この春、デニムに合わせるシューズは「とんがりトゥ」で決まり!

2018年3月1日
今どきデニムの足もとはとんがってさえいればいい!
大人のデニムスタイルをかっこよく見せるために必要なのはヒールの高さではなく、爪先の「カリッと感」にあり! スッと伸びたポインテッドトゥが印象をシャープかつ女らしく見せつつ、スタイルアップ効果もかなえてくれる。

01.【とんがりヒール】

とんがりトゥのシャープさがあるから、8㎝や9㎝ヒールまでがんばらなくても、6.5㎝もあれば女っぷり満点!

イタリアブランド『ネブローニ』の一足は、黒に近い、深いネイビーの発色が大人っぽい。甲が浅すぎず深すぎず絶妙なので、脱げにくいけれどちゃんと女らしい、をかなえてくれる。

靴(6.5)¥42,000/フラッパーズ(ネブローニ)

02.【とんがりチャンキー】

爪先の華奢さとかかとのボリュームの絶妙バランス。履くだけで今っぽくなれるトレンド性に加えて、歩きやすさも魅力。

春のトレンドカラーのひとつである、ライラックカラーのスエード素材。ヒール部分のみライトブルーのパテント素材になっていて、履くだけで気分がアガりそう。

靴( 4 )¥46,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)

03.【とんがりフラット】

フラット靴のラクちんさとこなれ感に都会的な女らしさをプラスした、ハイブリッドなぺたんこ靴。

レペットとロンハーマンのコラボ商品。キャラメルカラーのパテント素材と、ツンととがった爪先のシルエットで、定番バレエシューズもぐっとモダンでフレッシュな印象に。

靴( 1 )¥46,000/ロンハーマン(レペット)


■シルエット別「 デニム×とんがりトゥ」ベストマッチング実例

バッグ

1/3

バッグ

2/3

バッグ

3/3

01.【ゆるストレートデニム】×【とんがりヒール】

ボーイッシュなデニムと、女っぷりヒール。お互いの魅力を高め合う理想の組み合わせ

本来ボーイッシュなアイテムである、ゆるストレートの色落ちデニム。きれいめなとんがりヒールと合わせることで逆に女らしさがきわだち、かつヒールパンプスのもつコンサバさをかっこよさへと昇華。お互いに相乗効果を得られるベストコンビ。

ライトブルーデニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 靴/上部画像と同じ カーディガン¥32,000/オーラリー バッグ¥120,000/八木通商(ジェローム ドレフュス) バングル¥17,000/フラッパーズ(アロン) サングラス¥30,000/モスコット トウキョウ(モスコット)
02.【ストレッチ細デニム】×【とんがりチャンキー】

チャンキーのトレンド力で、きれいめな細デニムに今年らしい抜け感が生まれる

「2周目の細デニム」は腰まわりをカバーする長め丈のアウターやトップスがマストになってくる。その点チャンキーなら、上半身のボリューム感とのバランスも◎。

ブルーハイライズスリムアンクル丈デニムパンツ¥31,000/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) 靴/上部画像と同じ ダブルジャケット¥63,000(シー ニューヨーク)・バッグ¥52,000(メアリ オル ターナ)/ブランドニュース カットソー¥8,500/RHC ロンハーマン(RHC) ピアス¥38,000/アーツワークス(チェリーブラウン)
03.【ハイライズワイドデニム】×【とんがりフラット】

70年代風ワイドデニムの足もとにモダンな女らしさをプラス

フルレングスのワイドデニムはフラット靴との相性抜群。スニーカーだとどカジュアル、普通のバレエシューズだとほっこりするけど、キレのいい足もとでほどよく女っぽい印象に。

ブルーワイドデニムパンツ¥21,000/RHC ロンハーマン(RHC) 靴/上部画像と同じ シャツワンピース¥18,000/ウィム ガゼット青山店(マドモアゼル) タンクトップ¥6,500/ボウルズ(ハイク) 手に持ったストール¥35,000/ebure ピアス¥9,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(キャス) バッグ¥39,000/エストネーション(ロフラー ランダル)
※( )内の数値はヒールの高さ、または縦×横×マチで、単位は㎝です
【Marisol 3月号掲載2018年】撮影/魚地武大(TENT/物)葛川栄蔵(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴スタイリスト/松村純子 モデル/高垣麗子

What's New

Magazine

Instagram

Feature

Ranking

Keywords