行ったり来たりしていたのですが、家族に「仕事頑張ってきてね」と言われているような感じで、僕を見守ってくださったので、大変だと思ったことは本当にありませんでした。いつも幸せだったと思います。

●撮影現場の雰囲気がものすごくよかったみたいですね。
ーそうですね。とても和やかでした。天気の問題で撮影が遅延したり中断したときには団結したため粘り強くなりました。

●印象に残っているエピソードはありますか?
ーすごくたくさんあります。ハ・ジウォン先輩はソン・ウンジェ先生とは違い笑顔の多い方です。冗談やギャグでバンバン笑っていて、そんな正反対の魅力を持つ先輩を見て、僕たちが笑っていました。先輩は自分を見て笑う僕たちを見て、「なんでそんなに笑うの?」と言いながら、またみんなで笑いましたね(笑)冗談を言い合うことが多い現場だったので、そのせいで、思い出し笑いをしてNGを出すこともよくありました。でもNG王は…ハ・ジウォン先輩ですかね。本当に笑いが絶えなくて。あーそうだ!NG王は天気です!雨で撮影が中断しましたし、船が出せなかったり、風がものすごくて倒れるかと思ったこともあります。

●音楽番組のMCをしながら演技の仕事、それぞれの魅力があると思いますが。
ー音楽番組の仕事は、俳優をやっているとなかなかお会いできない歌手の方たちと、毎週お会いできて、舞台を見ることができる点が、僕にとって特別だと思います。生放送のため、NGが出たら放送事故になるじゃないですか、だから度胸がついたと思いますし、責任感が強くなったと思います。俳優の仕事は、生放送のようなことはありませんが、撮影するときも「これは生放送だ」と思いながらやるため、瞬間的な集中力が、もっとついたような気がします。そういう違いがありますが、お互いの良いところを、お互いの現場で活かすことができています。

●毎週、音楽番組でアイドルをみていると思いますが、最近いいなと思うアイドルはいますか?
ーう~んK-POPは日本の皆さんの方が詳しいんじゃないでしょうか。『病院船』で共演したミナさんが所属するAOAはまだカムバックしていないので!(笑)もしカムバックしていたら間違いなくAOAですが(笑)していないので、最近カムバックしたグループの中から考えると、SEVENTEENです。10代後半~20代前半の若い子たちのグループなのですが、彼らは優しい子たちなのに、あんなパフォーマンスもできるんだとビックリしました。冗談もよく言うし、ファンたちとも触れ合いを重視していてすごいなと思いますね。

●今後日本での活動予定は?
ー今年でも来年でもいつでも僕を求めてくれるのであれば、僕はいつでもありがたく、すぐにでも、泳いででも(笑)行きますよ!

●イ・ソウォンさんが考える「病院船」の鑑賞ポイントは?
ー小物や行動などに隠された意味を見つけることができます。一度みるだけではわからないけど、二度みればわかるというような、伏線や意味を探すのも面白いと思います。あとは、登場人物それぞれの傷や精神的な部分が癒され、成長していく過程、そしてどういう結末になるか、それも鑑賞ポイントだと思います。

●次に挑戦したい役やジャンルなどはありますか?
ー僕は個人的に役やジャンルはあまり考えていないです。僕が作品を選ぶというよりも、オーディションの機会があればそれを受けて、一緒にやっても良いとお許しいただければ参加させていただいていました。あと僕は視聴者の皆さんに色々な姿をお見せしたいと思っています。そのような理由から、役だけ考えるというようなことはないです。韓国では最近webドラマに出演したんですが、そこではコメディーのような姿もお見せしていますよ。

●最近はまっていることはありますか?
ー自然の風景を見ることにはまっています。ストレスが癒されるので。

●2018年の予定は?
ーまだ2018年の活動計画は決めていないんです。1年間忙しく、休むことなく4つの作品に出演したんですが、それらから学んだことを整理できず溜まっていると思っています。そのため今年の年末にそういうものを整理して、それが終われば新年の目標もたてられると思うんです。まだ来年の目標も決められていないのですが、変わらないのは、来年はもっと熱心にもっと忙しく撮影をして、視聴者の皆さんに早くお目にかかれるようにしたいと思っています。

●最後に日本のファンにメッセージをお願いします。
ーう~ん何と言ったらいいのかな(照)。日本の皆さん、こんにちはイ・ソウォンです。僕たちの「病院船」を愛していただき、僕のことも愛して、興味をもっていただけるととても嬉しいです。これから日本でもたくさんお目にかかれるように、たくさん努力しますので、もっとたくさん、日本でも機会をいただけると嬉しいです。私は日本が大好きです。(日本語で)サイコウデス!!アリガトウゴザイマス!コンニチハ!

「病院船」の注目若手俳優、イ・ソウォンさんインタビュー_1_2
「病院船」の注目若手俳優、イ・ソウォンさんインタビュー_1_3


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 最旬若手女優、「偶然見つけたハル」のキム・ヘユンさんの素顔

    キム・へユンさんは、2019年は彼女の年と言われたほど、「SKYキャッスル」と「偶然見つけたハル」の大ヒットで時の人となった若手女優です。もうすぐDVDが日本でも発売となる「偶然見つけたハル」は、漫画のヒロインのような毎日を過ごしてきたウン・ダノが、ある時自我に目覚め、自分は漫画の世界に住むエキストラだったことに気づく…。という単なる学園ドラマとは異なるちょっとスピリチュアルな部分も魅力。完璧なキャスティング、緻密でスピーディーなストーリー展開で、韓国語のタイトルを略して「オハル」の愛称で爆発的な人気を博しました。作品がMBC演技大賞の視聴者が選ぶ今年のドラマ賞、ダノを演じたキム・へユンさんが新人女優賞並びに、水木ドラマ部門優秀女優賞、初主演でライジングスターとなったSF9のロウンさん、イ・ジェウクさんが新人男優賞、ジェウクさんは百想芸術大賞でも新人男性演技賞にもノミネートされ、このドラマがどれだけ注目されていたかがうかがえました。そんな3人にお会いすることができたので、順に紹介していきたいと思います!先ずは、キム・へユンさん。身長190.5センチのロウンさんと、160センチのへユンさんの身長差カップルがキュート、と絶賛されました。えくぼが愛らしく明るくてチャーミングで、まさにダノのようでした。パク・ボゴムさんの最新作「青春の記録」にもカメオで出演するなど、快進撃は続いています!

    韓流NEWS

    2020年10月20日

  • 秋の夜長に推したい、韓流ドラマ&映画5選

    この秋も話題作が目白押しの韓国ドラマ&映画。韓流ドラマに「愛の不時着」でハマったという方も多いかと思います。韓国では昔からドラマや映画に対する期待値がとても高いそうで、それが面白く心奪われる作品が生まれる理由のひとつなのかな、と感じる今日この頃。そして映画館に足を運ぶ人が日本の3倍なのだとか。秋の夜長にぴったりの、ジャンルの異なる5つのお勧め作品をピックアップ!

    韓流NEWS

    2020年10月15日

  • 魅力炸裂!「初対面だけど愛してます」キム・ヨングァンさんインタビュー

    「初対面だけど愛してます」はラブコメなので、立体的に主人公ミニクの役作りをしたというキム・ヨングァンさん。わがままな本部長ミニクの百面相のようにくるくる変わる表情、187センチの元モデルなだけに見目麗しいスーツ姿も拝め、ヨングァンさんファンにはたまらない作品です!昨年、大ヒットした映画『君の結婚式』で男性新人演技賞も受賞、いままさに注目したい俳優のひとりでもあります。ヒロインは、ヒット作が続いているチン・ギジュさん演じるミニクに振り回される、地味ながらも熱血秘書のガリ。そんなふたりを見守るミニクの幼馴染キ・デジュを演じたのは、やはりモデル出身、身長188センチというライジングスター、「私たち、恋してたのかな?」のク・ジャソンさん。ヨングァンさんとジャソンさんが並ぶと、神がかったスタイルの良さにため息が出ます。ミニクの見合い相手、ぶっ飛びセレブ女社長ベロニカをキム・ジェギョンさん、と絶妙なキャスティング。キュンキュンするラブコメが足りない方はぜひ!映画やドラマのヒットで、広告やファッション誌のグラビアなど多忙を極めるヨングァンさんが、マリソルのインタビューに答えてくれました!!

    韓流NEWS

    2020年9月28日

  • ラブコメ時代劇「コッパダン〜恋する仲人〜」の花男子に注目!

    若手注目株の俳優たちがキャスティングされ、話題となったラブコメ時代劇「コッパダン~恋する仲人~」。王様の初恋を実らせるはずが三角関係に!?イケメン仲人集団「花婆党(コッパダン)」には、「浪漫ドクター キム・サブ」のキム・ミンジェさん、187センチのトップモデル出身、「ディア・マイ・フレンズ」「恋愛ワードを入力してください~Search WWW~」のピョン・ウソクさん、そして元Wanna Oneのパク・ジフンさん、そして王様役は「あいつがそいつだ(原題)」「おかえり(原題)」のソ・ジフンさんがキャストされ、まばゆいほどの麗しさで話題になりました。ライトタッチのラブコメかと思いきや、心に傷を負った少年をパク・ジフンさんが細やかに演じています。彼は、「朱蒙」や「イルジメ[一枝梅]」などで子役として活躍していた経験があり、この作品でドラマ復帰。また、ピョン・ウソクさんは9月7日から、モデル出身の俳優役でパク・ボゴムさん、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ソダムさんと共演の「青春記録」が放映開始。ライジングスターとして注目されています!ヒロイン役はTWICEのジョンヨンさんの姉でも知られるコン・スンヨンさんです。花男子3人が語るドラマの話からも楽しかった現場の様子が目に浮かびます。

    韓流NEWS

    2020年9月1日

  • チョン・ヘインさんが語る、新作「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」

    2018年7月にこのコラムで社会現象となったヒット作「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の取材をさせていただいた頃から、変わらぬ魅力で数々のCMに起用されるなど、その人気は天井知らずのチョン・ヘインさん。昨年キム・ゴウンさんと共演した映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』では、新人賞も受賞。その叙情的で心に響く映画の脚本家、イ・スギョンさんと再タッグを組んだ、ヘインさんの新作ドラマ「半分の半分 〜声で繋がる愛〜」の日本初放送が始まります!「ナイショの恋していいですか!?」「優しくない女たち」「ボイス〜112の奇跡〜」など個人的に好きな作品が多いイ・ハナさん、「青い鳥の家」でもチャーミングだったチェ・スビンさんとの共演も、また美しい映像のエストニアロケにも注目です。

    韓流NEWS

    2020年8月8日

  • チャン・ギヨンさん&イ・スヒョクさん夢の共演、「Born Again」に注目!

    快進撃が続くチャン・ギヨンさんと、ファン待望の除隊後復帰作となったイ・スヒョクさん、「オクニョ 運命の女」「不滅の恋人」「アイテム~運命に導かれし2人~」など、日本でも人気の女優チン・セヨンさんが共演したドラマ「Born Again」(原題)。運命や前世について考えさせられる、3人がふたつの時代で一人二役を演じ分けた話題作です。そして、ギヨンさんとスヒョクさんの夢の初共演作でもあります。ギヨンさんが17歳の頃、スヒョクさんに憧れてモデルを目指したというエピソードは有名で、ゆえにこの作品でのふたりの共演は特別なものに。劇中では敵対していますが、見目麗しいふたりが実際は仲の良い同じ事務所の先輩後輩なのが伝わってきます!!

    韓流NEWS

    2020年8月1日

  • 「サイコだけど大丈夫」、『最も普通の恋愛』も! この夏観るべき韓流ドラマ&映画はこれ

    韓流ドラマ好き友人たちとの最近の話題は、Netflixで毎週土日に世界同日配信中の「サイコだけど大丈夫」。「星から来たあなた」で韓ドラの沼にハマったファンも多いので、キム・スヒョンさんの除隊後復帰作でもあり、まさに5年ぶりの主演となるこのラブコメは待望の期待作!また、韓国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編で、ヨン・サンホ監督作品、カン・ドンウォンさん主演のカンヌ国際映画祭にも招待された『半島』が7月15日の公開初日に35万人を動員!!日本の夏も「梨泰院クラス」のパク・セロイこと、パク・ソジュンさんの『ディヴァイン・フューリー 使徒』、『最も普通の恋愛』、『鬼手』など話題作が続々公開予定です。『パラサイト 半地下の家族』「愛の不時着」で韓流デビューした皆様にもお勧めしたい、ドラマ、映画、DVDのマストリストをお届けします!

    韓流NEWS

    2020年7月17日

  • 超話題作「夫婦の世界」、キム・ヒエさんの怪演に引き込まれる!

    完璧だと思っていた世界が、夫の不倫で瞬く間に崩れていく。進化し続けるベテラン女優、キム・ヒエさんが主演のBBCドラマ「女医フォスター 夫の情事、私の決断」のリメイクが、超話題作「夫婦の世界」。「ミスティ〜愛の真実〜」のモ・ワンイル監督というだけあり、濃密で見応えのある作品です。5月に韓国で放送された最終回は、31.7%というケーブルテレビ史上最高視聴率を記録した大ヒットドラマ。激戦だった今年の百想芸術大賞でも監督賞と主演女優賞も見事に受賞しました。7月10日(金)からKNTVで日本初放送がスタート、7月3日午後7時から24時間限定オンライン試写会も!お見逃しなく!!

    韓流NEWS

    2020年7月1日

Read More

Feature

Ranking