良縁に恵まれる雨水の日には花柄ワンピでお雛様を飾りつつ春を待つ【2018/2/19コーデ】

2018年2月18日
キレのある小物使いとベージュトーンが、花柄の甘さを大人っぽく、リッチに昇華させて
ジャケット×花柄ワンピコーデ
二十四節気の「雨水(うすい)」の日に雛祭りを飾ると良縁に恵まれる…と言われ毎年きちんと守っていたけれど、片付ける日をついつい忘れてしまってかいまだ独り身。でも今年は大好きな彼と同棲も始まり確かに良縁には恵まれているかも(笑)。

仕事帰りに姪のために妹夫婦の家に寄って雛飾りを出してあげなくちゃ。40年前に買ってもらったお雛様も豪華な花柄だったなぁと思い出し無性に花柄が着たくなったので、ベージュのスエード素材がリュクスな存在感を放つジャケットに、今季注目のきれい色花柄ワンピースをイン。小物をベージュで統一して花柄をより印象深く仕上げてみた。
ジャケット¥76,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店(アグリーニ) ワンピース¥17,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(スタイル フォー リビング) ピアス¥6,000/プラージュ 代官山店(キャッツ) バッグ¥89,000/ロンハーマン(カロリーナ サント ドミンゴ) 靴¥42,000/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵

What's New

Feature

Ranking