この春は古着っぽいのが気になる!『大人のヴィンテージ風』に注目

2018年3月13日
スタイリスト徳原&エディター須藤コンビが、いち早くこの春の「買い!」を徹底精査!
「やすやすと流行に飛びつかず、自分に似合うもの&好きなものを見極める!」をともに信条とする徳原&須藤コンビ。厳選派ゆえにシーズン前のトレンドリサーチに余念がないふたりがこの春欲しいものとは?

☆スタイリスト 徳原文子
シンプルをベースに、高感かつ女らしいスタイリングでマリソルのファッションを牽引する第一人者。リアルで説得力あるコーディネート提案に、スタッフの信頼も厚い

エディター 須藤由美
マリソルをはじめ女性誌のファッションページを担当。センスある絵作りに定評あり。 2年前の大断捨離を経て、数を相当しぼって買う派に。そのぶん、好きなものには投資



■古着っぽいのが気になる!『大人のヴィンテージ風』に注目

須藤 あ、そういえば、今季って古着っぽいアイテム、多くない? ボーダーとかロゴTとか。

徳原 多いかも! 70 年代のアメリカンヴィンテージみたいなニュアンスで、大人に似合うアイテムがいろいろ出ているよね。多くのブランドがダメージデニムを提案しているし、 色落ちも淡いトーンが気分。

須藤 古着風のTシャツやロゴTって大好きなんだけど、いざ着るとなるとなんだか年齢が追いつかないというか、カジュアルすぎるような気がして、今いちしっくりこない場合も……。どう着たらいいのかな?

徳原 辛口シンプル&カジュアル派の須藤ちゃんだったら、サマーウールのトラウザーみたいなメンズっぽいきれいめパンツに合わせるといいんじゃない? フェミニン派なら、タイトでもフレアでもきれい色の膝下スカートは合わせやすいと思うよ。 もちろん色落ちデニムもOK! 

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

「昔のデニムブランドっぽい配色が可愛い。日本発デニムブランドのTシャツは、コンパクトなサイズ感もレトロなロゴや配色もツボ」(須藤)。Tシャツ¥5,800/RHC  ロンハーマン(ウエストオーバーオールズ) 
「ゆるーいロゴや首もと、ライン入りフレンチスリーブなど、本物の古着っぽい魅力が満載」(徳原)。Tシャツ¥15,000(マザー)・/サザビーリーグ
「ピッチ違いの高感度配色が今、新鮮。無条件で好きな懐かしい系ボーダ
ー。グリーンベースの配色がしゃれてる」(須藤)。スカート¥39,000(デミリー)/サザビーリーグ
「赤の濃淡とクリームのバランスが絶妙」(徳原)。ニット¥14,000/スティーブン アラン シンジュク(スティーブン アラン)
「今季は大人でも着られるダメージ&色落ちデニムに要注目」(徳原)。パンツ¥44,000/マディソンブルー
【Marisol 2018年3月号掲載】 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/須藤由美

What's New

Feature

Ranking