美女組No.79takayoのブログ
美女組:No.79 takayo

No.79 takayo

アパレル会社勤務

Marisol 美女組5年目になりました♡
お仕事で携わるファッション、美味しいもの、 美しいもの・人、ワクワク興味を感じたことを、お届けしたいなと思っています。
よろしくお願いします◡̈*

アラフォーで住む場所を変えるということ

2018年2月11日
福岡から上京して、もうすぐ2年半。 自分なりに節目を感じたタイミングで、3月号の企画にお声掛け頂きました◡̈*
4年程まえにMarisol美女組に応募したタイミングが、
新しいアパレル会社に転職したタイミングと重なり、

今までの人生に大きな変化をもたらしたと言っても過言ではない、Marisolとの出会い。


会社での新しい人間関係や業務のスタートと
住み慣れた福岡での友達が中心だったのが、マリソル美女組でのブログを通じて全国のハピプラ会員の方との交流を始められた、
ダブルのスタートでした。
『どうしてアラフォーで?若い時に東京に来なかったの?』
『この歳で転職も転居もしたら、結婚も出来ないんじゃない?』


アラフォー女性というイメージは、人それぞれですが、
初対面の方や、自分より若い方、はたまたもっと年齢の上の方にはかなりの確率で、
こう聞かれました(笑)


年齢に縛りを感じていないというと、
強がりに聞こえるかもしれませんが、
仕事や人との出会いはご縁あってのもので、
そういう年齢のカテゴリーを越えて、チャンスが回ってきたときは、

『やらない後悔よりは、やって後悔するほうがいい』と。
8年前、私がまた30代前半で、母が亡くなった時に、強く感じた思いでした。

あの時〇〇やっていたら…
とその先ずっと思い続けるよりは、
やってみてダメだったら、次へ!
そういう潔さができるのも、
酸いも甘いも経験値の高いアラフォーだからな気がします。
この歳で、一歩踏み出すのはとても勇気がいることですが、
意外に一歩踏み出せれば、
二歩、三歩…とあとに続いていきます。


詳しくは誌面を拝読いただけると幸いです♡


こうやって振り返る機会を下さった、
Marisol編集部の皆さま。
ありがとうございました^_^



編集部の皆さまと記念撮影♡
Marisol編集部 原さん。エディター 入江さん。
撮影して下さった、カメラマン長谷川さん。
ありがとうございました◡̈*

What's New

Feature

Ranking