たぷたぷ二の腕とブラからはみ出るムダ肉を撃退!【2度と太る気がしないダイエット】

2018年2月20日
独自の「美圧マッサージ」や「やせグセ」を紹介した著書が大ヒット中の本島彩帆里さん。そんな本島さんの美圧マッサージの方法を公開!

☆お話をうかがったのは…

ダイエット美容家 本島彩帆里さん

痩身エステ店で店長を務め、産後20㎏のダイエットに成功した経験を生かし、ダイエットや美容情報を発信。インスタグラムのフォロワーは27万人以上。

■二の腕〜わき

たぷたぷ振袖状になりやすい二の腕と、ブラからはみ出るムダ肉を撃退。わきの下の大きなリンパ節はつまりやすいのでよくほぐして。

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

1.手をグーにして、反対側の二の腕の内側をまんべんなくほぐしながらマッサージ。往復10回行う。
2.次に、グーの手を二の腕の外側に当て、まんべんなくほぐしながらマッサージ。往復10回。
3.肘を曲げて上げ、グーの手で肘からわきの下まで上から下へと押し流す。これを10回。
4.わきに親指以外の4 本指を入れる。グッと力を入れてわきをつかみ、よくもみほぐす。
5.わきの下の背中側に流れた肉を胸に集めるイメージで、グーの手で押し流す。これを10回。
6.二の腕に手のひら全体を当て、肘からわきへ向かって圧をかけながら押し流す。これを10回。終わったら反対側も1〜6を行う。

●美圧マッサージポイント

【Point 1】イタ気持ちいい程度の圧でマッサージする
「マッサージは、気持ちよく感じる程度の強さだとあまりほぐれず、逆に痛いと感じるほど強いとストレスになってしまいます。中間 のイタ気持ちいいと感じる程度の圧で行いましょう」

【Point 2】呼吸を意識し、リラックスして行う
「マッサージは血液やリンパをめぐらせるのが目的。息を止めて行うとめぐりが悪くなるのでNG。ゆっくりと深い呼吸を意識しながら行いましょう。痛く感じると息を止めやすいので注意」

【Point 3】摩擦しないようオイルなどを塗って行う
「マッサージをする時、何も塗らずに行うと肌に摩擦が起きて、色素沈着や乾燥の原因になります。すべりをよくするために必ずボディオイルやクリームなどを塗って行いましょう」

【Marisol 2月号2018年掲載】撮影/齋藤裕也(t.cube) ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) スタイリスト/程野祐子 取材・文/和田美穂

What's New

Feature

Ranking