離婚危機のアラフォーを描く「ゴー・バック夫婦」主演チャン・ナラさん&ソン・ホジュンさんインタビュー

2018年2月22日
「ゴー・バック夫婦(原題)」は、離婚を決意したアラフォー夫婦の、笑えて泣ける温かいドラマ。久しぶりにいいドラマに出会えた、と強く感じた作品です。3月に37歳になるとは思えない奇跡?妖精?と話題となったジンジュ役を演じた女優チャン・ナラさん(「君を憶えてる」、「運命のように君を愛してる」)と、バンド役を演じたソン・ホジュンさん(「応答せよ1994」)が主演。また、ホジュンさんの恋のライバル役を演じたチャン・ギヨンさんは、モデル出身のライジングスターです。「最高の結婚」から注目していたので、この作品の大ヒットでさらなる活躍を期待してます!ホジュンさんの親友、東方神起のユンホさんもカメオで出演。観るべし!
チャン・ナラさん
ソン・ホジュンさん
●「ゴー・バック夫婦(原題)」の見どころはどんなところですか?

ホジュン:「ゴー・バック夫婦」は20歳で大学生のときに結婚した夫婦が、18年間ともに過ごした後に離婚を決意するのですが、過去にタイムスリップをして、これまで忘れていた大事なこと、どのようにお互い愛し合っていたのかなどを、取り戻していく物語です。とても面白いですし、現実的なストーリーも含まれているドラマです。

●チャン・ナラさんの20歳の女子大生役に全く違和感がなかったのですが、演じるのは難しかったですか?また若く見える秘訣はあるのでしょうか?

ナラ:最初はどうやって演じればいいかわかりませんでした(笑)。台詞の中に鏡を見ながら「お~かわいい!ピチピチしてる」という台詞があって、その台詞を撮る時は本当に頭の先まで赤くなるほど恥ずかしかったです。でも台本にあるので絶対にやらなければならないので、撮影チームや監督、制作チームを信じてやりました(笑)。上手に化粧をすれば若く見えました(笑)特別に秘訣というものはなく、うちは家族皆わりと幼く見える顔立ちなので、私も少し幼く見えるのではないかと思います。
ホジュン:僕から見ると、この質問自体を逆にした方が良いのではないかと思います。ナラさんは20歳の演技が難しいのではなくて、現場では38歳の演技が大変そうに見えました。化粧も、歳をとったように見せる化粧をされているのを横で見て、ナラさんは38歳を演じる時の方が大変そうだなと思いました。
ナラ:うわ~ありがとうございます(笑)。ジンジュは家事や育児に追われているため、「疲れ」をお見せしないといけないためわざと疲れてみえるメイクをしていましたね。

●お二人が20歳に戻れるとしたら何がしたいですか?

ナラ:過去に戻りたいと考えたことはないのですが、もし戻るなら、生まれてから21歳まで暮らしていた町で散歩がしたいです。今もよく行くのですが、今とはまた雰囲気が違うんです。
ホジュン:僕は、一度そういうことを考えてみたことがあるのですが、20歳に戻って何かをやってみたいというよりは、勉強をしたいです。ずっと頑張って勉強をしていたら今の自分が何になっていたのかな、と少し気になりますね(笑)なので一度一生懸命勉強をしたいですね。

●チャン・ナラさん演じるジンジュが涙するシーンが多く、視聴者も一緒に泣くことが多かったですが、いちばん記憶に残っている悲しいシーンは?

ナラ:一番悲しかったシーン…このドラマは哀しい場面がとても多くて、1週間ほど毎日泣くシーンを撮影した時は、目がずっと腫れていました(笑)。ホジュンさん演じるバンドが車にひかれてるシーンがあるのですが、そこで台本には「あなた!」と叫ぶというシーンがありました。ただ私はまだ結婚していないので「あなた」という台詞が、正直どうやって言えば良いかわからなったんです。でも実際に交通事故に遭うシーンを撮ったときに、地面に倒れたバンドの姿を見たら口から自然と「あなた」と言う言葉がでたんです。台詞が「あなた」しかなかったのですが、それだけで泣けるシーンでした。

●チョン・ナムギルを演じたチャン・ギヨンさんとソン・ホンジュンさんは同じ事務所ですが、共演されていかがでしたか?

ナラ:とてもよかったですよ。ギヨンさんもとても一生懸命で、毎回撮るたびに成長していて、チーム全員がなんだか誇らしかったです。ギヨンさんは相手の演技に集中するタイプだったので、先輩たちと演技する時も、集中するように努力されていて、とても良かったと思います。
ホジュン:僕は撮影以外でも頻繁に会っていて、撮影に入る前も実は集まったりもしていました。とても優しく、気遣いもよく出来ますし、撮影も一生懸命で、チームにも馴染めるように努力していたので、一緒に撮影するのがとてもありがたかったですね。僕自身も楽しかったです。

●『ゴー・バック夫婦』は身近にありすぎて気がつかない大切なものを描いていますが、お二人にとって大切なものは?

ホジュン&ナラ:(同時に)家族。
ホジュン:友達。
ナラ:仕事?うん友達も。
ホジュン:うん、仕事も。
ナラ:答えが似ていますね(笑)。
ホジュン:うん、そうだと思います(笑)。

●『2017KBS演技大賞』ではでベストカップル賞を受賞されましたね。おめでとうございます。演技の相性はいかがでしたか?

ナラ:とても楽でした!(笑)
ホジュン:賞をいただいたときにもお話しをしたのですが、僕じゃなくても、あの座はチャン・ナラさんとであれば、他の誰でもとれる賞だったと思います。
ナラ:私はその逆だと思います。ホジュンさんが本当に上手なんです!
ホジュン:いやいや、もう~(笑)。
ナラ:ホジュンさんは本当に一生懸命で、あんなに必死にやっていたら頭が爆発しちゃうのではないかと思うくらいでした(笑)。
ホジュン:本当にとても楽しい現場でしたね!

●最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

ナラ:『ゴー・バック夫婦』は現実のことを共感しながら見ていただけるドラマだと思います。日本でも多くの皆さんに愛していただければと思います。たくさんの応援をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
ホジュン:『ゴー・バック夫婦』は本当に温かいドラマですので、ご覧になりながら、ご家族とより親密になれるそんなドラマです。たくさんご覧いただき、応援と愛をお願いいたします。ありがとうございます!

Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ Couple on the Backtrack SPC All rights reserved ●KNTVにて日本初放送/ 2月25日(日)スタート 毎週(日)後8:50~11:15 ※2話連続放送 再放送日 毎週(月)正午~後2:30 ※2話連続放送


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • 愛すべきライジングスター、「愛の温度」のヤン・セジョンさんインタビュー ②

     「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」で、ソン・スンホンさんの少年時代を演じるヤン・セジョンさんを初めて観て、「どこからこんな大型新人が出てくるのでしょう??奥深すぎる!」と感心したのが昨年冬。続いて日本で放映された「浪漫ドクターキム・サブ」でも存在感が隠せず、ひとり3役を演じた「デュエル〜愛しき者たち〜」、そして初主演「愛の温度」、先ごろ韓国で放送が終わったばかりの「30なのに17(原題)」と快進撃が続きます。10月に「愛の温度」のファンイベントのため初来日したヤン・セジョンさんは、正直でピュアで、ほんのり天然で自然体。応援せずにはいられないキャラクターで、ファンを魅了。そんなセジョンさんのインタビューを2回に分けてアップします!

    韓流NEWS

    2018年11月15日

  • 愛すべきライジングスター、「愛の温度」のヤン・セジョンさんインタビュー ①

     「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」で、ソン・スンホンさんの少年時代を演じるヤン・セジョンさんを初めて観て、「どこからこんな大型新人が出てくるのでしょう??奥深すぎる!」と感心したのが昨年冬。続いて日本で放映された「浪漫ドクターキム・サブ」でも存在感が隠せず、ひとり3役を演じた「デュエル〜愛しき者たち〜」、そして初主演「愛の温度」、先ごろ韓国で放送が終わったばかりの「30なのに17(原題)」と快進撃が続きます。10月に「愛の温度」のファンイベントのため初来日したヤン・セジョンさんは、正直でピュアで、ほんのり天然で自然体。応援せずにはいられないキャラクターで、ファンを魅了。そんなセジョンさんのインタビューを2回に分けてアップします!

    韓流NEWS

    2018年11月1日

  • 再始動!超新星改めSUPERNOVAインタビュー

    来年日本デビュー10周年を迎える人気ダンスヴォーカルグループが、グループ名をSUPERNOVAに改名。第二幕を開け新たなスタートを切り、11月6日に待望のファーストシングルが発売されます!ライブ、堪能な日本語を生かしたTV番組などグループでの活躍はもちろん、ミュージカル、ドラマ、映画と、個人でもマルチに活躍する彼らから目が離せません!

    韓流NEWS

    2018年10月17日

  • ラブコメ王パク・ソジュンさんのオーラ全開!「キム秘書がなぜそうか?」インタビュー

     最新作「キム秘書がなぜそうか?(原題)」のヒットでその人気を不動のものにしたパク・ソジュンさん。9月の”ソウルドラマアワード2018”では「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」の演技で、韓流ドラマ男性演技者賞を受賞、ラブコメのヒット作品が続いたので、ラブコメ王の名をほしいままにしています。リアリティ番組でも注目されCMにも引っ張りだこ、快進撃の続くトップスターに、このドラマのお話と近況を伺いました。質問に丁寧に真摯に答えてくれ、愛犬シンバの話となると屈託ないトレードマークの笑顔を見せるソジュンさん。致命的に完璧なイ・ヨンジュンを演じ、彼の魅力満載の「キム秘書がなぜそうか?」の日本初放送は、Mnetで10月19日からです!

    韓流NEWS

    2018年10月1日

  • 「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!

    U-KISS、UNBのメンバーとして人気のアイドル、ジュンさん。俳優イ・ジュニョンとして出演し、アイドルとは思えない熱演も話題となったドラマが「別れが去った(原題)」です。この作品は、チェ・シラさんが演じる”母という立場が危うくなった女性”と、チョ・ボアさんが演じる”母になる準備のないまま子を授かる大学生”をめぐる物語。家族や愛について考えさせられる、リアリティ溢れるドラマで高く評価されました。前作「甘くない女たち〜付岩洞<プアムドン>の復讐者〜」で演技に開眼、今作ではチョ・ボアさんの彼を演じたジュンさんは、OST(ドラマ挿入歌)にも参加し大活躍。旬の俳優としてのジュンさんに直撃インタビュー!「別れが去った(原題)」は、9月26日からCS放送局衛星劇場でスタートです!

    韓流NEWS

    2018年9月20日

  • 話題の超大作ドラマ「ミスター・サンシャイン」を訪ねて

    「太陽の末裔」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」のイ・ウンボク監督、キム・ウンスク作家の新ドラマ「ミスター・サンシャイン(原題)」のソウルでの制作発表会に伺いました!カリスマ俳優イ・ビョンホンさん、可憐さの塊のキム・テリさんが華やか(映画『1987、ある闘いの真実』で注目してました!豪華キャストのブロックバスターも9月8日より日本でも公開となります)!この日は雨で、帰り際に「みなさん、傘をお忘れなく!」というピョン・ヨハンさんの言葉に笑いが起き、会場を去る監督とユ・ヨンソクさんが肩を組んで歩いていたり、仲睦まじい様子にほのぼの。また、忠清道論山(ノンサン)の「サンシャイン ランド」にロケ地を訪ね、そのスケールに圧倒されました。ソウルから日帰りで足を伸ばせる場所にあるのでぜひ!ドラマはNetflixで7月8日から配信中!ため息が出るほど美しい映像、役者の存在感にも心奪われます。Netflixでの「秘密の森」、「刑務所のルールブック(賢い監房生活)」に続く、韓国放映とほぼ同時配信でも話題となっている作品です。

    韓流NEWS

    2018年9月3日

  • 「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー

     俳優キム・ミョンスとしても活躍するアイドルグループINFINITEのエルさん。NHK BS プレミアムでも放送され話題となっている時代劇「仮面の王 イ・ソン」ではユ・スンホさんと共演。貧しい水売りの少年が王の影武者となる難しい役を熱演して注目されました。ちなみに、この美しい演技派二人の共通点は猫好き。2人とも(猫に仕える)執事の身なのだとか。グッと引き込まれるストーリー展開の物語と彼らの熱演を、ぜひDVDで堪能して!

    韓流NEWS

    2018年8月17日

  • 「仮面の王 イ・ソン」主演、名品俳優ユ・スンホさんの素顔

    7歳でドラマデビュー、10歳の頃公開された映画「おばあちゃんの家」で国民的名子役としてスターに。高校一年生で時代劇「善徳女王」の王子チュンチュを演じ、子役から見事に脱皮しました。以後たくさんの作品で活躍しているユ・スンホさんは今24歳。優しく、笑顔を絶やさず、こんなに美しい人間がいていいのかと思ってしまうほどで、眉目秀麗とは彼のためにあるよう。NHK BSプレミアムでも放送され人気を博している時代劇「仮面の王 イ・ソン」で主演、そのDVDのリリースに合わせ、来日した彼に直撃です!

    韓流NEWS

    2018年8月1日

Feature

Ranking