「マッド・ドック」でブレイク!若手俳優ウ・ドファンさんに注目!

2018年3月23日
最近、注目されている4人の若手俳優のひとり、ウ・ドファンさん。彼の最新ヒットドラマ「マッド・ドック(原題)」が日本初放映!!この作品で2017年KBS演技大賞では新人賞を受賞。ドファンさんは映画『MASTER マスター』、ドラマ「君を守りたい〜SAVE ME〜」にも出演しています。俳優の父の影響で役者の道を選んだ、目玉焼きをこよなく愛する青年です。ちなみに他の実力派注目株には「師任堂(サイムダン)、色の日記」「浪漫ドクター キム・サブ」「愛の温度(原題)」のヤン・セジョンさん、「あなたが眠っている間に」「賢い監房生活(日本題:刑務所のルールブック)」のチョン・ヘインさん、「ゴー・バック夫婦(原題)」のチャン・ギヨンさんなどが名を連ねます。どの作品もお勧めなのでぜひ!
●ウ・ドファンさん出演の『マッド・ドッグ』が日本初放送されます。今のお気持ちは?

ーこんにちは。『マッド・ドッグ』でキム・ミンジュン役を演じているウ・ドファンです。『マッド・ドッグ』が日本で放送されると聞き、とても不思議な気持ちです。僕にとって初めて多くの関心をいただいた作品なので、この作品でこうして日本のみなさんにもお会いできるのはとても光栄なことだと思っています。楽しく見ていただけたら嬉しいです。

●出演を決めた理由を教えてください。

ーまず『マッド・ドッグ』に込められていたメッセージがとても良かったんです。とても面白く、魅力的でしたので、私も一つのチームで一緒に制作したいという思いが強かったのだと思います。またキム・ミンジュンという、いつどう変わるかわからないキャラクターを、俳優なら一度は挑戦してみたいと思いました。本当に出たいと思った作品でしたし、やってみたいと思ったキャラクターで、幸運にもこうして一緒に制作することができました。

●メッセージがとても良いとおっしゃいましたが、『マッド・ドッグ』がどのような作品なのか教えてください。

ー本作の一番大きなテーマは保険金詐欺です。本作は保険で詐欺を行いお金を奪う悪人たちを捕まえるドラマです。その中で、家族とは何なのかということを、今一度考えさせてくれる作品だと思います。韓国だけでなく、全世界に共通するテーマだと思いますが、自分の利益のために他人の悲しみや痛みを無視して生きている人を法で裁いていくドラマです。

●今回演じたキム・ミンジュンはどんな人物ですか。

ーミンジュンは小さい頃に両親を亡くし、兄と2人で暮らした後にドイツに養子に行くことになります。その後、兄はパイロットになるんですが、多くの人が乗った飛行機を墜落させた殺人犯にされてしまい、ミンジュンは韓国に戻り兄の事件に関する真実を明かそうとします。その過程で、ユ・ジテさん演じるチェ・ガンウが率いるマッド・ドッグチームと出会います。ミンジュンは養親がいるのですが、その養親にも捨てられ、ドイツの小路で一人で生きてきたので、なんと言うか“小路の詐欺師”のような子なのです。そのため韓国に来て、マッド・ドッグチームに最初どのように近づいていくのか、またチームとどのように一つになるのか、家族になるのかという視点で見ていただくと、さらに楽しんでいただけると思います。ミンジュンがどのようにして他人に心を開いていくのかにもご注目いただければと思います。

●ミンジュンがドイツ語を話すシーンが印象的でしたが、大変ではありませんでしたか?

ーとても大変でした(笑)ドイツ語は簡単に話せる言葉ではありませんでしたし、あまり聞いたこともなかったので、ドイツ語の先生を紹介していただき準備しました。先生とは音声ファイルや電話でやりとりをし、また時間が合えばお会いして、できるだけ自然に話せるように努力をしました。

●何か覚えてらっしゃるドイツ語はありますか?

ーうーん(笑)一つだけ覚えている単語はあります。「ごめん」というような意味の単語なのですが、現場でも何かあるといつもこれをお互いに言っていました(笑)「Tschuldigung(チュルディグング)」という言葉です。

●キム・ミンジュンとウ・ドファンさん自身で似ている点は?

ー恋愛観や対人関係に関しては違うところが多いと思います。それでも似ている点を挙げるとすれば、熟考してから行動するところだと思います。何かしら行動を起こすときは、計画をコツコツ立てていく方です。それから、人前で何かをするときにひるまない姿は少し似ているのではないかと思います。

●ウ・ドファンさんが選ぶ、名場面・名台詞は?

ーこれネタバレする内容はだめですよね?最終話とかの話はだめですよね?(笑)インパクトがあるのは1話だと思います。1話の最後の部分で、ミンジュンがある建築事務所の職員のふりをしていたのが、自分の正体をマッド・ドッグの前で明かし、幼く見えたミンジュンが力強く現れるシーンがあります。自分がキム・ボムジュンの弟、キム・ミンジュンだと言うシーンなのですが、ある意味「マッド・ドッグ」の始まりとも言えるシーンではないでしょうか。

●ユ・ジテさんとの共演はいかがでしたか?

ーユ・ジテ先輩は僕の大学の先輩でもあるので、後輩としてはとても光栄なことでした。本当に夢のようなことで、現実ではきっと起こり得ないことだと思っていました。大学に通っていたときも、ユ・ジテ先輩は、もちろん一緒に通うことはできなかったですが、本当に有名な方で、多くの人に尊敬され、また後輩にとって目標で、夢で、僕にとってもそうでした。でも今回その先輩とこのように一つの作品で同じカット、同じ画面に出ることができて、とても光栄でした。本当に多くのことを学ぶことができました。

●撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

ー『マッド・ドッグ』のチームは本当に一丸となったチームでした。いつも一緒に考えて、試練が多いシーンを撮っていたので、自然と一つになっていました。マッド・ドッグのように僕たちも本当に一人一人、5名で一つのチームになっていましたね。そして、マッド・ドッグチームだけでなく、監督もスタッフもみんな楽しく撮影できたと思います。

●現場のムードメーカーは誰でしたか?

ーチョ・ジェユン先輩がムードメーカーでした。劇中ではチーターこと、パク・スンジョン役をされていました。どんなに仲が良かったとしても大変な時があると思うのですが、そういう時に先輩が雰囲気を良くしてくださって、笑わせてくださって、後輩としてはとても幸せで、もっと頑張らなければと思いましたね。

●最後に日本のファンのご挨拶をお願いします。

ーこんにちは、ウ・ドファンです。僕たちの『マッド・ドッグ』が日本で放送されます。みなさんに見たことを後悔させない自信があります。一話も見逃さずに、最後までご覧いただけたらありがたいです。とても寒い日が続いていますが、風邪に気をつけて、『マッド・ドッグ』と共に春を迎えていただければと思います。ありがとうございました。


桂まりさん●かつらまり 韓流予報士(?)。温泉保養士。「SPUR」や「eclat」などで、トラベル、フード記事など担当するライター。趣味は各国で料理教室に行くこと。「専門外ではありますが、泣いて笑って癒される韓流ドラマのお勧めを不定期で紹介します!」

What's New

  • SNSフォロワー1008万人!ナム・ジュヒョクさん単独来日初イベントレポート&コメント!

     SNSのフォロワーが1008万人を超え、世界中のファンに愛される俳優ナム・ジュヒョクさん。11月24日に、待望の、初めての日本でのファンイベントのために来日しました!「恋するジェネレーション 」「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」「ハベクの新婦」などヒットドラマで知られる彼ですが、映画初出演となった、2018年の興行成績2位というブロックバスター映画『安市城(アンシソン)』で新人賞を総なめ。来日前日の権威ある青龍賞でも新人賞を受賞しました。また、来年2月に放映予定で現在撮影中のドラマ「眩しくて(原題)」(キム・へジャさん、ハン・ジミンさん、ソン・ホジュンさん共演)も話題、人気俳優として期待を一身に浴びています。初めての日本での単独イベントで見せた、そんなジュヒョクさんの素顔をレポート!コメントもいただきました。

    韓流NEWS

    2018年12月4日

  • 愛すべきライジングスター、「愛の温度」のヤン・セジョンさんインタビュー ②

     「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」で、ソン・スンホンさんの少年時代を演じるヤン・セジョンさんを初めて観て、「どこからこんな大型新人が出てくるのでしょう??奥深すぎる!」と感心したのが昨年冬。続いて日本で放映された「浪漫ドクターキム・サブ」でも存在感が隠せず、ひとり3役を演じた「デュエル〜愛しき者たち〜」、そして初主演「愛の温度」、先ごろ韓国で放送が終わったばかりの「30なのに17(原題)」と快進撃が続きます。10月に「愛の温度」のファンイベントのため初来日したヤン・セジョンさんは、正直でピュアで、ほんのり天然で自然体。応援せずにはいられないキャラクターで、ファンを魅了。そんなセジョンさんのインタビューを2回に分けてアップします!

    韓流NEWS

    2018年11月15日

  • 愛すべきライジングスター、「愛の温度」のヤン・セジョンさんインタビュー ①

     「師任堂(サイムダン)、色の日記<完全版>」で、ソン・スンホンさんの少年時代を演じるヤン・セジョンさんを初めて観て、「どこからこんな大型新人が出てくるのでしょう??奥深すぎる!」と感心したのが昨年冬。続いて日本で放映された「浪漫ドクターキム・サブ」でも存在感が隠せず、ひとり3役を演じた「デュエル〜愛しき者たち〜」、そして初主演「愛の温度」、先ごろ韓国で放送が終わったばかりの「30なのに17(原題)」と快進撃が続きます。10月に「愛の温度」のファンイベントのため初来日したヤン・セジョンさんは、正直でピュアで、ほんのり天然で自然体。応援せずにはいられないキャラクターで、ファンを魅了。そんなセジョンさんのインタビューを2回に分けてアップします!

    韓流NEWS

    2018年11月1日

  • 再始動!超新星改めSUPERNOVAインタビュー

    来年日本デビュー10周年を迎える人気ダンスヴォーカルグループが、グループ名をSUPERNOVAに改名。第二幕を開け新たなスタートを切り、11月6日に待望のファーストシングルが発売されます!ライブ、堪能な日本語を生かしたTV番組などグループでの活躍はもちろん、ミュージカル、ドラマ、映画と、個人でもマルチに活躍する彼らから目が離せません!

    韓流NEWS

    2018年10月17日

  • ラブコメ王パク・ソジュンさんのオーラ全開!「キム秘書がなぜそうか?」インタビュー

     最新作「キム秘書がなぜそうか?(原題)」のヒットでその人気を不動のものにしたパク・ソジュンさん。9月の”ソウルドラマアワード2018”では「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」の演技で、韓流ドラマ男性演技者賞を受賞、ラブコメのヒット作品が続いたので、ラブコメ王の名をほしいままにしています。リアリティ番組でも注目されCMにも引っ張りだこ、快進撃の続くトップスターに、このドラマのお話と近況を伺いました。質問に丁寧に真摯に答えてくれ、愛犬シンバの話となると屈託ないトレードマークの笑顔を見せるソジュンさん。致命的に完璧なイ・ヨンジュンを演じ、彼の魅力満載の「キム秘書がなぜそうか?」の日本初放送は、Mnetで10月19日からです!

    韓流NEWS

    2018年10月1日

  • 「別れが去った」の演技で注目のアイドル、イ・ジュニョン(U-KISS ジュン)さんに直撃!

    U-KISS、UNBのメンバーとして人気のアイドル、ジュンさん。俳優イ・ジュニョンとして出演し、アイドルとは思えない熱演も話題となったドラマが「別れが去った(原題)」です。この作品は、チェ・シラさんが演じる”母という立場が危うくなった女性”と、チョ・ボアさんが演じる”母になる準備のないまま子を授かる大学生”をめぐる物語。家族や愛について考えさせられる、リアリティ溢れるドラマで高く評価されました。前作「甘くない女たち〜付岩洞<プアムドン>の復讐者〜」で演技に開眼、今作ではチョ・ボアさんの彼を演じたジュンさんは、OST(ドラマ挿入歌)にも参加し大活躍。旬の俳優としてのジュンさんに直撃インタビュー!「別れが去った(原題)」は、9月26日からCS放送局衛星劇場でスタートです!

    韓流NEWS

    2018年9月20日

  • 話題の超大作ドラマ「ミスター・サンシャイン」を訪ねて

    「太陽の末裔」「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」のイ・ウンボク監督、キム・ウンスク作家の新ドラマ「ミスター・サンシャイン(原題)」のソウルでの制作発表会に伺いました!カリスマ俳優イ・ビョンホンさん、可憐さの塊のキム・テリさんが華やか(映画『1987、ある闘いの真実』で注目してました!豪華キャストのブロックバスターも9月8日より日本でも公開となります)!この日は雨で、帰り際に「みなさん、傘をお忘れなく!」というピョン・ヨハンさんの言葉に笑いが起き、会場を去る監督とユ・ヨンソクさんが肩を組んで歩いていたり、仲睦まじい様子にほのぼの。また、忠清道論山(ノンサン)の「サンシャイン ランド」にロケ地を訪ね、そのスケールに圧倒されました。ソウルから日帰りで足を伸ばせる場所にあるのでぜひ!ドラマはNetflixで7月8日から配信中!ため息が出るほど美しい映像、役者の存在感にも心奪われます。Netflixでの「秘密の森」、「刑務所のルールブック(賢い監房生活)」に続く、韓国放映とほぼ同時配信でも話題となっている作品です。

    韓流NEWS

    2018年9月3日

  • 「仮面の王 イ・ソン」で闘魂演技賞!エルさん(INFINITE)インタビュー

     俳優キム・ミョンスとしても活躍するアイドルグループINFINITEのエルさん。NHK BS プレミアムでも放送され話題となっている時代劇「仮面の王 イ・ソン」ではユ・スンホさんと共演。貧しい水売りの少年が王の影武者となる難しい役を熱演して注目されました。ちなみに、この美しい演技派二人の共通点は猫好き。2人とも(猫に仕える)執事の身なのだとか。グッと引き込まれるストーリー展開の物語と彼らの熱演を、ぜひDVDで堪能して!

    韓流NEWS

    2018年8月17日

Feature

Ranking