宙組 真風涼帆さん「トップスターに就任した今の心境は『正直、まだわからない』」【宝塚スターインタビュー】

2018年3月17日
宝塚スター連載がリニューアル!第一回は宙組 真風涼帆さん

今を積み重ねたその先に未来がある。 見つからない答えもきっとそこにある

「女性が男性を演じるからこそ、現実世界には存在しないであろう“憧れの男性”を体現できる。それが宝塚の、男役の、魅力だと私は思うんです」

 それを見事に体現しているのが宙組の新トップスター・真風涼帆だろう。長身と広い肩幅に長い手足、男役としては「恵まれている」のひと言につきる男らしいビジュアル。そして、それを武器に醸し出される大人の色気……その魅力に圧倒され惹きつけられ多くの観客が恋に落ちてきた。

そんな彼女だが、舞台から降りたその素顔はとてもフランク。東京宝塚劇場で行われた今回の取材、歌の練習をする下級生に「その歌、何だっけ?」と自ら話しかけ、答えを聞くと「すっきりした、ありがとう!」と笑いかける場面も。
「なぜかクールなイメージをもたれることが多いみたいで。初対面のかたにはよく驚かれるんです。“こんなによくしゃべる人だったんだ!”って(笑)」

 このギャップと明るい人柄も多くの人を虜にしている魅力のひとつ。早くから大役への抜擢が続きスター街道を突っ走ってきたように見える彼女だが「ここに来るまで、何度も壁にぶち当たっては頭を打ちつけてきました」と笑う。実は努力の人だ。
「子供のころは自分を前向きな人間だと思っていたんですけど、宝塚に入ってそれが打ち砕かれました。私が育ったのはクラシックバレエを習っていることすら珍しい熊本の片田舎。都会でレッスンを重ねてきた同級生には実力が追いつかず、落ち込むこともすごく多かったんです。秀でた才能もなければ、誇れるものすら何もない、もちろん自信なんて1ミリももてませんでした」

悩み迷った時期を経てたどりついたのが「不安を打ち消すのは稽古しかない」という答え。人の何倍も努力を積み重ねてきた真風さんが胸に刻んでいる言葉がある。それは、当時、上級生が投げかけてくれた「今を生きることに集中しなさい」という言葉。今を積み重ねた先に未来は存在する、そこにどれだけ熱量を注ぐかで未来は変わる、その歩み方はずっと変わらない。トップスター就任の心境を尋ねた時に返ってきたのも、彼女らしいこんな答え。
「この雑誌が出るころには、私がトップスターとして初めて立つ舞台『WESTSIDE STORY』がスタートするのですが、今はまだ稽古も始まっていない状態。これからについては“まだわからない”が正直な気持ちなんです。確かなのは(前トップスター)朝夏まなとさんから受け取ったバトンをちゃんとつないでいきたいという強い思いだけ。今はそのバトンをしっかり握りしめ前に進むことが大切なのかなと思っています。その答えもまた今を積み重ねた先にあると、信じて!」
Profile
まかぜ・すずほ●熊本県出身。2006年、星組に配属。15年、宙組へ組替え。そして17年11月20日付で朝夏まなとの後任としてトップスター就任。1月12日からスタートする舞台『WEST SIDE STORY』がトップスターとしてのお披露目公演となる




Next Stage!
©宝塚歌劇団

★ミュージカル・オリエント 『天(そら)は赤い河のほとり』

★ロマンチック・レビュー 『シトラスの風-Sunrise-』 ~Special Version for 20th Anniversary~

『少女コミック』で連載され、絶大な人気を誇った篠原千絵の歴史ファンタジー漫画『天は赤い河のほとり』を、宝塚歌劇でミュージカル化。宙組新トップコンビの大劇場お披露目公演となる。主演:真風涼帆 星風まどか 3月16日~ 4月23日:宝塚大劇場 5月11日~ 6月17日:東京宝塚劇場

What's New

Feature

Ranking