カジュアルの品を上げてくれる。エディター磯部安伽さんの「定番小物」

2017年12月18日
「冬はやっぱりベーシック!」と語る磯部さんのリアルワードローブに足す定番小物とは?

磯部安伽

ファッションエディター。確かな知識と世界観のある美しいページ作りで、各女性誌から絶大な信頼を集める一方、センス抜群の私服コーデが毎回読者投票の上位にランクイン。スタイリスト福田亜矢子氏との連載「おしゃれは2周目からがおもしろい!」も好評

Yasuko Isobe
「カジュアル好きの大人には、『品』を上げてくれる小物が必要なことに気づきました。一方で、大の寒がりなので、デイリーに使えるあったか名品も欠かせません!」

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

■黒のレザーグローブ
「コートやニットのすそからちらっとのぞくツヤ感が欲しいから、手袋は断然レザー派です。昔、イタリアで出会った『セルモネータ グローブス』。すごく革が柔らかく、自分にぴったりのサイズを選べます。初めてつけた時、そのつけ心地のよさに驚きました。今は日本でも買えるので、今年はごくシンプルな黒を購入。古くなったら買い替えて、きっと一生身につけていくと思います」
■パールのアクセサリー
「よく、冬の着こなしにパールがきくって言われますが、本当にそうなんだと再認識しました。これは何年か前に譲り受けた、母が40代の時に買った黒真珠のネックレス。実はあまり出番がなかったのですが、最近その魅力に気づいたんです。もちろんトレンドということもありますが、母と同じ年齢になって、しっくりきたのかもしれません。白と同じように、普通にさらっとつけるつもり」
■エルメスのスカーフ
「スカーフを素敵につけている人が本当に好きで。2018年1月号の『2周目』連載でも取り上げているので、ぜひご一読ください(笑)。デザイン性の高い服にはスカーフって必要ない。まさにベーシック派のためのアイテムです。合わせるのは、やっぱりブラウンのニット」。ニット¥30,000/スローン コート¥79,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) 
■コンバースのハイカットスニーカー
「こちらは、冬の防寒対策という意味でのマイ定番小物です。私にとって、コンバースのハイカットはショートブーツ代わり。こちらも名品と言える、『ブルーフォレ』のアンゴラソックス(これがめちゃくちゃ暖かくて、タイツいらず!)と合わせるのが、ロケの日の定番スタイルです。ちなみにコンバースは白、黒、グレーと3 足持っていて、今年はなぜかグレーの出番が多いんです」
■ジョンストンズのカシミアストール
「自分でも何枚か持っていて、そして撮影では何百回も(!?)見ているけれど、やっぱりいいものはいいんです。ニット同様、『ストールもクオリティ』と言えるかもしれません(笑)。今年新たに選んだのは、ブラウン系のブロックチェック。茶系のグラデーションになっているから、白やベージュ、茶系はもちろん黒の服や小物にもなじんで、実は相当使えます」。
撮影/西原秀岳(TENT/物) 須藤敬一(人物) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリング協力/池田めぐみ

What's New

Feature

Ranking