マリソル御用達のTOKYOブランドのオンリーショップが続々オープン中!

2017年12月11日
セレクトショップに入っているといっても、なかなかお目にかかれない人気ブランドが今年に入って続々と旗艦店をオープン。フルラインナップがそろうから、お目当てのものもきっと見つかる
マリソル誌面でも頻繁に登場する人気ブランド、気がつけばMADE IN JAPANのものばかり。日本人の体型に合うのはもちろん、その繊細なつくりで"なんか素敵!"なスタイルに欠かせない旬ブランドをご紹介。

1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

★ザ ショップ スローン

うっとりとする肌ざわりのニットに支持が集中
ニット専門ブランドとして昨年デビューし、瞬またたく間に人気に火がついたスローンのオンリーショップ。好みのゆとり感や着心地を選べるよう、ユニセックスなサイズ展開に。絶妙なカラーリングや仕立てのよさで、何げない着こなしも、より洗練された雰囲気に格上げして見える。

(右)ライトブラウンが今年っぽい。カシミア100%で肌ざわりもなめらか。ニット¥40,000/スローン
(左)発色のいい赤にもこだわりが凝縮。ざっくり感もちょうどいい。ニット¥29,000/スローン
■SHOP DATA
住)東京都目黒区自由が丘1の26の13
℡)03-6421-2603 10:00~19:00
不定休
★マディソンブルー

大人のためのこなれアイテムにファン多数
カジュアルなアイテムも、大人が着て素敵に見えると好評のマディソンブルー。上質素材はもちろん、シルエットや細部のディテールにまでこだわり抜いたからこその品のよさと、確実にあかぬけて見える信頼度はピカイチ。目黒にあった路面店がこの夏、表参道に移転オープン。

(右)人気のシャツワンピースも白が新鮮。ワンピース¥62,000/マディソンブルー(マディソンブルー)
(左)MYTHINKSの別注カラー。バッグ¥65,000(旗艦店限定商品)/マディソンブルー(マディソンブルー)
■SHOP DATA
住)東京都渋谷区神宮前4の19の3  
℡)03-6434-9133
営)10:30〜19:00
火曜休
★オーラリー

ベーシックを極めたオーセンティックさが人気
素材作りからデザインととらえ、シンプルながらハイクオリティな物作りが定評のオーラリー。カットソーやニット、スウェットなども充実していて、上質なデイリーウエアとして人気を確立。この秋に待望となる初のオンリーショップが表参道に。メンズとレディスが一気にそろう。

(右)こだわりのインクブラックというビターな色みも素敵。コート¥80,000/オーラリー(オーラリー)
(左)ハンサムなおじ柄チェックが今っぽい。パンツ¥38,000/オーラリー(オーラリー)
■SHOP DATA
住)東京都港区南青山6 の3 の2 QCcube南青山63 1F 
℡)03-6427-6336 
営)12:00〜20:00
不定休
★エレンディーク

華ありアイテムが多く、大人の可愛げを体現!
ややエッジのきいたデザインながら、コーディネートに自然となじみ、今っぽいスタイルにアップデートしてくれる頼れるブランドにもついに路面店が。女っぽさとモード感がミックスしたテイストで、今の気分を代弁。一枚で絵になるアウター類やワンピースなどにもファンが多い。

(右)白でも着膨れして見えない美シルエット。コート(ベルトつき)¥49,000/エレンディーク
(左)歩くたびに揺れるサイドプリーツがきれい。スカート¥22,000/エレンディーク
■SHOP DATA
住)東京都港区南青山5 の9 の8 青山5 番館1F
℡)03-3486-5511
営)11:30〜20:30(土・日曜、祝日11:00〜20:00)
不定休
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/須藤由美

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords