焼酎の水割りとパンは相性抜群!フリッタータのトーストサンド【平野由希子のおつまみレシピ #12】

2018年3月24日
麦焼酎に合うおつまみレシピを3回に分けてご紹介。3回目は簡単に作れるサンドイッチのレシピです。
【今月のお酒】青鹿毛(あおかげ)/柳田酒造
麦焼酎
創業明治35年、家族経営で116年の伝統をもつ宮崎県都城市の焼酎蔵。青鹿毛は平成18年に誕生し、年に2回、4月と10月に出荷される季節限定商品。原料はすべて九州産二条大麦。繊細さと力強さをあわせもち、奥深いコクと風味が特徴。720ml¥1,250(希望小売価格)/柳田酒造
「麦焼酎の水割りとパンが相性抜群だというのは以前お話しましたが、こんなサンドイッチとの組み合わせもおすすめ! イタリアの卵焼き、フリッタータをラフに作り、香ばしいトーストサンドに。こんがり焼いた卵に合わせて、パンの耳はつけたままで。パンメニューにいつもと違うお酒を合わせてみるのも新鮮ですよ」
【レシピ】フリッタータのトーストサンド
フリッタータのトーストサンド
【材料】(1人分)
・新玉ねぎ…1/2個
・卵…2個
・パルミジャーノチーズ(おろしたもの)…大さじ3
・塩・こしょう…各適量
・食パン(8枚切り)…2枚
・オリーブオイル…大さじ2〜3

A
・マヨネーズ…小さじ2 
・マスタード…小さじ1/2
【作り方】
① 新玉ねぎは薄切りにする。オリーブオイル大さじ1を熱したフライパンに入れ、塩少々をふり、しんなりするまで炒めて取り出す。

② ボウルに卵を溶きほぐし、①、チーズ、塩、こしょうを加えて混ぜる。

③ フライパンにオリーブオイル大さじ1〜2を熱し、②を流し入れて強火で全体をかき混ぜる。半熟状になったら火を弱め、パンのサイズに合わせて形を整える。表面が固まったら裏返し、両面をこんがりと焼いて中までしっかりと火を通す。

④ 食パンは焼き網、またはオーブントースターで両面を焼く。Aを混ぜ合わせたものをそれぞれ片面に塗り、③をはさみ、半分に切る。

*キャベツの浅漬けにオリーブオイル少々をかけたものを、ピクルス感覚で添えても。
次回は4月14日(土)19時半更新予定。お楽しみに。
平野由希子
料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ。フランス農事功労章シュヴァリエを叙勲。フレンチをベースにした、幅広いジャンルの料理が人気。ワインバー「8huit.」オーナー 。近著に『ずっと使ってきた私のベストレシピ 平野由希子のル・クルーゼ料理』(KADOKAWA)など。現在、料理教室の準備中。詳細はInstagram(@8yukiko76hirano)などで。
撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・文/海出正子 

What's New

Feature

Ranking