美女組No.92めるものブログ

美女組:No.92 めるも

No.92 めるも

弁護士秘書

美女組4年目、ヨガと音楽とおいしいものをこよなく愛するめるもと申します。ニックネームの由来は、手塚治虫キャラクターのメルモちゃんに似てると言われたことから。 そんな少女(!?)のような好奇心を忘れず、アラフォー生活日々満喫中です♪
Instagram → https://www.instagram.com/melmo1121/

南の島旅行記~アーユルヴェーダで癒される編♪

2017年12月12日
今回の旅の目的の一つは、フサキリゾートヴィレッジでのアーユルヴェーダ体験。身も心も癒されて、エネルギーチャージ!
フサキリゾートでは10月から、東京都内でアーユルヴェーダサロンを運営する「Karunakarala(カルナカララ)」のプロデュースにより、アーユルヴェーダの宿泊プランができたのです。2泊3日のホテルステイには、アーユルヴェーダの体質診断、診断によるトリートメント(1日2回)、アーユルヴェーダ要素を取り入れた食事3食がパーケージとなっています。
アーユルヴェーダでは体質がヴァータ、ピッタ、カパの3つの要素でつくられますが、診断で私は「風のエネルギー」を持つヴァータ寄りと判明。3つの要素は偏りすぎてもいけないようで、バランスを整えるためのコースが組まれます。
トリートメントは、体質に合わせたオイルを使って、シロダーラ(頭にオイルをたらす施術)と、アビヤンガ(全身のオイルマッサージ)を受けました。特にシロダーラは至福の時間!温かいオイルが頭を伝うと、夢を見ているようなふわふわとした不思議な感覚になります。終わった後、頭はすっきりクリアに。
食事も朝昼晩と、たっぷりの野菜、ハーブ、石垣の食材を使ったメニューです。朝はおかゆとゴーヤとリンゴのスムージー。サラダには石垣島産のハーブもたっぷり。ランチのカレー3種は、私のヴァータ体質にに合わせた具材が。にんにく、おくら、ラディッシュのボリューミーなカレーをジャスミンライスとともにぺろりと完食してしまいました(笑)。夜はアーユルヴェーダハーブをふんだんに使った郷土料理。白身魚のマース煮にゴーヤチャンプルと石垣の味を堪能できました。
は~身も心も癒やされました。アーユルヴェーダ効果か、旅行後も疲れ知らず、体がとても軽いのです。忙しい都会生活だと、こうして一日癒しのときを過ごすことってなかなかできませんよね。石垣島のおだやかな気候風土もあいまって、エネルギーをしっかりとチャージ。旅の貴重な体験となりました。

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords