この春は透け&ラメ&柄で定番服をアップデートするのが重要!

2018年3月6日
スタイリスト徳原&エディター須藤コンビが、いち早くこの春の「買い!」を徹底精査!
「やすやすと流行に飛びつかず、自分に似合うもの&好きなものを見極める!」をともに信条とする徳原&須藤コンビ。厳選派ゆえにシーズン前のトレンドリサーチに余念がないふたりがこの春欲しいものとは?

☆スタイリスト 徳原文子
シンプルをベースに、高感かつ女らしいスタイリングでマリソルのファッションを牽引する第一人者。リアルで説得力あるコーディネート提案に、スタッフの信頼も厚い

エディター 須藤由美
マリソルをはじめ女性誌のファッションページを担当。センスある絵作りに定評あり。 2年前の大断捨離を経て、数を相当しぼって買う派に。そのぶん、好きなものには投資



■ラメ透け素材でアップデートせよ!

徳原 透け素材やラメ入りのアイテムも今季、多いよね。形はシンプル&ベーシックでも、透け感やラメ素材で新しさを感じさせる服が豊富。

須藤 うん、多いよね。個人的に、今までラメものって気後れしてなん となく苦手だったんだけど、今季のラメは軽やかでシックで、着たいと思った。というか、今季は実はシルエットやデザイン自体に大きな変化はないぶん、大人こそ透け素材やラメの光で着こなしの印象や質感に軽さを演出したり、パンチを加えたりするのがマスト、って気さえする。

徳原 わかる!「ど」ベーシック が可愛いのって若い子だけなんだよね、悲しいことに(笑)。大人はシーズンごとにベーシックを進化させないと! それを今季は透け=「軽さ」、 ラメ=「光」、という2大要素でかなえるのが正解のひとつかも。

須藤 確かにそのとおり!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

「透けるシルク地と、ストイックなスタンドカラーのバランスにひと目惚れしました。透けるのに形はメンズっぽい、バランスに心酔」(須藤)。ブラウス¥30,000/エストネーション(オーラリー) 
「ど定番のクルーネックも透け感で一気に今っぽく」(徳原)。カットソー¥28,000/スティーブン アラン シンジュク(スティーブン アラン) 
「老舗ニットブランドも今季はラメ&太リブおし! 上品ラメと太リブが旬な一枚」(徳原)。カットソー¥18,000/プラージュ 代官山店(ロベルト コリーナ)
「カジュアルと一線を画す、新鮮なボーダー。ラメ入り黒ベースでボーダーがシックに進化」(徳原)。ニット¥44,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) 
「イエローゴールド×プリーツの華とパンチ力が今、大人に必要!」(須藤)。スカート¥36,000/バイ マレーネ ビルガー GINZA SIX(バイ マレーネ ビルガー)
【Marisol 2018年3月号掲載】 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking